加藤行俊おすすめの電子タバコによる禁煙

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊が知るに、日本だけでなく、世界的にブームとなっている電子タバコ。ブームとなった背景には、電子タバコによって禁煙ができると囁かれているという点や、紙巻タバコに比べて格段に健康被害が少ないという点、さらに新鮮でスタイリッシュな点などが挙げられると加藤行俊は思います。世界では、喫煙時に取り込んでしまう有害物質を抑えるために愛用している方や副流煙で周囲に迷惑をかけたくないと考える方など、禁煙以外の用途でも人気を博していると加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、日本では、禁煙のためのグッズというイメージが強いため、禁煙グッズとして本当に有効なのか、電子タバコの効果について加藤行俊がご紹介いたします。

電子タバコ(Vape)とは

加藤行俊的にもそもそも電子タバコとは何でしょう。加藤行俊調べでは、以前は電子タバコと呼ばれていましたが、現在はVapeと呼ばれることも多く、このVapeという言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。加藤行俊調べでは、Vapeとは電子タバコや類似の機器のこと、もしくは蒸気を吸い込む行為のことを指し、広い意味で使用されています。電子タバコの大きさや形状は紙巻タバコに似ており、加藤行俊が知るに筒の中にはタバコの葉ではなく液体が入ったカートリッジとバッテリー、煙が出る噴出器が内蔵されていると加藤行俊も知りました。
加藤行俊調べでは紙巻タバコと同様に吸い口から息を吸い込むとカートリッジ内の液体を熱し、霧状の粒子が出てくる仕組みとなっています。加藤行俊的に火をつけることがないため、紙巻タバコに含まれるタールや一酸化炭素などの有害物質を発生することがなく、副流煙の心配がありません。また、豊富なフレーバーがあるため、自分の好きなフレーバーで吸うことができるため、カスタマイズ感覚を楽しめると加藤行俊は思います。
加藤行俊的には、本体もスタイリッシュなものが多く、健康ブームも相まって、人気が高まっているのも納得できます。本体は1,000円~10,000円程と高額ですが、一度本体を購入するとその後はカートリッジの購入で済むため、紙巻タバコより安く、加藤行俊的にはコストの面でも人気があるのではないかと加藤行俊は思います。

電子タバコでの禁煙方法

では、実際に禁煙を考えている方は電子タバコをどのように活用して禁煙に臨んでいるのでしょうか、加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。
加藤行俊が思うに、電子タバコにはニコチンなどが入っていないため、吸うことでニコチンを体内に取り入れることはできません。しかし、霧状の蒸気を吸い込むことで自分好みのフレーバーが口内に広がり、タバコを吸っているような感覚を得ることができると加藤行俊は思います。
加藤行俊的にそこで、まずは減煙を目標として、最初のうちはタバコの本数を減らし、減らした分を電子タバコで補います。加藤行俊的に慣れていけば徐々にタバコの数を減らし、電子タバコに移行できるようにします。煙(蒸気)を吸うという行為に変わりはないのですが、ニコチンの摂取量は確実に減るため、最初は減煙、うまく移行することができれば最終的には禁煙を目指すことができると加藤行俊は思います。加藤行俊調べでは、日本において、現時点では禁煙や減煙の効果がはっきりしていないとされていますが、イギリスではすでに禁煙方法のひとつとして公的に紹介され、ベルギーの大学の研究によると禁煙の禁断症状の緩和に効果があるとされています。

電子タバコによって禁煙しやすい方

加藤行俊の感覚では、電子タバコを禁煙グッズとして扱う方が増えていますが、電子タバコを用いた禁煙には成功しやすい方と難しい方がいると加藤行俊は思います。成功しやすい方は、喫煙が行動の習慣となっていて、ニコチン中毒というわけではない方、もしくは喫煙がカッコいいと思っている方などだと加藤行俊も思います。
加藤行俊的には、たとえばお昼休憩にコーヒーとタバコが習慣となっている方は、タバコが吸いたいのではなく、スポーツ選手のルーティーンのように喫煙しているということが考えられます。この場合、加藤行俊は、タバコの代わりに電子タバコを吸っても、いつも通り気分が落ち着く可能性が高いと言えます。逆に禁煙が難しい方の特徴は、喫煙年数が長く、ニコチンを摂取しないと落ち着かないという方だと加藤行俊は考えます。加藤行俊的に、ニコチンは高い中毒性を持っているため、タバコを吸わない時間が長引くとイライラする方などは電子タバコを吸っても、イライラ感をおさめることは難しいと加藤行俊は思います。電子タバコの初期費用は紙巻タバコよりも高額となるため、現在の自分の生活においてタバコがどのように作用しているのかを考慮し、電子タバコで禁煙が成功する可能性が高いと考える方は一度試してみる価値があるのではないかと加藤行俊は思います。

まとめ

加藤行俊的に、電子タバコも吸うという行為自体は紙巻タバコと同じですが、中身がまったく違うため、体に及ぼす影響も違います。加藤行俊が思うに紙巻タバコには有害物質がたくさん含まれ、ガンなど病気のリスクを高めることが知られているため、禁煙を考えている方は多いと加藤行俊は思います。電子タバコの歴史はまだ浅いですが、日本では2015年9月にフィリップモリス社がIQOS(アイコス)を発売すると品切れが続出するなど注目を集めているため、今後さらに普及し、電子タバコが主流となる日が来るかもしれないと加藤行俊は読んでいます。
今まで禁煙を挫折した経験がある方は、タバコより身体への負担が少ない電子タバコで徐々にタバコの量を減らし、禁煙につなげてみませんか?
以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*