加藤行俊の店舗に最適な物件探しのポイントとは

こんばんは!加藤行俊です。
加藤行俊が言いたいのは、新しいお店をオープンさせるには当然土地なり、店舗運営ができる建物が必要です。しかし加藤行俊が言いたいのは、通常の住宅と異なり、お店が開ける物件というのは限られたものになります。加藤行俊的にもまず、店舗物件で貸し出されている物件のみが対象になりますし、店舗物件で貸し出されているような物件でも、飲食店の営業は禁止となっているところもあります。初めての場合は特に難航することも多い物件探し、そのポイントを加藤行俊がピックアップしてみましょう。

物件探しのための5つのマインド

  • 土地や物件は一度決めたらかえられない
  • 加藤行俊の‼店舗立地や建物など、高価なお買い物でもある物件。一度決めたら簡単に変更できないことを肝に銘じて探しましょう。

  • 自分の意思ではどうにもならない
  • 加藤行俊が思うに、すごく気に入って、どんなに「借りたい!」と思った土地でも、家主が「NO」と言えば物件を借りることはできません。自分の想いだけではなく、貸す側の気持ちも合わさらないと実現しないということを加藤行俊はお伝えしたいです。

  • 良い物件にはそうそう出会えない
  • すべてが理想通り!なんて物件にはなかなか出会えないと加藤行俊は思います。
    なぜなら良い物件はお店が繁盛しやすいので、なかなか空きが出ず、さらにたとえ売りに出たとしてもすぐに買い手や借り手が決まってしまいます。このように良い物件を見つけても1時間後には別の人が決めてしまうかもしれないので、加藤行俊的には、気にいった物件が見つかったら手付金などを支払って確保するようにしましょう。

  • 良い物件ほど経営は難しくなる
  • しかし、加藤行俊が注意してほしいのが、良い物件や人気のある物件は家賃も高いもの。もちろん売上もたてやすいですが、賃貸料やローンなどの必要経費がかかり過ぎれば利益が減ってしまい、結局他の物件と変わらない収益になってしまうこともあるということを加藤行俊は伝えたいです。

  • 人通りや街のイメージはとても大切
  • 加藤行俊的に飲食店は、料理や飲み物だけでなく、人を相手にする仕事です。加藤行俊が思うに人がいないとお店は繁盛しないので、当然人口が多いにこしたことはありません。また、近隣の様子、昼と夜の街の様子、就業や就学で人がどれくらい訪れるか、男女別や年齢別の人口の調査などは必ず事前にしておくと良いと加藤行俊は思います。

    いちばん大事なのは立地環境

    加藤行俊が思うに、店舗物件を探す場合に最も優先したいのは“立地”。飲食店の経営は“立地商売”とも言われるほど、立地や物件に大きく左右される商売だと加藤行俊は思います。加藤行俊が聞きたいのが、たとえば外食に出かけた時に、料理もおいしいし、店員さんのサービスも良い、なのになぜかいつも空いている、繁盛していない、というお店に出会ったことはありませんか?この原因はだいたいが“物件や立地の悪さ”が原因となっていることが多いと加藤行俊は思います。まずは良い物件を見つけることが、繁盛する飲食店には欠かせない要素となります。少なくとも加藤行俊が言う下記の3点は確認するようにしましょう。

    ①店舗立地周辺の生活環境(事務所、住宅、商業施設、駅)
    ②店舗立地周辺の人の流れ
    ③店舗立地へのアクセス(駅までの電車やバス、道路の車通行量の状況など)
    ④近隣店舗、競合店の状況(競合店が集中していないか、競合店の集客はどんな感じか)

    上記の調査で加藤行俊が重視したいのが、店のターゲット層に該当する人の観察。「あなたがお店に来てもらいたいと思うような人がいるか?また、その人たちが通いやすい場所か?」を検討することです。つまり、その物件周辺に住むターゲットとなる人達の飲食行動を調べて、その立地で顧客を獲得できるかどうかを判断するのです。加藤行俊が調査するときは、誰かに頼んだり、ネットで調べるのではなく、自分の目と足で調査をするのがマスト。昼と夜、平日と週末では状況もガラッと変わるので、時間や曜日を変えて調査するのを加藤行俊はおすすめします。

    妥協点を作ることも大事

    加藤行俊が思うに、毎日お客さんがひっきしなしに訪れお店はいつも満席、そんなふうに繁盛している飲食店は、物件、立地、コンセプト、開業計画など、すべてがパランス良くかみ合った出店をしています。
    しかし、どんなに繁盛している人気店でも希望条件を全部満たしているわけではなく、何かしら妥協をして物件を選んでいるはずだと加藤行俊は思います。
    物件選びで大事なのは、物件や、立地の条件に合わせて、自分の出店計画を修正するような柔軟な考えを持つことだと加藤行俊は思います。
    加藤行俊が言いたいのはもちろん、高い投資をする以上、利益を出すことは大前提。そのためにさまざまな条件を考慮する必要があると加藤行俊は思います。土地や家賃の金額も、人通りの多さや、店舗規模など、全てが影響し合っているもの。「希望の物件を絶対に見つけてやる!」と気負うのではなく、自分の計画と照らし合わせた上で、どこまでなら譲歩できて、どれが譲歩できないものか、しっかりと見極めて物件を探す必要があると加藤行俊は思います。

    まとめ

    加藤行俊が思うに、上記を予習したら、早速不動産会社に行って実際に探してみましょう。物件の情報を集めて、吟味することで物件の良し悪しの判断を行う訓練、目を鍛えることにもなります。最近ではネットや、店舗専門の情報誌などからも情報収集できるので、うまく利用するようにしましょう。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *