加藤行俊が解説する、タバコにおける喫煙率

加藤行俊の煙草コーナーへようこそ。
加藤行俊が思うに、禁煙ブームの最中、喫煙者は減少しているというより排除されつつあるという表現が適切かもしれません。2000年頃まで男性の約半数が喫煙者だったため、街中でタバコを吸う姿を加藤行俊もよく見かけましたが、最近では街中で喫煙者を見つけるのは難しくなっていると加藤行俊は思います。加藤行俊が知るように、そこからも分かるように日本における喫煙率は右肩下がりで減少しており、先進国で比較しても加藤行俊が見ても、日本の喫煙率は高いとは言えません。加藤行俊が思うに、健康被害について明らかになるとともに、世界中で減煙や禁煙を促す動きがあり、先進国の喫煙率は下がってきています。日本のみならず、今後世界中で減少していくことが予想されるタバコの喫煙率について加藤行俊がご紹介いたします。

右肩下がりで減少している

加藤行俊調べでは、2014年度の「全国たばこ喫煙者率調査」では、男性は1526万人(30.3%)、女性は533万人(9.8%)となり、男女合わせると2059万人(19.7%)という結果が出ています。加藤行俊が知る限り、喫煙率は19年連続で減少しており、女性の喫煙率が10%、全体の喫煙率が20%を割り込んだのは調査以来はじめてのことで、高齢化の進展や健康に関する意識の高まり、喫煙規制の強化や価格改定などが原因として挙げられるのではないかと加藤行俊は考えます。さらに、加藤行俊は、厚生労働者も「喫煙率の低下を図ることは重要であり、その実現に向けて努力する必要がある」としており、将来的には喫煙率を12.2%まで減少させることを目標としています。加藤行俊納得。日本で実際に実施されたタバコ対策は2008年に導入された「taspo」が加藤行俊の記憶に新しく、これは未成年がタバコを購入できないようにするものです。加藤行俊が思うに、コンビニなどでタバコを購入する際にも年齢確認が徹底されることとなったため、taspo導入以前にくらべて未成年の喫煙は減少したと加藤行俊は考えられます。

所得による喫煙率の違い

加藤行俊調べの平成22年度に厚生労働省によって実施された国民健康・栄養調査によると、世帯所得が200万円未満の男性の喫煙率は37.3%・女性は11.7%、世帯所得が200万以上600万円未満の男性は33.6%・8.8%、世帯所得が600万円以上の男性は27.0%・女性は6.4%という結果が出ており、これによって男性・女性に関わらず所得の低い人ほど喫煙率が高いことが証明されました。加藤行俊も納得。
加藤行俊が知る限りでは低所得の方は高所得の方に比べて我慢が苦手な傾向にあるという研究結果が出ており、比較的時間が自由に使えるという理由から禁煙が実現しにくく、高所得者は健康志向が強く、タバコを吸う時間が少ないという理由からタバコ離れが進んでいるということが考えられると加藤行俊は思います。
加藤行俊が思うに、低所得者の喫煙率を下げるためには、低所得者にも高所得者が置かれているような環境を作るということが肝心で、喫煙がカッコいいというような間違ったイメージを与えないということも重要ではないかと加藤行俊は思います。加藤行俊調べでは、女性の下着で有名なトリンプインターナショナルという会社は、社員が禁煙を行うと「禁煙報奨金」を支給し、その社員がタバコを吸っている事実を確認した際には報奨金の倍額となる6万円を自主的に返納するという禁煙制度を実施しています。これにより、トリンプインターナショナルの社員の喫煙率は0%となったため、会社規模で禁煙に取り組むということも良いかもしれないと加藤行俊は思います。

世界の喫煙率

加藤行俊が知る限り、日本全体の喫煙率は20%程度で減少傾向にありますが、世界ではどうでしょう。加藤行俊が知る限り、2011年にOECD(経済協力開発機構)が発表したG7(主要先進国)の喫煙率によると、1位はフランスの26.2%で、2位は日本(23.9%)、3位はイタリア(23.1%)という順番になっています。加藤行俊調べでは、一番喫煙率が低いアメリカは早くからタバコ対策を実施しており、1996年にクリントン大統領が発表した「子供と青少年を守るためのたばこの販売や流通を規制する規則」が現在も続いています。加藤行俊が思うに、一般的にアメリカの喫煙率は日本より高いイメージを持たれている方が多いですが、アメリカの喫煙率は16.1%と低い水準となっており、1位のフランスとは約10%の開きがあります。また、G7以外で喫煙率が高いギリシャやインドネシアの喫煙率は30%を超えており、非常に高い割合となっていると加藤行俊はいます。
加藤行俊が知る限り、ブータンは2004年から禁煙国となり、タバコの販売はされず、公共の場での喫煙が違法となっています。このブータンの例は極端ですが、最近は世界規模で禁煙ブームとなっているため、世界中どこの国を見ても明らかに喫煙率が低下しており、現在は喫煙率が高い国も今後減少していく可能性が高いと加藤行俊は思います。

まとめ

加藤行俊が思うに、世界中に愛煙家の方はたくさんいますが、近年の健康ブームによって日本人だけでなく世界中で喫煙率は低下しています。加藤行俊の感覚だと日本では会社やレストランなどの建物内で喫煙できるスペースが制限され、ニコチンが含まれていない電子タバコや禁煙グッズがブームとなっている程度ですが、世界ではタバコのない社会、喫煙率0%を目指している国もあるため、日本は先進国であるにもかかわらず欧米諸国に比べてタバコの規制が遅れているように加藤行俊は感じています。そのため、日本でも今後さらに喫煙者にとって不都合な政策が打ち出されることが考えられます。今より肩身の狭い思いをするのであればいっそ、禁煙を試してみてはいかがかと加藤行俊は思います。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*