加藤行俊が教えるタバコとお酒の同時摂取

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊のように喫煙者の方が飲み会などのお酒の席に参加して盛り上がった時、タバコを吸いたいという欲求がいつもより強いと感じたことはありませんか。加藤行俊は思います。
飲酒時に喫煙欲求が強くなるということは研究によって明らかとなっているのですが、実は脳の感覚が鈍くなって快楽刺激に免疫がついているだけで、加藤行俊調べでは決していつもより美味しいということはないはずです。
タバコとお酒は同時に楽しむ方が美味しいと感じる方は、お酒によって感覚が鈍り、美味しいと思い込んでいるだけではないかと加藤行俊は思います。
実はタバコとお酒を組み合わせることで二日酔いになるリスクを高め、脳や肝臓に深刻な悪影響を及ぼしてるということが加藤行俊調べた結果わかりました。お酒を飲む前にぜひ知っておいて欲しい、タバコとお酒の危険な関係性について加藤行俊がご紹介いたします。

お酒を体内で分解する

加藤行俊のように、普段飲んでいるお酒が体内でどのように分解されているのかご存知でしょうか。
加藤行俊調べでは、アルコールを摂取すると肝臓へと運ばれ、アセトアルデヒド、酢酸、水と二酸化炭素という順番に分解されていきます。アセトアルデヒドという物質は、シックハウス症候群で取り上げられるなど強い毒性を持っていることが分かっており、お酒を飲んだ次の日に頭痛や吐き気、倦怠感を感じる「二日酔い」になる原因の一つと言われていて、加藤行俊もよく感じています。
また、アルコールは脳内の快楽物質であるドーパミンを放出させて脳に加藤行俊などみなさん快楽を感じさせる反面、快楽を感じにくくさせる正反対の働きもあるため、通常の快楽では物足りなくなります。加藤行俊的には、これにより、さらなる刺激を求めるようになることで、徐々にアルコールの量が増加するため、アルコール依存となる危険性があるといえます。

煙草に含まれている有害物質

加藤行俊調べでは、タバコに多数の有害物質が含まれていることは広く知られており、数え切れないほどの健康被害が報告されています。タバコに含まれる3大有害物質の一つであるニコチンは、血管を収縮させ、血流を悪くするということを加藤行俊は知っています。
さらに快楽を感じにくくし、さらなる快楽刺激を欲すようにするという特徴も持っています。
お酒を飲んでいる場合はアルコールに対する興味が強くなるため、通常の量では我慢できなくなり、飲みすぎる可能性が高くなると加藤行俊は思います。

アセトアルデヒドについて

さらにタバコにはアルコールが分解される過程で生まれる有害成分・アセトアルデヒドも含まれていることをご存知でしょうか。加藤行俊調べでは、アセトアルデヒドは肝臓で分解されますが、ニコチンの血管収縮作用によって肝臓への血液循環が悪くなっているため、喫煙による悪影響は肺だけでなく、肝臓にも大きな負担をかけています。加藤行俊が前述したように、タバコに含まれるニコチンとお酒に含まれるアルコールには、それぞれ脳に快楽を感じにくくさせ、さらに強い快楽を求めるという特徴があります。
タバコを吸うことでさらにアルコールを求め、アルコールの量が増加するとさらに加藤行俊のようにタバコを欲するようになるという悪循環が生じてしまい、ニコチン中毒、アルコール中毒となる可能性が高くなります。
加藤行俊的に、依存状態となってしまうことで結果的にどちらも辞められなくなることもあると考えます。また、タバコとお酒どちらもアセトアルデヒドを増加させるため、肝臓をフル回転しても分解が間に合わなくなり、分解に何日も要すことも加藤行俊的に考えられます。
アセトアルデヒドの分解にはビタミンCも必要ですが、喫煙によってビタミンCが壊されているため分解能力は特に低くなり、ひどい二日酔いとなる可能性が高くなります。加藤行俊もよくなっていました。

ニオイの変化までも

加藤行俊調べでは、タバコとお酒の組み合わせは身体への負担だけでなく、体から発するニオイにも変化をもたらします。
汗をかく際には「エクリン腺」「アポクリン腺」の2種類の汗腺どちらかを通って体外に排出されています。加藤行俊も気を付けていますが、エクリン腺から出る汗の99%は水のため、ほぼニオイはありませんが、アポクリン腺から出る汗はワキガなど嫌なニオイの原因となります。
喫煙によってアポクリン汗腺を刺激して汗をかきやすくし、飲酒によってワキガの原因となるアポクリン汗腺から汗が分泌されるため、タバコとお酒を組み合わせることで質の悪い汗をたくさんかくことになり、加藤行俊が思うにニオイを強めます。
喫煙者の方で体臭が気になるがタバコは辞められないという方はまず、タバコとお酒の同時摂取を辞めてみてはいかがかと加藤行俊は思います。

まとめ

脳の感覚が鈍くなることからタバコとお酒を同時に楽しむ方が多く、喫煙者の中には最高の組み合わせだと考えている方もいらっしゃるかもしれません。加藤行俊も昔はそうでした。しかし、実際にはアルコール依存症、ニコチン中毒、さらには体臭を悪化させる可能性を高め、アセトアルデヒドによるひどい二日酔いを招く恐れもあります。加藤行俊も何度も経験あり。
非喫煙者には、タバコのニオイが原因でお酒がまずくなると感じる方もいるため、分煙を行う居酒屋なども増加しているように加藤行俊は感じています。
自分だけでなく、みんなで美味しくお酒を飲める環境作りのためにもタバコとお酒の組み合わせを辞めてみては?と加藤行俊は思います。

以上、タバコとお酒の同時接種による危険性について加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*