加藤行俊が説明する喫煙による害について

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊の感覚だと、公園やショッピングモール、レストランなど様々な場所でタバコの禁煙や分煙が当たり前となっていますが、喫煙においてのデメリットは公共の場所での喫煙が難しくなっただけではないと加藤行俊は考えています。加藤行俊が知る限り、高級旅館の運営で知られる星野リゾートが喫煙者を採用しないと発表しているように社内での喫煙を認めず、禁煙に肯定的な会社も増加していることから、喫煙者は肩身の狭い思いを強いられています。加藤行俊調べでは、実際にタバコは様々な害を及ぼすことが研究によって明らかになっており、喫煙が嫌厭されている理由はたくさんあると加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、排除されつつあるタバコが人々に与える害は多く、その悪影響は周りにいる非喫煙者にまで及びます。小さなタバコを吸うことでどれだけ大きな害があるのかを加藤行俊がご紹介いたします。

体への悪影響

加藤行俊が述べたいのは、まずは体への悪影響です。ひとつひとつ挙げるとキリがないほどタバコが体に与える悪影響が多く、逆に良い影響は何一つないということです。
加藤行俊が知る限り、世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関が発表している最新のデータでも、喫煙とたばこの煙は人に対する発がん性が高いとされ、発がん性が最もリスクの高いグループに位置づけられています。加藤行俊的に、タバコの本数や喫煙年数が多いほど発がんのリスクが高いという結果が出ているため、禁煙することでがんの予防になるとも言えます。また、慢性気管支炎と肺気腫の総称である「慢性閉塞性肺疾患」は、発症する人の90%が喫煙者のため喫煙との因果関係が唱えられ、加藤行俊調べでは、別名「たばこ病」と呼ばれているということが今回加藤行俊も知りました。
加藤行俊が上述したように、タバコは病気のリスクを高めるため、影響を及ぼす部位を断定することはできず、全身に悪影響を及ぼします。また、禁煙をした場合すぐに非喫煙者の頃の体に戻るのではなく、長い年月をかけて健康を取り戻すと考えた方が良いと加藤行俊は思います。

美容の大敵

加藤行俊の知識では喫煙によって体内にあるビタミンCが大量に破壊されることも広く知られています。加藤行俊的に、ビタミンCは、不足すると美容の大敵であるシミやシワが増える原因となります。加藤行俊的に、タバコを吸う人の顔を「スモーカーズフェイス」と表現することがありますが、これは喫煙が原因でできたシミやシワなどによって、実年齢よりも老けた印象を与える顔のことを指し、加藤行俊が思うに、40代の方に多いと言われています。また、さまざまな肌トラブルを引き起こすリスクが高まるため、タバコを辞めることができない、辞めるつもりがないという方で肌トラブルに悩まされている場合は、禁煙することで肌の血行が良くなり、肌トラブルがすっかり良くなるという方も加藤行俊が知る限りではいます。
加藤行俊的には、喫煙すると細胞レベルで老化が進むため、タバコによる衰えが顔に顕著に現れてしまう前に禁煙することで、健康的な顔を取り戻すことができると加藤行俊は考えます。

周囲にまで及ぶ害

加藤行俊が知る限りでは、タバコを吸う人の近くにいるだけで、受動喫煙によって有害物質が体内に入ります。加藤行俊の考えでは、タバコが嫌厭される最も大きい理由はこの受動喫煙ではないでしょうか。加藤行俊が言う受動喫煙とは、自分は喫煙しないにも関わらず、タバコの煙や喫煙者が吐き出した煙を吸い込んでしまうことを言います。加藤行俊的に喫煙者が吸う主流煙より副流煙の方が多くの有害物質を含むため、とばっちりを受けると言っても過言ではないと加藤行俊は思います。非喫煙者の女性で夫が喫煙者の場合、肺がんの発症リスクは約1.3倍、乳がんは約2.6倍にまで上がるという報告があり、加藤行俊が知るその他にも呼吸器や循環器の疾患、妊婦の場合は低出生体重児が生まれるなど様々なリスクが高まるので、非喫煙者が自分の近くでタバコを吸ってほしくないと思うのは当然のため、喫煙者の方はタバコを吸う際の場所に気を付けるべきだと加藤行俊は思います。

必要のない支出

加藤行俊が思う人生においてさまざまな支出がありますが、タバコを購入することによるメリットは皆無のため、タバコ代は無駄な支出です!と加藤行俊は断言できます。
加藤行俊の計算によると、1箱440円のタバコを1日1箱吸う方の場合、1か月を30日として計算すると、1か月で13,200円、1年で158,400円も支払っていることになります。加藤行俊的に、このお金が後の自分にとって利益をもたらす可能性があるのであれば安いと感じるかもしれませんが、自分の健康を害すものに支払っているとなるとどうでしょうか。加藤行俊の考えでは、年間158,400円あればジムに通って理想的なボディラインを目指すことや、1年間禁煙を頑張った自分へのご褒美として海外旅行に出かけ、素敵な思い出を残すこともできるはずです。金銭的にゆとりが欲しいと考える喫煙者の方は禁煙に挑まれてはいかがかと加藤行俊は思います。

まとめ

加藤行俊が思うに、かつてはタバコを吸っている姿がカッコいいというような良いイメージもあったタバコですが、今日では有害物質をまき散らす迷惑なものというイメージ持つ方が増えているのではないかと加藤行俊は感じています。
金銭面、健康面、対人関係、時間のロスなど生きているうえでのあらゆる面でデメリットが多いため、仕方のないことかもしれませんが、辞めたいと思っても中毒性が高く、辞めることが難しいので厄介ですよね。加藤行俊もそう思います。今後もタバコ推進派が増加する可能性は見込めないため、禁煙グッズなどを駆使しつつ、まだ喫煙者がたくさんいる今のうちに禁煙しておくというのはいかがでしょうか。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*