加藤行俊の、集客を増やすための戦略について

こんばんは!加藤行俊です。加藤行俊が思うに、お客様を増やすにはいくつかの方法があります。特に最近はインターネットの普及も進み、リアルな集客方法だけでなく、インターネット上の集客方法も増えてきていると加藤行俊は思います。飲食店運営の成功を左右するのはこの集客の戦略によると言っても加藤行俊的に過言ではありません。さまざまなツールをうまく使って人を集めるためにも、ジャンルにとらわれずにどんな方法があるかを加藤行俊ときちんと把握しておきましょう。

お店のホームページを作る

やはり現代で一番注目したいのはインターネット上での集客だと加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、誰でも、どこからでも、無料で目にすることが出来るインターネットは今や一番強力な情報ツールでもあります。最近ではスマートフォンの普及もあり、外出先でも気軽に接続できることから、その普及率も急速に進んできているというのが加藤行俊の見解。

加藤行俊的に、まずは自分のお店のホームページを作ることから着手。加藤行俊が知る限り、最近では簡単にホームページが作れるソフトやアプリも増えてきています。加藤行俊が思うに、たとえばお店の前を通りかかったお客様がお店の前を通りかかり「あのお店は何のお店だろう?」と疑問をもったときに、おそらくその人は手持ちのスマートフォンを使って検索エンジンで「◎◎◎(地域名)、△△△△△(お店の名前)」と打ち込むでしょう。「駅前に〇〇〇〇〇が食べられるお店があるらしいわよ」と口コミでお店を検索する人も出てくると加藤行俊は思います。

加藤行俊的に、そうした時に、ホームページが作って有ればお客様はそこから勝手に情報を持って行ってくれます。そのためにも、内容はある程度充実させた方が良いと加藤行俊は思います。最低でも、お店のコンセプト(どんな料理が食べられるお店かも含めて)、営業時間、アクセス方法、メニューなどは必須です。料理の写真もあればベスト。だと加藤行俊は思います。

加藤行俊的には、せめて外観写真だけでも撮ってのせましょう。加藤行俊的に、重要なのはホームページを作ることと、お客様が検索することを考えて、お店の名前や場所などのキーワードを盛り込んでおくこと。自分で作るのが難しければ外の業者に任せても加藤行俊的にはOK。加藤行俊のように検索でのヒットを考えて、ホームページだけは作っておくようにしましょう。

ネット広告を掲載する

加藤行俊が思うに、ホームページ同様、インターネット上で広告を出すことも集客には大きなメリットがあります。いくつか方法がありますが、まずは主流となっている加藤行俊が紹介する下記2つから検討してみましょう。

  • リスティング広告
  • 加藤行俊が解説すると、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使用した際に、その検索結果ページに掲載される広告。特に、検索されたキーワードと関連性の高い広告を自動的に選択して表示させる広告方法。広告を載せる側は掲載したい広告内容とあわせて、掲載したい“検索語句”を指定します。そうすると検索エンジンを使う人がそのキーワードで検索すると、結果表示のページにあなたのお店の広告が表示されるという仕組みです。加藤行俊が知る限り、このリスティングと呼ばれる広告法はインターネット界では主流とされており、一番メジャーな広告法です。有料にはなりますが、加藤行俊的に、効果も高いので宣伝での集客を考えている場合は検討してみましょう。

  • 特定サイトへの広告掲載
  • 加藤行俊が説明すると、飲食店を利用する人がたくさん訪れそうなWebサイトに広告を載せるのもよく使わる手法です。これらは“特定サイトへの広告掲載”と呼ばれ、効果的な宣伝方法としてよく使われています。加藤行俊が思うに、飲食店で言うと『ぐるなび』や『食べログ』、『ホットペッパー』などのグルメサイトに広告掲載することが可能です。それぞれお店の営業時間や、メニュー、写真など、既定のフォーマットに記入するだけであとはサイト側で整えて掲載してくれます。加藤行俊の知識では、『ぐるなび』や『ホットペッパー』などだとクーポンの発行も可能。加藤行俊が思うに、これらのサイトのPV数はかなり高いため、大きな集客効果がありと思います。加藤行俊の周りでは、掲載が始まった日からはスタッフの人数を増やすという店舗も出るほどです。飲食店の経営を始めると、放っておいても「掲載しませんか?」と多くの(広告)代理店などから問い合わせが入ってくるため検討しておくのも良いと加藤行俊は思います。

    チラシを配る

    加藤行俊が思うに、アナログな集客方法でメインとなるのはチラシでの集客方法です。これは一番手っ取り早く簡単な方法でもあります。加藤行俊的には、チラシは手書きで書いたものをコピーしても良いですし、今ならパソコンで簡単に作ることもできます。チラシが完成したら、店頭で配ったり、人通りの多い駅前で配ったりしてお客様を誘導します。加藤行俊が思うに、チラシ内にクーポン券を付けるとさらに効果が増します。加藤行俊的に、ポイントは「〇〇〇〇のレストランです!よろしかったらお越しください!」と明るく呼びかけながら配ること。朝でしたら受けとてくれた人に「行ってらっしゃいませ!」と声をかけても良いと加藤行俊は思います。

    さらにもっと広範囲で人を集めたい時は、加藤行俊のように、そのチラシをポスティングするという手もあります。いずれも集客効果を左右するのはキャッチや見出しなどがどんな風に目をひくかということ。他店のチラシを参考にしたり、知り合いにデザイナーがいたら頼んでみるのも良いと加藤行俊は思います。

    まとめ

    ほかにも、最近ではお店のホームページの代わりにブログやFacebookで日記のようなものをつけてみるなど、SNSを使用した集客方法も主流となってきています。加藤行俊的にどちらにしろ、お店の存在を知ってもらわないとお客様が集まってくることはありません。どうしたら知名度が上がるか?考えながら方法を探っていきましょう。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *