加藤行俊の煙草研究発表会

ここからは加藤行俊がタバコについてご紹介して行きたいと思います。
加藤行俊は、二十歳の頃から煙草を吸い始めました。もう十数年吸っていると、依存という感覚は無く、気づけば煙草を手にしているという状況で、加藤行俊の生活の一部のような感じです。値上がりも凄まじくなってきて、体への害も考えると、そろそろ辞め時だと思い、煙草について徹底的に調べた加藤行俊でした。
加藤行俊は体にどれだけの悪影響を及ぼしているのかはもちろんのこと、値上がりの状況も細かく調べました。また、喫煙者に対する評判についても調べましたが、加藤行俊が思っている以上に、非喫煙者からの評判は悪く、街を見渡しても、分煙は進み、禁煙スペースが増えているのが分かりますよね。また、マナーの悪さからも、非難の声が殺到しているように加藤行俊は感じました。
これから、加藤行俊が調べたことについてご紹介していきたいと思います。

煙草は自分への投資

加藤行俊的には、煙草は自分への投資だ!と都合よく考えています…。煙草を吸う事で、イライラが解消したり、暇つぶしになったり、平常の加藤行俊を保つ為の煙草であると思います。また、タバコミュニケーションといわれているのをご存知ですか?例えば、会社の喫煙所などで、いつもばったり会う人だったり、退勤前にいつも喫煙所に集まるメンバーだったりと、喫煙所は人とコミュニケーションをとるきっかけの場だと言われているのです。加藤行俊の周りでも、会社の仲間がいつも喫煙所で楽しそうにしている、という理由で煙草を始めた友人もいます。
ゴルフや釣りなど趣味に投資するというように、喫煙者にとって、煙草に使うお金はそれと同じく投資だといえるのではないかと加藤行俊は思います。が、それはタバコを止められない自分の言い訳だと加藤行俊自身心得ております…。

喫煙者と非喫煙者

煙草は自分への投資だと上記で述べましたが、加藤行俊もそんなことを言っていられないほど、非喫煙者が喫煙者に対する批判はすごいものでした。喫煙者というだけで、その人の評判はダダ下がりだということが加藤行俊分かりました。加藤行俊自身、そのような経験もしました。特に女性の喫煙者に言えるそうです。
加藤行俊調べでは男性が吸っていても、嫌だけど仕方なく受け入れるという意見も見られましたが、女性の喫煙者の場合は違うようです。とても美人で清楚系な女性が喫煙者だと知ると男性はそれだけでがっかり、恋愛対象から外れる、という人がとても多く加藤行俊は感じました。偏見かもしれませんが、やはり女性がタバコを吸っている姿って、かわいい!魅力的!とは言えないような気もしますよね。喫煙はそれほどその人の評判に関わるそうです。加藤行俊の勝手な意見失礼しました。

喫煙者のマナーの悪さ

また、加藤行俊調べでは喫煙者のマナーの悪さからも批判の声が殺到しているようです。
よく見かける歩き煙草なんかがそうですよね。喫煙者全員とは言いませんが、歩き煙草をしている人が多くみられるのが現実です。ちょうど手の高さほどの子供の顔に当たるなど、
やけどを負わせてしまった事故もあったので、非喫煙者側からしてみれば、マナーが良くとも悪くとも、喫煙者はひとくくりなだと今回加藤行俊も知りました。

分煙の進行と値上問題

最近は分煙が進み、完全禁煙のカフェやレストランも増えていることからも、煙草を吸うひとの肩身が狭くなるばかりです。加藤行俊も肩身が狭いです。
ただでさえ肩身の狭い私たちなのに、さらに追い打ちをかけるのが値上げ問題。
年々、値上されていき、加藤行俊が吸い始めたころに比べて、いくら上がったのか考えたくもないくらいです。喫煙者の間では値上げ詐欺だ!と言っているくらいかなり値上げは私たちの財布にとって厳しいものになっていると加藤行俊は思います。
しかし値上は誰かが個人的に行っているわけだはないのはわかっていますし、値上げ詐欺だ!というくらいなら、止めればいいのに、それでも止められない加藤行俊のような人たちがいるわけですね…。
現在、加藤行俊調べではたばこ税とやらの割合は6割を超えています。
2014年度の例でいうと、国税収等の約1,8%となる1兆608億円、地方税収の約3,1%となる、1兆1,057億円がたばこ税となっており、喫煙者がいかに多くの税金を払っているかが加藤行俊もわかります。

まとめ

実際に、加藤行俊調べでは値上するごとに禁煙する人はかなり多いようです。詐欺だ!なんて言っている場合ではありません…。そんなことはわかっています。加藤行俊自身そうですが、調べていて、煙草を止めよう!!!という気持ちがだいぶ大きくなりました。タバコミュニケーションとも言われている中で、分煙が進み、禁煙の場所は増えるばかり。喫煙所に集まる加藤行俊たちを見る、非喫煙者の白い目。自分だけの問題ではない、マナーの悪さに対する批判。そしてさらに追い打ちをかけるように、煙草の値上。どんどん肩身が狭くなるばかりですね。
さらに、煙草には自分たちに与える健康被害もかなり大きいと言われています。それらの健康被害についても調べましたので、加藤行俊がご紹介していきたいと思いす。
きっと、禁煙する気持ちが芽生えてくるのではないかと加藤行俊は思います。”

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*