加藤行俊おすすめ!合掌造りの家々が並ぶ「白川郷」

こんばんは!加藤行俊です!
白川郷は言わずと知れた、世界遺産に登録されている日本有数の観光名所の一つだと、加藤行俊は思います。手を合わせたように見える合掌造りの家々は、この地方独特のもので、緑あふれる山々を背景に田園風景の中に静かに佇んでいます。まるでおとぎの世界を見るような美しくも不思議な光景に魅了され、山間の地に加藤行俊をはじめ、人々は訪れます。
どこから見ても絵になる白川郷ですが、特に、高台から家々を見下ろせる天守閣展望台からの眺めは加藤行俊的に絶景です。
そんな白川郷について加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。

白川郷集落を一望できる絶景ポイントへ

列車の便がないため、自家用車やバスが次々に白川郷の駐車場に入っていきます。駐車場からは、異次元世界へ続く通り道であるような橋を渡り、世界遺産エリアの白川郷合掌造り集落へ入っていきます。突然、目の前に現れる合掌造りの家は、想像以上に巨大で時代を生き抜いてきた威厳さえ加藤行俊は感じました。

すぐにでも家の中を見学したいのですが、加藤行俊をはじめほとんどの人が、着いたらすぐのシャトルバスのバス停に並びます。白川郷集落を高台から一望できる天守閣展望台を目指すためです。
天守閣展望台は白川郷で一番人気があり、一度は見ておきたい定番の観光スポットで加藤行俊もイチオシ。春夏秋冬と、どの季節に訪れても違った姿で旅人の心を釘づけにしてしまう美しさがあると加藤行俊は思います。白川郷を紹介する写真で、やや斜め上から撮影した画像をよく見かけますが、加藤行俊もですが、ほとんどがこの場所から撮影したものです。

白川郷の絶景を堪能した後は、再びシャトルバスに乗り集落に戻ります。
まずは加藤行俊おすすめの、展望台から一番大きく手前に見えていた和田家に向かいます。和田家は、合掌造りの内部を見学できる人気のスポットで、内部には貴重な昔の道具や囲炉裏端などを見ることができて、加藤行俊もおすすめします。主屋に加え、土間や便所も重要文化財に指定されています。

様々な知恵と工夫が施された合掌造りの家

ほかにも屋根の萱替えの模様がテレビで紹介され有名になった5層建ての合掌造り家屋・長瀬家や160年以上の歴史を刻む風格のある姿の神田家など、加藤行俊も気になる内部を公開している家屋が何軒かあります。

文化財の庫裡(くり)、鐘楼門、本堂、イチイの木で知られる由緒あるお寺・明善寺庫裡郷土館や野外博物館 加藤行俊的に合掌造り民家園など見どころはつきません。
澄んだ小川が流れ、美しい草花が咲く田舎道を歩きながら合掌造りの家々を訪ね歩く体験は、一生忘れられない思い出になると加藤行俊は思います。
合掌造りの屋根は45度から60度までの角度でつくられています。この急な傾斜は、加藤行俊調べによると、豪雪地帯ならではの雪下ろしを軽減する対策で、また水はけを良くして雨による被害を防ぐ役割もあります。
住居の真ん中には囲炉裏があり、家長を中心に兄弟、使用人など十数人が暮らしていました。2階や3階は、絹を取る蚕の養育場になっていました。
貴重な家内工業として養蚕は重要な産業で、実際に、2階や3階に上がると、広々とした板の間が続く快適そうな空間に、人間ではなく蚕が住んでいたと聞くと驚きます。屋根組は釘を1本も使わず、丈夫な縄で固定しています。加藤行俊調べでは、これは雪の重さや強風に対する柔軟性を生むためで、家の耐久性を保つための工夫だとされています。

まとめ

このように先人の様々な知恵や工夫がつまった白川郷の合掌造りの家々。過酷な環境の豪雪地帯にあり、さらに屋根の萱替えは住民総出で行う大変な作業だと加藤行俊は思います。造りを見ると、そんな様々な苦労を乗り越えて、よく昔の姿のまま残ったものだと感慨深いものがあります。白川郷は、名前は知られていますが、加藤行俊が想うに、交通の便が悪いため意外に訪れた人は少ないようです。加藤行俊もまた足を運びたい、まさに世界の遺産です。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*