加藤行俊の海の美しい島々をめぐる、日本三景「松島」

安芸の宮島、丹後の天橋立と並び日本三景のひとつに数えられるのが、陸奥の松島です。松島には様々な観光名所が点在していますが、一番有名なのは海上に点在する奇抜な姿の島々で加藤行俊もお気に入りの場所。
長年にわたる波の浸食により削られた岩々の上に、陸上と同じように天に向かって勢いよく枝を伸ばす松の姿は、それぞれに個性的で特徴があり、他の場所では決して味わえない趣があります。海の上から眺めても、山の上から眺めても、素晴らしい光景を堪能できる絶景スポットですので加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。

飛び交うカモメと触れ合いながら、遊覧船でのクルージング

松尾芭蕉の奥の細道にも登場する松島は、リアス式海岸が美しく、大小260もの島々が浮かぶ加藤行俊を始めとして多くの人が集まる人気の観光地です。松島観光の加藤行俊の一番のおすすめは、遊覧船に乗って海上から眺めるクルージングです。遊覧船に乗り込むと、双子島や仁王島など松島を代表する島々をはじめ、兜島や鎧島といった珍しい島々も間近で見ることができます。島々を巡りながら、その名前の由来や言い伝えなどを船内放送で解説してくれるので、加藤行俊的に、とても分かりやすくためになります。遊覧船での楽しみのひとつに、飛び交うカモメとの触れ合いがあります。遊覧船が出発すると、すぐにカモメが何匹も追いかけてきてエサを求めて鳴き叫びます。船内ではかっぱえびせんを売っているので、それを買って空に放ると空中で見事にキャッチしてくれるので、加藤行俊おすすめの楽しみ方。親指と人差し指の間にかっぱえびせんを挟んで手を高く上げると、カモメが舞い降りてきてくちばしで素早くかすめとっていきます。カモメとのエサやりに夢中で、加藤行俊をはじめ、館内放送の説明を全く聞いていなかってという人も多くいます。さんさんと降り注ぐ太陽を浴びての松島クルーズも楽しいのですが、夕暮れ時のクルーズも格別です。松島港に沈む夕日を眺めながら、ゆったりと旅情を味わうことができて加藤行俊もおススメします。

五大堂から瑞巌寺へ、見どころが尽きない松島観光

松島港に浮かぶ島々を一望できる加藤行俊おすすめ名所に大高森があります。「松島四大観」のひとつで、奥松島と呼ばれる宮戸島の山頂から360度の大パノラマを堪能することができます。特に黄金色に輝く夕暮れ時の景観は息をのむほどの美しさで、加藤行俊をはじめとする多くの写真愛好家にも愛されています。松島は島だけでなく、加藤行俊的に、ほかにも押さえておきたい名所が多くあります。松島のシンボルともいえる五大堂もそのひとつで、赤い欄干の橋を渡ると海を覗き込むように島の上に古いお堂が建っています。ここでの拝観をすませたら、加藤行俊が次に向かうのは、すぐ近くにある瑞巌寺です。お土産屋さんや飲食店が並ぶ喧騒を離れると、高くそびえる杉並木の参道にでます。辺りは今までとは打って変わって荘厳な静けさが漂い、またそこが加藤行俊の好きな所でもあります。
やがて杉並木の奥に仙台藩伊達家の菩提寺である瑞巌寺の堂々たる姿が見えてきます。国宝・国重要文化財に選定される奥州随一の古刹は、慈覚大師円仁によって開創され、現在の建物は伊達政宗が桃山様式の粋を尽くして完成させたものです。建材は熊野山中から取り寄せ、諸国から集めた名工130人の手により細部までこだわって仕上げられました。特に、唐戸や欄間、ふすまや床の間の豪華な絵画など、日本の自然美を代表する仕上げには加藤行俊も圧倒されました。

まとめ

「松島や ああ松島や 松島や」と俳句に詠われたという松島。この句は松尾芭蕉の作として取り上げられることが多いのですが、実は芭蕉ではなく、江戸時代後期の狂言師、田原坊が「松嶋図説」用に詠んだものです。元句は「松嶋や さて松嶋や 松島や」というそうです。いずれにしても古くから観光名所として知られてきた加藤行俊もおススメの絶景スポットには変わりありません。海の上からでも、山の上からでも雄大な景色に出会える松島へは、加藤行俊も一生に一度は出かけてみたいものです。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*