加藤行俊のリピーターを確保するためのポイントとは何か

こんばんは!加藤行俊です。加藤行俊が思うに、飲食店を経営するうえで、新規のお客様よりも大事なのが、リピーターのお客様。お店のファンとなってくれるリピーターを作ることは、とても大事なことだと加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、お客さまにお店を気に入ってもらって、繰り返し足を運んでいただくことは安定した経営につながります。そう、リピーター作りは言うなれば飲食店繁盛への第一歩です。だからこそ知っておきたい、お客様に繰り返し来店してもらうためのコツを加藤行俊がいくつかお伝えいたします。

再度来店する理由は?

加藤行俊が調べた、とある調査によると、お客様が再来店を決める際に決め手となるのが“価格帯”、“味”、“好きな料理であるか”と言われています。加藤行俊が思った通り飲食店はやはり料理やドリンクなどの味が重視されています。しかしその後に続くのが、“接客の良さ”、“店長や他従業員の人柄”、“お店の雰囲気”となっていることから、料理の味などの基本的なことだけではなく、接客や店構えなどが重視されていると加藤行俊は考えます。もし、現在飲食店を開業している人で、味や値段には自信があるし「美味しい」と褒められるのに、いまいちリピート率が伸びないという飲食店があったら、一度接客面やお店の環境を見直してみてはどうかと加藤行俊は思います。

特に、大事なお祝い事や、仕事の会食などの目的でお店を選ぶ場合は失礼のある接客などでの失敗は許されないので、選ぶ方も慎重になると加藤行俊は思います。「他にはない接客だ」、「落ち着いて食事がとれるお店だ」など、一度信頼を獲得すれば次からもきっと利用してもらえると加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、料理の味はすぐには変えられないかもしれませんが、接客態度はすぐに変えることができます。「ぜひこのお店を予約したい」と思ってもらえるように、加藤行俊的には自分だけでなく従業員の教育も怠らないようにしましょう。

その店にしかない“モノ”がある

加藤行俊調べでは、ほかに“再来店の決め手はなにか”というアンケートで、多かった回答が「こだわっている」こと。で、加藤行俊調べではその次が「食材にこだわっている」でした。お客さまにとって、自分の好きな飲み物や食べ物が出てくるかどうか、というのはお店を選ぶうえでの大切なポイントとになると加藤行俊は思います。
加藤行俊が考えるに、さらにこれが他のお店にはないような食材、もしくはお酒や飲み物などでもあれば、リピート率はぐっと上がると加藤行俊的にも言えます。珍しい食材を使うだけでなく、地産地消の新鮮な野菜、市場で仕入れてきた魚などでも良いと加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、インターネットの普及で情報があふれ、人々も目も舌も肥えてきています。どんな材料が使われているか?原材料に敏感な人もたくさんいると加藤行俊は思います。さらに加藤行俊が思うに、これまでより満足度のボーダーラインも上がってきています。それだけに、「ここでしか味わえない贅沢感」は大切なものだと加藤行俊は考えます。自慢の“何か”にはきっとお客様がついてくると加藤行俊は考えています。
あなたのお店にある“こだわり”はどんなものか、もう一度見直してみるのはいかがかと加藤行俊は思います。

特典やポイントカードでリピート率アップ

加藤行俊も良く利用する、飲食店でよく採用されている“割引クーポン券”などの特典。これらも上手に使えば、リピート率アップにつながると加藤行俊は考えます。たとえば、一度来店されたお客様に次回来店時に使える割引券をお渡ししたり、“ポイントカード”を作って、10回の来店で「ドリンクサービス」なども良いと加藤行俊は思います。
加藤行俊的に、ランチタイムなどの競争率が激しい時間帯などに特に効果的です。ただし、加藤行俊が思うに、“割引クーポン券”はあくまで特典です。それだけで、お客様がファンになってくれるかというとそうではないと加藤行俊は思います。リピートにつなげるにはやはり、料理や価格、お店の雰囲気、接客態度などを極めることの方が加藤行俊が思うに大事です。加藤行俊的に、“割引クーポン券”は日頃の感謝くらいの気持ちぐらいで採用するようにしましょう。

クレームをチャンスに変える!

加藤行俊が思うに普通、一度クレームをつけてきたお客様はもう二度と来店されないと考えるでしょう。でもそうやって諦めていては、次につながりません。加藤行俊は、クレームを言われたお客様に誠心誠意謝罪し、気持ちを伝え、改善のフロー、そして改善した結果を見てもらいましょう。たとえば、「ドリンクをお客様のコートにかけてしまった」とします。加藤行俊ならまず、責任者が謝罪をし、その日の飲食代はいただかず、コートはあずかってクリーニングに出す。そして加藤行俊はあがってきたコートをご自宅まで届けるか、わび状を添えて宅急便でお送りする。加藤行俊が思うに、大切なのはお客様に“謝罪の気持ち”がどこまで届いているかです。その気持ちが届けば、お客様はきっとまた訪れてくれると加藤行俊は思います。

まとめ

明らかに顧客になってくれたお客様には「いつもありがとうございます」、「今日もいつもと同じコーヒーでよろしいですか?」など、覚えていることをアピールしましょう。その言葉にきっと“特別感”を感じてもらえると加藤行俊は思います。リピーターになってくれたお客様を大切にすることも重要。一度リピーターになったからと言って、油断しているとお客様はすぐに他の店をうつってしまいます。顧客になっても、一定の距離感は保ちつつ、そしていつでも最善のサービスを提供する。これもリピーターを多く獲得するためのマインドのひとつです。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*