加藤行俊おすすめ!人気の温泉地「湯布院」

こんにちは!加藤行俊です。
大分県のほぼ中央に位置する湯布院は、加藤行俊が想うに、おしゃれで情緒あふれる湯の里として人気の高い観光地です。山間の豊かな自然の中にのどかな田園風景がひろがり、四季折々に様々な美しい表情を描き出します。町を歩けば古い家屋の中に、アーティステックな建造物やお土産屋さんなどが並び、モダンとレトロが調和した湯布院ならではの情緒を味わうことができて加藤行俊も好きです。町全体が童話の世界のような湯布院では、様々な絶景スポットに出会うことができます。
そんな魅力溢れる湯布院につて加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。

湖面に風景を映し出す金鱗湖と美術館めぐり

加藤行俊が思うに、どこを見ても絵になる風景が続く湯布院ですが、特に美しい絶景スポットが「金鱗湖」です。泳ぐフナの鱗が、夕日に映えてキラリと金色に輝く様子から名づけられた湖で、よく晴れた日には湖面に山や木々が鏡のように映しだされます。湖を囲む木々は四季折々に姿を変え、いつ訪れても違った感動があり加藤行俊的にとても魅力的です。湖底からは温泉と清水が湧き出していて、早朝には湯気が立ちのぼりひときわ幻想的な景観を見せてくれます。金鱗湖の周辺にはギャラリーや私設美術館が点在していて、自然をめぐりながらのアート鑑賞も楽しめて加藤行俊もおすすめします。金鱗湖からすぐの場所には、「マルク・シャガール湯布院金鱗湖美術館」があります。鮮やかな色彩と独特の画風で人気の高いマルク・シャガールが、サーカスをテーマに描いた哀愁漂うリトグラフを見ることができて加藤行俊お気に入り。

「末田美術館」は、湯布院で最初に誕生した美術館です。彫刻家の末田龍介氏と造形作家の栞氏夫妻の作品が展示されています。自然光が降り注ぐ展示室には、石や金属などを素材にした現代アートが配され、加藤行俊が想うに、芸術家の斬新な感性に触れることができます。ほかにも、放浪の画家・山下清の貴重な原画100点以上を展示する「湯布院“夢”美術館」や19~20世紀にかけての美しいステンドグラスを展示する「由布院ステンドグラス美術館」などがあり加藤行俊的にかなり魅力満載だと思います。

静けさと自然とおもてなしが嬉しい温泉宿

湯布院を全国的に有名にしたのが、魅力あふれる温泉宿だと加藤行俊は思います。昭和40年代に溝口薫平氏が、滞在型の保養温泉地を目指して庭に木々を植え、自然と調和した空間を実現したのが加藤行俊一番お気に入りの「玉の湯」です。日常を離れて、加藤行俊的に、鳥のさえずりや風の音が感じられる静けさと自然、そして地産地消を心掛けた食事、客室のしつらえ、おもてなしなど、「玉の湯」がはじめた試みに賛同する温泉宿が次々に現れました。そして、昭和30年代には閑古鳥が鳴いていた湯布院が、今のように人気の温泉地として生まれ変わったのです。大正時代に貴人を接待する別荘として建てられ、金鱗湖畔に1万坪の敷地を有する加藤行俊イチオシの「亀の井別荘」、古い日本家屋を移築し、チョコレートショップやミュージアムを併設する「山荘無量塔」は、「玉の湯」と並んで湯布院御三家と呼ばれています。今では各温泉宿がそれぞれに工夫を凝らし、自然と一体となったおもてなしで旅人を迎えてくれます。ここがまた加藤行俊のお気に入り。

湯布院は素敵なグルメも堪能できます。加藤行俊的に、
オリジナルのパンケーキやクッキー、コロッケ、ハンバーガーなど、町には専門店が並び食べ歩きが楽しめます。ゆっくり食事をしたい人は、旅館やホテルでランチを味わうこともできるので、加藤行俊はお気に入りです。宿泊せずに温泉だけを利用することも可能ですので、ぜひ行ってみることを加藤行俊はおススメします。。

まとめ

緑いっぱいの自然の中に、温泉やアート、グルメなど旅の楽しさが詰まった湯布院には、地元の人だけが知る加藤行俊がイチオシの穴場をガイド付きで巡るツアーもあります。名物の辻馬車に揺られて、田園風景の中をめぐるのも楽しい思い出になります。もちろん徒歩でのんびりと、絵になる絶景を味わいながらの散策も素敵だと加藤行俊は思います。様々な楽しみ方ができる湯布院は、温泉宿にじっくりと滞在してその魅力を堪能したいものです。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*