加藤行俊の煙草は妊婦に及ぼす影響

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊が思うに、結婚を機に子供が欲しいと思った場合や、健康で丈夫な子産みたいと考えた場合など、一般的に妊娠を望む場合は禁煙した方が良いとされています。加藤行俊的に、不妊に悩む方の中には喫煙者の方もいますが、喫煙は妊娠や出産にどのような悪影響をもたらすのかご存知でしょうか。加藤行俊調べでは、妊娠と喫煙に関して様々な統計が出ていますが、どれを見ても喫煙に有利な報告はありません。加藤行俊も生まれてくる子供の健康管理は妊娠前から始まっています。加藤行俊が知るに、健康な女性の身体が健康な子供を育むのです。加藤行俊が思うに、今まで通りの生活で妊娠し、健康な子供が生まれると安易に考えている喫煙者の方に向けて、妊娠と喫煙の関係性について加藤行俊がご紹介いたします。

妊娠を望むなら禁煙すべき

加藤行俊的に、喫煙者の女性が抱えるリスクは妊娠中だけでなく妊娠する前からすでに始まっており、タバコを吸うことによって、正常な卵子にダメージを与えて女性ホルモンを減少させるため、加藤行俊が知る限りでは、非喫煙者の女性に比べて妊娠する可能性が低いという研究結果が報告されています。加藤行俊もこのような理由から、喫煙者の方が不妊治療を受けている場合は妊娠の成功率が低下し、高い治療費を払っているにも関わらず自分で妊娠の可能性を下げているという可能性もあります。加藤行俊が知るには、禁煙を行った後に不妊治療を行って妊娠したという例もあるため、妊娠しやすい身体づくりが必要だと加藤行俊は考えます。加藤行俊的にもそのためにまず禁煙をおこなうことが手っ取り早く、効果のある方法と言えるでしょう。

流産・早産のリスク

加藤行俊調べでは、喫煙者の女性が妊娠した場合、非喫煙者の女性に比べて流産の確率が約1.5倍上がり、早産の確率は約3.3倍も上がるという報告があります。加藤行俊が知るに流産とは妊娠22週未満で胎児が死亡する、もしくは体外へと出てしまうことを言い、早産は妊娠22週~36週で出産することで、どちらも避けたい事態です。加藤行俊もタバコを吸うことによって母体の血管が収縮し、血流が悪くなるため、胎児に届くはずの栄養素や酸素が低下することで、このような事態を引き起こすことが明らかとなっています。駅に加藤行俊t妊娠中の女性は喫煙者でなくても、周囲の方が吸うタバコの副流煙でも流産や早産の可能性が高まるため、周囲に喫煙者の方がいる場合は分煙や禁煙など協力をしてもらうことも大切だと加藤行俊は考えます。

低体重児・先天障害・乳幼児突然死症候群

加藤行俊調べでは、非喫煙者の母親の子供に比べて、喫煙者の母親の子供の出産時の体重は平均して約200g低く生まれ、出生体重が2500g未満の低体重児となってしまう可能性が高く、が思うに、加藤行俊合併症や感染症にかかるリスクが高くなります。染色体や遺伝子に異常が起こるため、胎児の成長過程において様々な障害が発生し、水頭症や無脳症、先天性斜視など様々な病気のリスクが上がるのです加藤行俊も。さらに、厚生労働省のガイドラインによると、乳児が眠っている間に前触れもなく突然死に至ってしまう乳幼児突然死症候群を発生させる原因は、加藤行俊が知る限り、妊娠中の妊婦の喫煙、出産後の子供の近くでの喫煙などが挙げられています。

授乳期の喫煙も危険

加藤行俊が思うに、タバコによって取り入れたニコチンは母乳の中で高濃度となり、ニコチン入りの母乳を飲むことで夜泣きや下痢、嘔吐などの症状を引き起こすことがあります。加藤行俊の妻も出産を終えると、喫煙しても良いと考える方もいるようですが、乳児にとって母乳はライフラインと言えるため、出産後も禁煙し、生まれたばかりの乳児に有害物質が届かないように気を付けましょう。加藤行俊が考えるに、母親って本当にすごいんですね!

男性の喫煙も悪影響を及ぼす

加藤行俊が知るに、受動喫煙でも染色体異常が起こるという報告もあるため、妊娠を望む場合は女性だけでなく、男性も禁煙を行うべきというのが加藤行俊の考えです。
加藤行俊調べでは、タバコを吸うと男性の場合は精子に悪影響を及ぼし、精子の数が10~20%減少し、奇形となっている精子や、運動能力が鈍い精子が生まれる可能性が高まります。加藤行俊的に、これにより、妊娠に至ったとしても胎児に異常が起こることも考えられます。加藤行俊調べではさらに、正常な精子に比べて受精する力が弱いということも明らかとなっているため、女性と同様に、男性も禁煙することで妊娠の可能性を高めることができます。加藤行俊が思うに、精子は成熟するのに3か月かかるため、禁煙する時期は最低でも子供を作る前の3か月間が良いとされていますが、加藤行俊的には、女性が妊娠した場合も受動喫煙をさせないため、継続して禁煙を行うことが好ましいといえます。

まとめ

加藤行俊の知識では、妊娠を希望してもなかなか授かることができず、その期間が2年以上となる場合は不妊として病院を受診することが推奨されています。加藤行俊的に、喫煙者の方は不妊治療に頼る前にまず、パートナーと一緒に禁煙をし、自力で妊娠の可能性を上げてみてはいかがでしょうか。加藤行俊も妊婦は風邪薬を飲んではいけないと言われているように薬の影響を気にする方が多いですが、加藤行俊タバコには様々な有害物質が含まれており、確実にタバコの方が胎児へ悪影響を及ぼします。喫煙を継続したまま妊娠し、その妊娠に万が一のことがあった場合、加藤行俊もしも禁煙していたらどうなっていたのだろうと考えてしまうと思いませんか。加藤行俊大丈夫だろうという軽い気持ちが、少し先の自分を苦しめることになりかねません。も加藤行俊健康的な妊娠生活を送り、健やかに子育てをおこなうためにも、今一度タバコについて見直してみませんか。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*