加藤行俊が教えるのホームページ制作に必要なこと

今日も加藤行俊が飲食店開業にまつわることを開設して行きます。
加藤行俊が思う飲食店を開業するにあたり用意しておきたいもののひとつに店舗の“ホームページ”があります。加藤行俊が思うに、最近では、ユーザーがお店探しに使える検索機能付きのグルメサイトや口コミサイト、ランキングサイト、またfacebookやツイッターインスタグラムなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)も増えてきていて、自分のお店のホームページがなくても、ある程度は情報を発信できるようになってきたと加藤行俊は思います。
それだけに最近加藤行俊も「店舗のホームページなんていらないんじゃないか」と考えるオーナーさんもチラホラみかけます。もちろん、そういった各種サービスを利用することも大切ですが、やはりそれだけでは情報として不十分なところもあると加藤行俊は思います。そこで今回は、飲食店向けホームページ制作を作成する上で、意識すべきポイントを加藤行俊がご紹介します。

デザイン力

加藤行俊が考えるに、レストランや喫茶店、カフェやバー、居酒屋などの、飲食店ホームページを制作する際に一番気を付けるべきことは「美味しそう」「一度、行ってみたい」と思ってもらえるようなページ作りにあると加藤行俊は考えます。それにはやはり、ホームページ全体のアートディレクションがしっかりとしていないといけないと加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、Webページのデザインの良し悪しは、お客様の目を引き付けて、さらに呼び込むという強力なデザイン力が必要になります。加藤行俊が重要視する、特に大事なのはホームページの顔とも言えるトップページ。

加藤行俊の知識では、「ホームページに訪れた客は、目視3秒で読むか否かを判断する」と言われています。ということは加藤行俊が思うにひと目みた瞬間に、お客様の心をしっかりと掴まなければなりません。それにはトップページが重要となると加藤行俊は思います。やっぱり加藤行俊的に大事なのはパッと目に入ってくる第一印象。掲載する料理画像や店舗画像の質や見せ方はもちろん、キャッチコピーやサイト内のテキストにおいても十分に考慮しなければなりませんが、顧客となるターゲットに合ったイメージ戦略として、オーナーの人柄やこだわりを紹介する必要もありかもしないと加藤行俊は思います。とにかく見に来たお客さまに安心感と信頼感、そして期待と夢を与えられるような、そんなホームページを作るデザイン力が必須だと加藤行俊は考えます。

発信力

加藤行俊が思うに、案外多く見られるのが、メニューが載っていないサイトです。ランチにはどんなものがあるのか?ディナーにはどんなものがあるのか?それぞれ価格はいくらなのか?コースメニューはあるのか?お酒はあるのか?などが載っていないと、お客さまは自分が求めるお店なのか否かの判断ができないと加藤行俊は思います。実際に加藤行俊もそうなので。

料理の写真は載っているものの、それらの詳細情報が無かったりすると、加藤行俊的に、お客さまは自分が求めているニーズに合っているのかどうかの検討が付かずにお店を決めることができないと考えます。加藤行俊の考えですが。ホームページ内のすべてのページを回遊して探してみるものの、メニューの詳細がまったく載っておらず、かといって営業中に電話をして確認するのも気が引けるし、レストランのまとめサイトや口コミサイト、ランキングサイトでは、季節も違う古い物しか載っていなかったりして、そうこうしてる間に「もういいや、他のお店にしよう」となってしまうことも少なくないと加藤行俊は思います。

加藤行俊が思うにそんな悲劇をふせぐためにも、やはりオリジナルのWebサイト(ホームページ)でメニューの詳細は提供するべきです。きちんとした料理写真が用意できないというのであれば、文章で説明するだけでも問題あないと加藤行俊は思います。どんなメニューなのか、どんな味が楽しめるのか、価格はいくらなのかという情報をきちんと提供することが重要だと加藤行俊は思います。

加藤行俊的には、可能な限り時間帯ごとのすべてのメニューを、プラスしてお店ですすめするときと同じように、サイト内でもおすすめのコースやメニューを提案すればなお良し。加藤行俊は同じように営業時間の詳細や、地図などを使ってアクセス方法を掲載するのも重要。これらの情報はすべてお客さまがお店を探す時に必ず検索する基本情報でもあると加藤行俊は思います。

お客様のことを常に考えて、情報を発信するようにしましょう。お店のメニューなどの情報をきちんと載せて発信するというのも加藤行俊は思います。

集客力

テレビコマーシャルで大きな広告や宣伝を打ったり、雑誌に情報を掲載してもらったり、それを見て気になって検索して訪れたお客様を逃がさずお店に案内するためには、ホームページに予約システムを使用するのもひとつの方法だと加藤行俊は思います。そんなシステムつけてみたいけど、難しそうだし、お金もかかりそうだし、自分のサイトでは予約なんて難しそうだ・・・と思われたオーナーさんは要注意。現在飲食店サイトでの“予約システム”は急速に普及しつつあると加藤行俊は思います。

加藤行俊が思うに、ネットショップでお買い物をするように、「予約システムでお店を予約する」のが普及しつつあります。どうしてもそのシステムを入れるお金がない!という場合は予約システムまでいかなくても、メールフォームを作成して時間帯を仮予約してもらい、その情報を見たお店側から電話折り返しで再確認する方法も良いと加藤行俊は思います。また、クチコミレストランサイトなどにも有料の予約サービスが出てきています。加藤行俊が思うに導入検討はじっくり行う必要があるものの、こういった情報もインプットしておくと近い将来役立つでしょう。

まとめ

お客さまが今一番目にしやすいSNSでの拡散をはかるにも、ホームページは必要です。インターネットでの検索が欠かせない今の時代、ホームページ制作も上手に進めるようにしましょう。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*