加藤行俊の店舗経営をする場合は口コミサイトを有効活用する

こんばんは!加藤行俊です。
加藤行俊が思うに、どこに行こうか?何を食べようか?飲食店に限らず、何か良い物はないか?と探していときや悩んでいるとき、数十年前ならば雑誌やテレビコマーシャルなどの情報を参考に決めるのが普通でした。しかし、パソコンが普及した今では、何かを探す時はまずインターネットでリサーチをするのがスタンダードな方法となっていると加藤行俊は思います。なかでも“口コミサイト”と呼ばれる、書きこみ&参加型のサイトでは特に人気が高く、買い物をする、飲食店を探すなど、お金を使う際には特によく利用されると加藤行俊は思います。さて、この口コミサイト、どうせならうまく利用したいもの。有効活用するその方法を加藤行俊がここでレクチャーしていきましょう。

口コミサイトは集客に使えるか?

加藤行俊が思うに、“口コミサイト”と呼ばれる、消費者が使った感想を書きこんでいくサイトでは、商品を作ったメーカー側や、サービスを提供するお店側が出す情報よりも信頼度が高いと言われています。しかし、誰でもいつでも自由に書き込めることもあり、この口コミでの評判や評価にびくびくしている経営者も多くいると加藤行俊は思います。確かに誰でも読むことができて、しかも後々まで残るサイトに悪いことを書かれたらたまったものではありません。加藤行俊が思うに、事実無根な悪評も、たった一回書かれただけで、何千万~いや、何十万人の人がそれを目にします。しかもたちの悪いことに、これらの評価は長い間、サイトがつぶれない限りはネット上に残ることになると加藤行俊は思います。加藤行俊的には、ある意味、陰口をたたかれるよりもたちの悪いものとなると思います。しかし、この口コミサイトもうまく利用すれば集客に使うことが出来ると加藤行俊は思います。どうすれば良いのか?そう、悪い評価の逆で、良い評価が書かれていればお客様は集まってくるのだと加藤行俊は思います。

悪い口コミに対して返事を返す

加藤行俊が思うに、お客様から悪い評価が付いてしまった場合、ほとんどの経営者はたとえそれを読んだとしてもそのまま放置します。しかし、それではなんの解決にもなりません。 加藤行俊的に、悪い口コミにはきちんと返事をするのがおすすめです。たとえば、「美味しかったけど、量が少なかった」という書き込みがあった場合、まず来店してくださったことに感謝を述べて、その後になぜ料理が少ないかを加藤行俊は説明します。「コース料理で考えているので、どれも美味しく食べていただけるように適正な量を提供させていただいた」など、何かしら理由があるはずです。加藤行俊はその理由を述べて説明します。そうすることによって、お客様の口コミに対応する真摯さをあらわし、さらに返事のなかで正しい点を述べることでそのお客様に対してだけでなく、口コミサイトを読んでいるお客様からの信頼性も高まると加藤行俊は思います。加藤行俊が思うポイントは返事をする際に決して感情的にならないこと。怒ったりせずに冷静に、感謝も込めつつ、説明をするのが加藤行俊流。もちろん、時に本当にこちらが悪い場合は謝罪することも必要だと加藤行俊は思います。悪い口コミをそのまま流すのではなく、真摯に受け止めて、反省として生かしつつ、次につなげるように賢く活用していくのが賢いと加藤行俊は思います。

友人や家族などの口コミをお願いする

友人や知人がたくさんいる場合は、ぜひ口コミサイトへの書き込みをお願いするのもひとつの方法だと加藤行俊は思います。もちろん完全なるやらせは加藤行俊的にNG。きちんと食べにきてもらって、その感想を述べてもらうようにしましょう。加藤行俊的には友人だけでなく、家族や親せきに頼むのもOK。加藤行俊が思うに口コミ数が多いほど、良い悪いにかかわらず、情報サイトなどでもランキング上位に掲載されます。加藤行俊が一番避けたいのは口コミがひとつもない状態。これでは何の情報も開示されないわけですから、当然お客様の琴線にもひっかからないと加藤行俊は思います。わざとらしくならないように、そして口コミの意義を忘れないように、数を利用してランキング上位を目指すのが良いと加藤行俊は思います。

グルメサイトの口コミページを賢く利用する

加藤行俊が思うに、「食べログ」や「ぐるなび」などのグルメサイト、みなさん一度は利用したことがあるでしょう。加藤行俊が思うに、お客様からの口コミだけでなく、店舗のメニューや営業時間、アクセス方法、平均予算までが掲載されており、多くの人に閲覧されるとても参考になる情報サイトです。加藤行俊的にもちろん集客効果も絶大です。加藤行俊が知る限り、実はこれらのグルメサイトは、悪い口コミは消すことが出来る有料プランがあります。このプランに申し込めば、いわれのない誤解や、一方的な苦情など、さまざまな悪意のある口コミを消すことができます。他にも、加藤行俊が知る限りでは、上位表示ができたりとさまざまな特典があります。グルメサイトでお店を探す人は必ず口コミを確認します。その際に変な誤解を招かないためにも、有料プランがある場合は、検討してみても良いかもしれないと加藤行俊は思います。

まとめ

加藤行俊が思うに、お客様の気持ちになれば、口コミで色々とリサーチをかけられることも納得がいきます。時には、口コミなど気にせずに開業している飲食店オーナーもいますが、最初はやはり上手に利用したいものだと加藤行俊は思います。お店の魅力を間違いなくきちんと伝えられるように、お客様からためになるアドバイスをいただけるように、色々と工夫をしていきましょう。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*