加藤行俊が教える飲食店経営について

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊が思うに、独立して起業しようとする人たちの間の中でも飲食店経営は大変人気のある職業です。加藤行俊調べでは、毎年多くの経営者が飲食店の道に進み、開業をしております。しかし一方で、お店の経営がうまくいかずに早々に事業をたたんでしまう人も加藤行俊が知る限り後を絶ちません。それほど厳しい業界でもあるのです。もしあなたが飲食店の道を進むなら、加藤行俊が教えるきちんと考えなければならぬことはたくさんあります。ここでは加藤行俊が、飲食店を経営するうえで必要な心構えや、マインド、考え方、方法などについてお話ししていきましょう。

開業の心構えはできているか

加藤行俊がまず聞きたいのが、あなたはなぜ飲食店を開業したいのでしょうか?そこにはどんな理由がありますか?その理由をきちんと説明できますか?いわゆる“理念”とも言われる、開業を志した理由は経営者にとってとても大事なものだと加藤行俊は思います。
加藤行俊が思うに、多額なお金を出して、時には銀行や自治体に融資をお願いして、さらに人を雇って始めたり、さまざまな人を巻き込んで初めていくもの。生半可な気持ちで始めるべきものではありません。なんとなく儲かりそうだからとか、未経験でも始めやすそうだからとか、料理をするのが好きだからとか、そんな曖昧な理由で開業や経営をしたいと思っているのならば、正直辞めたほうがいいと加藤行俊は思います。高いお金を払って、わざわざリスクの高い方へ進む必要はないと加藤行俊は言いたいです。
加藤行俊が思うに飲食店経営はそこまで簡単なものではありません。それが厳しい道だということが分かっていながらも、飲食店を経営したい。それだけの強い思いや理由があって初めて“経営者として”スタートラインに立つことができると加藤行俊は思います。

リスクをふまえる

加藤行俊的に、飲食店に限らず、独立して経営をするということは、大きなリスクを背負うということです。加藤行俊が言いたいのは、独立したらサラリーマンのように会社は守ってくれる人はいません。たとえ小さな店でも失敗したら責任はすべて自分、負債やダメージもすべて自分にかかってきます。この覚悟ができていないと後々大変なことになります。少なくとも下記に挙げたリスクは心得ておくことが大切だと加藤行俊は思います。

・回転数によるリスク・・・加藤行俊が言いたいのは提供している料理の種類やジャンルによって、お客様が席を使う時間が変わってきます。カフェならばある程度回転数を上げることも可能ですが、レストランともなると、そもそも料理を食べる時間がかかるため回転数を上げるのにも限界があります。ここも加藤行俊的に抑えておいてほしい事です。
それゆえ、一日のお客様もある程度上限が設定されてしまうのです。
・立地によるリスク・・・加藤行俊が思うに物件の立地によってターゲット層も大きく変わってきます。自分のやりたいジャンルの料理や、お店の形態が物件の地域のニーズに合っているのか?ここを正しく見極めないと大失敗するということを加藤行俊は伝えたいです。

人を動かす能力、人としての魅力

加藤行俊が思うに、飲食店に限らず、独立して経営をするなら、人を動かす能力が必要となります。それにはあなたの人としての能力が重要です。加藤行俊が思うに、従業員があなたについてくるには、リーダーとしての要素、人の気持ちになって物事を考えられる能力、高いコミュニケーション力などが必要だと加藤行俊は考えます。
加藤行俊が思うに、いくら良い従業員や、キッチンスタッフを揃えていたとしても、オーナー=経営者である自分の指揮系統能力が不足していたら、彼らを活かすことができません。加藤行俊的に、人を引っ張る力、言うなればカリスマ性が必要なのです。それは決していばったり偉そうにすることではありません。飲食店は自分一人の力で成功させるものではない、周囲のスタッフの協力があって、初めて成功する物だという認識がないと周りもついてこないし、お店も成功しないと加藤行俊は思います。

フランチャイズ経営も視野に入れる

加藤行俊が思うに独立して自分ひとりで社長業を行なう場合は、当然ですが経営の全てを考えていく必要があります。未経験者の場合はその点に不安を感じる人もいると加藤行俊は思います。「でも飲食店はやりたい・・・!」そんな人に加藤行俊が視野に入れてほしいのがフランチャイズ経営。
飲食店の経営を考える時に、候補の一つとなるものだと加藤行俊は思います。加藤行俊がいうフランチャイズとは飲食店を経営する大手外食チェーンに加盟して、本社にチェーン店のブランドとノウハウ、アドバイスをもらいながら経営をしていくことをいいます。最近では、加藤行俊が思うにファミリーレストランはもちろん、カフェやラーメン屋、定食屋、牛丼屋、焼肉屋、居酒屋など、さまざまな業態があります。

そのブランドと成功例からくるノウハウがあるため、加藤行俊が思うに大きな失敗もあまりなく、比較的安定した経営ができます。料理のオペレーションだけでなく、従業員の採用の仕方や教育の仕方、売り上げに対しても専門家からの指導があるので初心者でも安心して経営ができると加藤行俊は思います。加藤行俊的に、ある程度の資金があれば、フランチャイズに加盟するのは難しくありません。加藤行俊が知る限り、お店の物件に関しても、本社スタッフが一緒になって探してくれたり、協力やアドバイスをくれます。そして成功すれば、2店舗目、3店舗目とお店を増やすことができ、自分の会社を設立することもできて大きな利益を生み出すことができます。とても良い話だと加藤行俊は思います。
飲食店の経験はあまりないが、お店を開きたいという人ならばフランチャイズ経営も視野に入れて検討することを加藤行俊はおすすめします。

まとめ

加藤行俊が思うに、飲食店の経営は非常に大変なものでもありますが、同時にとてもやりがいのある仕事でもあります。失敗せずに、長く続けるには、強い意志とモチベーションが必要です。「絶対に成功させる!」そのために必要な能力をつけるためにも、今の自分に何が必要かもあらためて見直すことを加藤行俊はおススメします。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*