加藤行俊の成功している飲食店経営者に共通していること

こんにちは!加藤行俊です。加藤行俊が思うに、お店を開こうと考えている人ならもうご存知かと思いますが、飲食業界は競争率が非常に激しい業界です。人間の衣食住に欠かせない業態であるにも関わらず、競合店が多すぎて、いざ開店しても利益が取れずに店をたたむ経営者も加藤行俊の周りに、たくさんいます。ですが、加藤行俊の周りにそんな厳しい中でも、成功をおさめている人はいます。そしてそんな人たちには共通して、他の人たちと違う何かがあるのです。そんな成功者の共通点について加藤行俊がご紹介していきます。

お客様の立場に立って配慮が出来る

加藤行俊が思うに、飲食店は料理などのメニューだけでなく、お客様という“人”を相手にする職業です。加藤行俊的に、そのお客様の立場になって考えることが出来るか否か?これが経営の成功を左右します。そして成功している経営者はこの考えが長けているのだと加藤行俊は考えます。お客様の立場になって考える、と言われてそれを実行したつもりでいる人が案外多いのですが、大切なのは、「お客様がどうしたら喜ぶか」を考えることだと加藤行俊は思います。

たとえば

  • 下げ代があるセルフサービスのお店で、食べ終わった食器を下げようとしたら「こちらで下げますので、そのままで結構ですよ。ありがとうございます」と声をかけてくれた
  • 週に2回くらい通うお店でいつも「ナポリタンの玉ねぎ抜き」を頼む。一ヵ月もしたあたりで、たまたま「玉ねぎ抜き」を伝え忘れたら、店員側から「玉ねぎは抜きますか?」と気を利かして聞いてくれた
  • このように、ちょっとした配慮や気遣いをするだけで、お客様はとても喜んでくれると加藤行俊は思います。加藤行俊的にはここまで気を利かせて初めて「お客様の立場になって考える」ことができていると言えます。成功している経営者はこのような配慮や、心理戦を持ち合わせているのだと加藤行俊は思います。

    マイナスな状況もポジティブ思考で楽しむ

    加藤行俊が思うに、成功している経営者は、考えることも普通とは違います。しかしみんな共通して言えるのは“ポジティブシンキング”なところ。こういう人たちは何か辛いことが起きてもすべて前向きに変換して考えます。加藤行俊が思うに、そしてその前向きな空気は従業員やお客様にも伝わります。加藤行俊が例えると、たとえばピークタイム時、カップルのお客様が来たけど、ボックス席は満席でカウンター席しか空いていなかった。普通なら「あいにく満席でして・・・カウンター席でもよろしいですか?」と申し訳なさそうに断りながら確認します。しかし、加藤行俊が思うに、ポジティブシンキングな経営者の場合はボックス席だと少々騒がしいという点をとって「一番静かで落ち着くカウンター席でもよろしいですか?」とにこやかに聞きます。加藤行俊的に2人でゆっくりと食事とお酒を楽しみたいカップルにこの言葉は刺さります。このようにたとえ一般的に良くないとされる状況でも、彼らの手にかかればあっという間にむしろ良い状況に変えられてしまいます。このような発想の転換ができる経営者は必ず成功すると加藤行俊は考えます。

    意識が高い、諦めない

    加藤行俊が言う、成功しているお店というのは、経営者を始め、みな高い意識で仕事にあたっています。お客様にはいつも笑顔で接し、テキパキと無駄なく働き、お客様にはいつも笑顔で接し、その情熱やパワーがお店にも良い効果をもたらし、繁盛していくのだと加藤行俊は思います。加藤行俊的に、スタッフ同士の仲も良いので、職場の雰囲気は最高。経営者自らもっと高みを目指して努力をしていると、加藤行俊が思うに、その空気はスタッフにも伝わっていきます。加藤行俊が考えるに、人は周りの環境に影響される生き物です。どんな状況でもあきらめずに「もっと売れるお店に!」「もっと繁盛店に!」と上を目指して、諦めずに頑張っている姿を見ているスタッフたちも、自然と一緒に高みを目指すようになっていくのだと加藤行俊は思います。結果、加藤行俊が思うに、離職する人も少ないので無駄な人件費もかかりません。

    八方美人なことをしない

    加藤行俊が思うに、成功している経営者は捨てるところはばっさりと捨てます。接客業をしていると、つい八方美人になりがちですが、あっちにもこっちにもいい顔をしていたら商売なんてできないと加藤行俊は考えます。
    お客様のターゲットをきちっと設定したら、加藤行俊が思うに、その人たちに必要なことしかしない、という選択肢も時に必要です。たとえば広い客層をターゲットにしたほうがお客様も増える、と考えるとします。しかし加藤行俊的に、一概にそうとは言えません。物事はなんでもそうですが、広い客層を狙うほど、固定ファンはつきにくくなります。たとえばファミリーでも楽しめる価格帯も少しお手軽な大型レストランを作った場合、若いカップル層は来店しにくくなりますが小さい家族連れが多い郊外であればそれでいい。若いカップル層をターゲットにした大人な雰囲気のフレンチレストランは子ども連れは入店しづらいですが、都心部であればそれでいいという加藤行俊の考え。加藤行俊は一度決断した後は「やっぱり・・・」と迷ったりブレたりすることもありません。時と場合にはよりますが、そのくらいばっさり割り切ることが出来るからこそ常に繁盛するお店が作れるのだと加藤行俊は思います。

    まとめ

    加藤行俊が思うに成功する経営者のお店で統一しているのは他では“真似できない”魅力があること。独自性があるお店だからこそ人はこぞって行きたがり、時に行列にもなりえるのです。大きな事じゃなくてもいいのです。小さなことでも「これだけは他の店に負けない」、「これができるのはうちの店だけだ」というポイントがあればきっとお店は成功するはずです。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *