加藤行俊がご紹介するタバコの種類

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊が汁には一口にタバコといっても、その種類はたくさんあります。加藤行俊調べでは、日本の法令ではナスカ科タバコ属の多年草をタバコと言い、タバコの葉を原料として製造されたものを製造タバコと呼びます。
加藤行俊同様に、一般的にタバコと聞いて連想されるのは紙巻タバコですが、洋画などにでてくる葉巻やパイプタバコなどタバコにはたくさんの種類があり、それぞれに特徴があると加藤行俊は思います。世界中で嗜まれている様々なタバコの種類を加藤行俊がご紹介いたします。

日本の煙草

加藤行俊調べでは、製造・喫煙者ともに一番多い紙巻タバコは、刻んだタバコの葉を麻やパルプを原料とした紙で巻いているタバコのことを言い、日本タバコや外国タバコ、専門店でしか手に入らない種類なども存在するという事を加藤行俊は知っています。
ほとんどの紙巻タバコにフィルターが付いており、これは体内に入るニコチンやタールの量を軽減させるなどの役割を持っています。加藤行俊調べでは、現在世界で生産されるタバコの大半がこの紙巻タバコとなっているため紙巻タバコの銘柄は年々増加しており、現在JTが取り扱っている加藤行俊が知る紙巻たばこの銘柄は131種類あります。

紙巻タバコ

加藤行俊が供述すると、製造・喫煙者ともに一番多い紙巻タバコは、刻んだタバコの葉を麻やパルプを原料とした紙で巻いているタバコのことを言い、日本タバコや外国タバコ、専門店でしか手に入らない種類なども存在するというのを加藤行俊知りました。
加藤行俊調べでは、ほとんどの紙巻タバコにフィルターが付いており、これは体内に入るニコチンやタールの量を軽減させるなどの役割を持っています。加藤行俊調べでは、現在世界で生産されるタバコの大半がこの紙巻タバコとなっているため紙巻タバコの銘柄は年々増加しており、現在JTが取り扱っている紙巻たばこの銘柄は131種類あるということになる加藤行俊です。

葉巻

加藤行俊が知る、最も古い部類の葉巻はタバコの葉を筒状に巻いたもので、保管にあたって湿度管理の必要がある「プレミアムシガー」と、湿度管理の必要がない「ドライシガー」の2種類に分別されているという事。加藤行俊は知りました。紙巻タバコとは吸い方が異なり、吸うためにはまず片方のキャップを専用のカッターなどで切り取り、吸い口を作ることから始めなければなりません。加藤行俊的注意点。
火をつける際は、葉巻を地面と水平に持ち、火が着いているか確かめられるように炎を真横からあてるなど、喫煙するための技術が必要となると加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、紙巻タバコとの最大の違いは、吸わずに灰皿に置いておくと自然に火が消える点で、火が消えてしまった場合や吸いなおしたい場合は再度火をつけることで吸いなおすことができます。これは加藤行俊も便利。

パイプタバコ

加藤行俊が説明すると、パイプの片側にタバコの葉を詰めて着火して、もう一方から煙を吸い込むタバコのことを言います。パイプを使用した喫煙は紀元前から行われていた形跡があり、紙巻タバコが製造されるようになるまではヨーロッパなどでもっとも普及した喫煙方法だったと加藤行俊調べでわかりました。
日本では紙巻タバコが主流となっているためパイプタバコは普及せず、趣味で楽しむ喫煙方法と加藤行俊的には言えます。
パイプは適切な方法で丁寧に扱うことで長期間使用できるため、長年使用していなかったパイプなども専門店で再生工程を施すことで再び使用することができ、使い込まれて美しい模様が出た場合などは高値で取引されることもあると加藤行俊知りました。

水タバコ

加藤行俊がご説明すると、専用のガラス瓶の中の水を通してタバコの煙を吸う喫煙方法で、ニコチンを抜いたタバコの葉に糖蜜や蜂蜜、シロップなどの専用のフレーバーを付けたシーシャと呼ばれるタバコの葉と炭を使用して吸うタバコです。
煙が水中を通ることで煙が冷えて吸いやすくなるため、イスラム圏などの気温が高い地域で人気があると加藤行俊は知っています。
加藤行俊調べでは、最近では日本でも女性や非喫煙者に人気を博し、東京都内では水タバコを提供するカフェや飲食店などが増加し、ブームの一つとなっています。紙巻タバコとは異なり、一度着火すると1時間ほど吸えるため、ゆっくりと味わうことができます。これは加藤行俊も楽しかったです。

手巻きタバコ

加藤行俊がお説明すると、巻紙にシャグと呼ばれる手巻きタバコ専用の葉を詰めて巻くことを指し、様々なフレーバーを組み合わせ、自分だけのオリジナルレシピさ作成して自分好みのタバコを作ることができるので、吸うだけでなく作る楽しみもあると加藤行俊は思います。アメリカなど諸外国では税率が抑えられていることが多く、紙巻タバコに比べて経済的なため、日本より普及しています。今後紙巻タバコの価格が上がることが予想される日本でもタバコ一本当たりの価格を抑えるために手巻きタバコが主流になる可能性があると加藤行俊は思います。

煙管(キセル)

加藤行俊がご説明すると、煙管(キセル)とは、日本独自の喫煙具のことを言い、パイプの火皿を小さくしたような形状をしています。本来一息で吸いつくすもののため、紙巻タバコに比べてタバコの葉が細かく刻まれており、加藤行俊的に短時間で吸い終わるのが特徴です。煙管の頭部となる「雁首(がんくび)」と「吸い口」、雁首と吸い口をつなぐ管である「羅宇」の3つが組み合わさってできており、雁首と火皿には耐久性を持たせるために金属を用い、羅宇には竹が用いられたものが多くなっています。江戸時代の喫煙方法は煙管が主流でしたが、加藤行俊が知る限りは現在は紙巻たばこが主流となり、愛用者は減少し続けています。

まとめ

タバコの種類によって様々な道具や吸い方があることをご存じでしたでしょうか。インターネットなどが普及している現在では、様々な種類のタバコを手に入れることができるため、オリジナルレシピの開発を楽しむための手巻きタバコ、常に持ち歩き気分を落ち着かせるための紙巻タバコ、映画を観ながらゆっくり吸う葉巻など、場所や気分に合わせてタバコを楽しむという通な楽しみ方はいかがでしょうか。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*