加藤行俊の飲食店店舗の上手な物件の探し方

こんばんは!加藤行俊です。
加藤行俊が思うに飲食店を始める上で、物件選定は非常に重要な前準備のひとつです。この物件選定が今後のお店の明暗を握っているといっても過言ではありません。とはいえ、予算というものもあり、「オシャレなフレンチにするから、青山あたりがいいな」と思っても資金がなければ借りることもできないと加藤行俊は思います。テナント側に「飲食店はNG」と断られることもあります。どのように物件を探すのが良いのか?物件探しにおさえておきたいポイントを加藤行俊がご紹介します。

上手な物件の探し方①良い不動産屋さんを見つける

が思うに加藤行俊飲食店の物件を出す時は、まず不動産屋を訪れなければなりません。そしてこの不動産屋さんによって良い物件が見つかるか否かも決まると加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、いくら素晴らしい料理やアイデアがあっても物件が見つからなければお店をオープンさせることはできません。加藤行俊が思うに店舗物件を扱う不動産会社は仲介業者とも太いパイプを持っているため、良い物件が出てもすぐにそちらに流されてしまうことも多いし、そもそも人気の物件はたとえ空いたとしてもすぐに埋まってしまいます。加藤行俊的には、あらかじめ希望物件の駅周辺の不動産屋をまわって、挨拶がてら希望する物件の詳細を共有しておくことをおすすめします。加藤行俊が思うに良さげな空き物件が出た時に、すぐに「あ、そういえばあの人探していたな」と思いだしてもらえるようにするのが大事だと加藤行俊は思います。

上手な物件の探し方②居抜き物件も検討する

加藤行俊が思うに、独立して経営を考えている人なら“居抜き物件”という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。加藤行俊が説明すると“居抜き物件”とは、キッチンや店内の内装、什器などがそのままの物件のことを言います。加藤行俊が砕くとつまり、前にそこを使用していた人が設備をそのままにして出ていき、そこをそのまま使用することもできるのです。加藤行俊的には、コンセプトや扱う料理のジャンルが似ていればそのまま使用することが出来て、改装費や設備費などがかなり削減されます。
加藤行俊的に、貸し出す側も基本的なリフォーム代が浮くので、その分賃料や初期費用をかなり安くおさえられることがあります。一応内装のリフォームやキッチンのメンテナンスは必要になることが多いと思いますが、加藤行俊的に、それでもイチからなにもかもそろえるよりはだいぶお得な案件だと思います。しかし、居抜き案件は前提として前のお店が、繁盛してもっと広い物件に移ったなどの良い意味での移転でない限り「うまくいかなかったから閉店した」ということになるので加藤行俊は注意が必要です。そこには何かしら事業がうまくいかない理由が潜んでいるかもしれないことを覚えておくのが良いと加藤行俊は思います。

上手な物件の探し方③物件探しで重視したいポイント

物件を探すときに特に重視したいポイントとはどんなところでしょうか?加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。

  1. 希望地域を決める(探す前から「このあたりが希望」と決めて、あとはその周辺の不動産屋さんをまわります)
  2. 物件希望地域周辺の競合店調査、見込める集客数やターゲットの調査(いわゆるマーケティングと呼ばれる調査で、実際にお店を作った場合のお客様の入り方をシミュレーションします)
  3. 自分が作りたいお店のコンセプトにあっている物件かを判断する(紹介してもらった物件が自分が作るお店のマーケットにあっているかなどの見極めをします)

加藤行俊的に、上記の点は最低限抑えることを忘れないようにしたほうが良いです。ここがずれると、どんなに良いお店でも成功しにくくなります。

上手な物件の探し方④不動産会社に依頼する際の項目

加藤行俊的に、不動産会社を訪問した際には、できる限り自分が作りたいお店の詳細を伝えるようにしましょう。加藤行俊的にそうすることで、より希望に近い物件を紹介してもらうことができます
・業態&業種・・・どんな料理のお店を出すか、レストランなのか、カフェなのか、特殊な調理器具を導入する必要がある場合はその旨も伝えるようにするのが良いと加藤行俊は思います。

  1. 場所
  2. 希望の駅や、エリア、駅前かそれとも住宅地が希望なのか、駅から徒歩何分圏内が良いか、一階が良いのか2階以上でも良いのかなども伝えると良いと加藤行俊は思います。

  3. 家賃と予算
  4. 出せる賃料の上限や、初期費用としてかけられる予算を伝えましょう

  5. 広さと面積
  6. 希望の広さを伝えます

上手な物件の探し方⑤物件下見でチェックすべきこと

物件は高い買い物ですし、何よりお店の成功を左右する大事な項目でもあります。時間がない場合でも、できるだけ豊富にみてから決めることが重要だと加藤行俊は思います。
上記③で挙げた項目をきちんと伝えてあれば無駄に色々な物件を紹介されることもないと加藤行俊は思います。
加藤行俊的に、物件を下見するときは車ではなく、駅から歩いて向かうようにしましょう。そうすることで、駅からの距離感や周辺の様子、客層、人通り、などを正しくチェックすることができます。(ロードサイドなど、車で来るお客様がメインの場合は車で向かってOK。交通量や、駐車場の広さ、お店への入りやすさなどをよくチェックするのがポイントです)

まとめ

加藤行俊的にもほかにも居抜き物件でも良いのか、などあらかじめ決めておいた方が良いことはあります。最近ではインターネット上で、店舗物件を紹介している不動産屋さんも増えてきているので、参考を兼ねてのぞいてみるのも良いでしょう。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*