加藤行俊の店舗経営において競合店を決めることが重要

こんばんは!加藤行俊です。
加藤行俊が思うに、さまざまな飲食店があふれる今日このごろ。多くのお店の中からお客様に自分のお店を選んでもらうことはとても大変なことだと加藤行俊は思います。加藤行俊的に、ライバルがたくさんいるなかで選んでもらうにはオリジナリティがないといけません。他のお店との差別化をはかるには、まずはライバルとなりうる競合店をしっかりと調査する必要があると加藤行俊は思います。
料理はおいしいか、適当なここでは、飲食店を経営するうえで重要な競合店選び、さらに競合店から学べることを加藤行俊がご説明していきましょう。

調査対象になる繁盛店・競合店とは?

さて、あなたのお店と競合するお店とはいったいどんなお店なのでしょうか?と加藤行俊は聞きたいです。競合店の選定にはいくつかの方法があります。加藤行俊が思う以下を参考に競合店の選定を進めてみましょう。

  1. 既に飲食業界で働いている友人へヒアリングリサーチをしてみる
  2. グルメ通の友人へのヒヒアリングリサーチをしてみる
  3. 『食ベログ』などの口コミグルメサイトで評価3・5以上(5段階評価)で、自分のお店とジャンルやコンセプトが近いもの

加藤行俊がまとめると、今注目されているお店や、人気のあるお店、質の高いと思われるお店の中から競合店を選ぶという方法です。信頼のおける友人からの情報は、また聞きでの誤解が生じないぶん、情報の精度も高くなると加藤行俊は思います。そして、良い感じのお店を見つけたらまずは実際に行ってみることだと加藤行俊は思います。顔つ行俊的に調査する数は多ければ多いほど良いです。

加藤行俊がたとえると、週に1件~2件のペースだとすると、1年間で約80件にもなります。だいたい20件~30件ほど調査した時点で、繁盛しているお店がなぜ成功しているのかがだいたいわかってくると加藤行俊は考えます。
最低20件は調査するくらいの気持ちでまずはリサーチを始めてみましょう。そして加藤行俊的に、リサーチするときは最低限チェックするべきところをあらかじめ箇条書きで羅列しておくこと。そうすることで、加藤行俊的に漏れなく、冷静に判断することができます。ただ、「おいしかった」、「心地よい接客だった」だけで無駄足とならないように注意しましょう。

競合店でリサーチするべきこととは①内装&外装

調査に行ったら加藤行俊がまずお店に入る前に確認したいのが外装。加藤行俊が説明すると、一般的に店舗では“ファサード”と呼ばれる店頭の部分です。加藤行俊は、一目で飲食店だとわかるようになっているか、遠くからでも目立つ看板が立っているか、入口店頭部分の掃除は行き届いているかなどをチェックします。そしていざお店に入ったら、加藤行俊は内装もチェック。テーブルや椅子などのインテリアなどは統一されているか、洗面所やトイレは綺麗に掃除されているか、さらにオープンキッチンになっているお店ならキッチンの中も可能な範囲でチェックしてみることを加藤行俊はおすすめします。

競合店でリサーチするべきこととは②メニュー

次に加藤行俊のようにメニューもチェックしてみましょう。前菜、メイン、ご飯もの、麺類、ドリンク類など、カテゴリがいくつあるか?全部でどのくらいの数の商品があるか?おすすめメニューなどの見せ方はどんな感じか?最低価格帯、平均価格帯、最高価格帯はいくらくらいか?を加藤行俊のように確認しましょう。また、実際に料理を頼むときはなるべく全ジャンルからバランスよく注文をするようにして、それぞれの味はどうか?温度は適温か?素材の鮮度はどうか?メニュー写真との差はないか?ボリュームは適正化?盛り付けは美しいか?などもチェックすることを加藤行俊はおすすめします。

競合店でリサーチするべきこととは③接客&サービス

そして最後に加藤行俊的に、飲食店には欠かせないサービスのチェック。来店時の挨拶や第一印象から始まり、笑顔、客にあわせた案内ができているか?注文にミスはないか?言葉遣いに間違いはないか?最初の料理提供までにかかる時間も加藤行俊はカウントしておきます。前菜から順を追ってきちんと出てくるのか?それともいっぺんに全料理が提供されてしまうのか?お会計は間違いなく、スムーズか?また、必要な時にすぐに来てくれるか?気配りはできているか?とにかく、あらゆる視点からスタッフの対応を加藤行俊のように細かくチェックしましょう。加藤行俊が思うに、ファミリー層向けのレストランの場合は、子どもに対する配慮も要チェック項目です。

競合店調査の結果を自分のお店に活かす

加藤行俊的に、不思議なことに、色々なお店をまわり、チェックを繰り返しているうちに、自分のお店の良いところ・悪いところも自然と見えてきます。加藤行俊は自分の店のダメな点に気づいた場合は、色んなお店を見て回った良い点を参考に改善策を練ります。良い点に気づいた場合は、加藤行俊はそこを伸ばしてあげるようにします。加藤行俊が思うに人気のあるお店から学べることはたくさんあります。むしろ競合店チェックはそのためのもの。どこが良かったのか、どこがイマイチだったのか、そこを分析して明らかにする形で、自分のお店にも十分活かすことができるのです。

まとめ

加藤行俊が思うに、競合店の調査は違う仮面でクラスの繁盛しているお店には、必ず“理由”があります。良いところはじゃんじゃん学びつつ、悪い面は半面教師にする。新店を出す時はもちろん、売り上げが低迷気味という経営者にもきっと届くと加藤行俊は思います。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*