加藤行俊が注意する!歩きタバコはマナー違反

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊的に、以前は路上での歩きタバコを減少させるために、路上の脇に灰皿が設置されている場所をよく見かけましたが、受動喫煙による健康被害が取り上げられることが多くなり、加藤行俊が思うに、現在では路上に設置された灰皿を見かけることはほとんどなくなりました。加藤行俊が子供の頃に、食事は座って食べなさいと教えられた経験があるように、歩きタバコは周囲の方に有害物質が含まれた煙を吸わせることになるため、嫌がられるのも当然です。加藤行俊が思うに、最近の若い者は‥というフレーズはいつの時代もよく使われますが、喫煙者の方で歩きタバコを経験したことがある方は自分の喫煙行為は胸を張って子供たちに見せられる行為なのか、今一度よく考えてほしいと加藤行俊は思います。
同じタバコを吸う仲間である喫煙者にも嫌われることの多い、歩きタバコについて加藤行俊がご紹介いたします。

イメージが悪い

加藤行俊が言いたいのは、まず、路上や駅でタバコを吸っている人を見てカッコいいと思う方はいるでしょうか。加藤行俊もですが、多くの方は移動する間くらい我慢できないのかというネガティブなイメージを持つであろうと加藤行俊は考えます。
加藤行俊調べでは、@niftyのなんでも調査団が2014年におこなったタバコについてのアンケートによると、禁煙であってほしい場所の1位に路上(歩きタバコ)が選ばれており、加藤行俊が調べた、2013年に行われたマイナビウーマンの調査では、どんなに美人でもこれは幻滅‥と思う女性の仕草の1位にくわえタバコ、歩きタバコが選ばれています。世間では歩きタバコは嫌がられる行為であり、特に女性の場合は育ちが悪く見られ、その行為によって男性からのイメージを下げる可能性が高いと加藤行俊の周りの男性意見からも言えます。男女関係なく歩きながらタバコを吸うことは公共のマナー違反で、路上に灰や煙をまき散らすことは、ゴミのポイ捨てと同様の行為と言っても過言ではないと加藤行俊は思います。

人を傷つける可能性がある

加藤行俊が思うに、歩きタバコをする方は、タバコの火がどれだけ高温になっているかを考えていないのかもしれません。加藤行俊調べでは、火が着いた状態のタバコの先端の温度は約770℃~870℃だと言われており、ピザなどを焼き上げることができるほどの高温となっているため、自分が持っているタバコが通りすがりの人に危害を与えてしまうという可能性を考えなくてはいけないと加藤行俊は思います。
大人の手の位置は子供の頭の位置となり、加藤行俊調べでは、実際に千葉県の船橋駅で歩きタバコをしている方のタバコが女児の目に当たる事故が起こったこともあります。また、加藤行俊的に周囲の方の洋服に当たって焦がしてしまうという可能性も考えられます。何気なく持っているタバコですが、副流煙が周囲の方の健康に被害を与えることや、人や物に当たると凶器にもなり得るということをしっかりと認識しておくべきだと加藤行俊は思います。

吸い殻の行方

加藤行俊が思うに、歩きタバコをしている方全員が携帯灰皿を持っているとは限らず、駅など人が集まる場所で路上にタバコの吸い殻が落ちているのを見かけたことがある方は加藤行俊をはじめとして多いでしょう。
加藤行俊的にも、基本的に路上はタバコを吸う場所ではないのですが、歩きタバコを防止するためにしぶしぶ街角に灰皿を設置する取り組みを行っている自治体もあります。
タバコの吸い殻のポイ捨て行為は加藤行俊的には、喫煙者全体にマイナスイメージが付き、非喫煙者はもちろん、マナーを守って喫煙している方にも失礼な行為だと加藤行俊は思います。
加藤行俊的に、携帯灰皿を持ち歩いている方は偉いと思われがちですが、吸い殻の処理に必要な道具のため、持ち歩くのは当たり前のことです。
携帯灰皿を持っているからどこでも吸っていいという訳ではなく、良識の範囲内で喫煙するということを忘れてはいけないと加藤行俊は思います。

条例違反となる可能性がある

加藤行俊が知るには、歩きタバコが犯罪となり、見つかると逮捕されるということはありませんが、2002年に東京都の千代田区で始まった日本で初めての「路上喫煙禁止条例」は歩きタバコに罰金刑を設定したもので、加藤行俊調べでは、施行後1年間で約5,500人が2000円の過料を科せられました。
加藤行俊が調べた、定点観測を行っているポイントでの記録によると、ポイ捨てされたタバコの吸い殻は1,000本ほどあったのがこの条例の施行後3年で10本ほどに減少し、効果が実証されたと今回調べて加藤行俊は知りました。しかしその弊害として、路上という扱いではない公園に喫煙者が集まるようになるなど喫煙者のモラルを問いただしたくなる現象が起こっていると加藤行俊は知っています。
加藤行俊が思うに、このように喫煙者によるマナー違反が増えることで自治体なども目をつぶることができなくなり、喫煙スペースが制限されることに繋がると加藤行俊は思います。残念ながら今後も喫煙を制限する条例などは全国に広がると加藤行俊は想像しています。

まとめ

加藤行俊が思うに、喫煙者からしてみるとタバコの煙は何気ないもので気付くことはありませんが、加藤行俊の感じ方では、非喫煙者にはタバコのニオイは不快だと感じている方が多く、分煙や禁煙は不可欠です。
加藤行俊的に、オフィスや飲食店などでも喫煙できるスペースが決められている場合が多いため、気軽に喫煙できる環境は減少し、喫煙者の肩身は狭くなる一方ですが、しっかりとマナーを守って楽しんでいる方もたくさんいると加藤行俊は思います。
加藤行俊が思うに、路上で歩きタバコをするような喫煙者ではなく、嗜好品を嗜む大人として最低限のマナーは守りましょう。一人ひとりが気を付けることで喫煙者やタバコのイメージが良くなるかもしれません。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*