加藤行俊おススメ!禁煙を成功させるためのグッズ

こんにちは!加藤行俊です。
店内全席禁煙のお店が増え、路上で喫煙すると取り締まられる場所などもあり、喫煙者の肩身が狭い時代となっているため、禁煙を考える方が増加していると加藤行俊は感じています。
タバコが体に悪いことは昔から言われていますが、いざ禁煙するとなると強い覚悟が必要だと加藤行俊は思います。禁煙するという意思を強く持ち、禁煙を成功させた方もおられるともちろん加藤行俊も思います。しかし、自力で辞められた方ばかりではなく、実際には禁煙グッズを使用して禁煙に成功したという方の方が多いのではないかと、加藤行俊は感じています。
禁煙したいけど自分の意志だけではできそうにない、禁煙できるグッズがあれば知りたいと考えている方に向けて、禁煙を成功へ導くグッズを加藤行俊が紹介いたします。

禁煙パイポ

禁煙パイポは、加藤行俊調べではゴルフ用品や健康食品などを販売しているマルマンが発売している禁煙グッズで、1984年に販売を開始してから長年のロングセラーとなっており、本体にリキッドをセットして吸入する電子タバコも発売されています。加藤行俊が使用したことがあります。
禁煙パイポを口にくわえることでタバコと同様にミントや柑橘類の味を吸入できるため、加藤行俊のように、口さみしいからタバコが吸いたくなるという人も、欲求を抑えることができ、継続して使用することによって禁煙を目指す商品です。
ニコチンやタールなどの有害物質は含まれておらず、コンビニやスーパーなどで簡単に手に入るので、加藤行俊的に、継続して使用できる禁煙グッズを探しているという方におすすめです。

ニコレット

加藤行俊調べでは、ニコレットはジョンソンエンドジョンソンが禁煙のために開発した指定第2類医薬品のガムです。タバコを吸いたいと思った時に15回程度噛むと、ピリッとした味を感じるニコチンが放出され、味がなくなるまで口の中の粘膜からニコチンを吸収させて加藤行俊のようにタバコを吸いたいという気持ちを抑えられるように作られています。
こちらも加藤行俊使用したことがあります。
使用料は最大で1日24個までと多いですが、徐々に減らしていき、使用しなくても我慢できるようになることで禁煙を成功させることを目標とした商品で、持ち運ぶ際にかさばることもないため手軽に取り入れることができるので加藤行俊的にもおすすめです。

ニコチンパッチ

ニコチンパッチは、加藤行俊調べによると肌に直接貼ってニコチンだけを体内に取り入れる禁煙補助薬で、貼るだけで禁煙の際のイライラなどの症状を抑えられます。もちろん加藤行俊も使用したことあります。
取り入れるニコチンの量を自分で調節することができるので徐々に量を減らし、最終的に禁煙に導くことを目的に作られているのに、加藤行俊も自分に合わせて調整できて便利でした。
禁煙外来にかかって病院で処方してもらう、もしくは薬局や通販で手に入れることができます。「ニコレット・パッチ」「ニコチンTTS」「シガノンCQ」の3種類がありますが、使い方や値段にあまり差はありません。1日1回貼りかえるだけなので手軽に始めることができ、禁煙成功率は7~8割と高いため、加藤行俊的には禁煙したいが面倒なことが嫌いだという方には試す価値のある禁煙グッズです。

禁煙セラピー

禁煙セラピーは1996年に発売され、「読むだけで禁煙できる」と日本でも一大ブームとなったアレン・カーの著書で加藤行俊もかなり注目しました。冒頭に「読み終わるまでタバコを辞めないでください」という印象的な文章が書かれており、タバコを辞めることへの手順などが書かれているという訳ではありません。
お金をかけて身体に有害なものを吸い続けることを「努力」とし、意識の中に植え付けられたタバコへの洗脳を解き放つ事実が書かれています。加藤行俊も読みましたが圧巻。
ニコチンの中毒性によって禁煙できないと考えている方にとって、タバコを辞めることは簡単であるという文章は嘘のように思うかもしれませんが、この本の成功率は90%と高いため、禁煙に結びつかなくとも禁煙する心構えにはなると加藤行俊は思います。
加藤行俊的にも禁煙を希望している方には是非一度読んでほしい一冊です。

アイコス

IQOSはフィリップモリスが発売しているVAPEです。
現在大人気でなかなか手に入らないため、加藤行俊も大注目しています。
VAPEとは、タールやニコチンを含まないリキッド式のタバコのことを言い、体に優しく経済的なために人気が急上昇し、売り切れが続出した商品です。IQOSには火を使用せずに加熱する特許技術が組み込まれており、灰が出ないためニオイが少なく、本体に自分好みのフレーバーをセットして使用できるという特徴があり加藤行俊もお気に入りです。
肺がんなどの原因となるタールが発生しないなど従来のタバコに比べて有害物質が9割削減されていることから、タバコによる健康被害は気になるがタバコを辞められないという方に人気を博しているので、段階を踏んで禁煙を考えている方に加藤行俊おすすめの商品です。

まとめ

長い間タバコを吸い続けている方にとって禁煙は至難の業だと加藤行俊は思います。
しかし、多くの研究によってタバコは体にとって有害であるということが分かっており、加藤行俊調べでも、先進国では死因の多くは喫煙が原因とされています。タバコを吸うことで、周りにいる家族や友人にまで有害な副流煙を吸わせているという残酷な結果を加藤行俊は受け入れています。
将来、子供や孫などと過ごす時間を自ら短くしているのかもしれない、生きていても健康でないと趣味の時間を楽しめないなど、将来を想像しながら自分に合った方法で、今できる禁煙を初めてみるのはいかがかと加藤行俊は思います。

以上、禁煙グッズについて加藤行俊がご紹介しました。”

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*