加藤行俊の飲食店経営に必要なスタッフと募集方法

こんばんは!加藤行俊です。
加藤行俊が思うに、夫婦ふたりで経営をする、家族経営をする、くらいの小さな飲食店ならば必要がないかもしれませんが、そうでない限りはたいていの場合はアルバイトやパートなどのスタッフ(従業員)を雇うことが必要になってくると加藤行俊は思います。
そして加藤行俊的には、そのスタッフが今後お店が繁盛するか否か、お店の将来を左右することもあります。より良いスタッフを採用するためには、どれほどスムーズに良い人を集められるかがキモになると加藤行俊は思います。ここでは加藤行俊が、どのように募集をかけるのが良いのか?また、どのように選んでいけば良いのか?について説明していきましょう。

求人をかける前に準備しておくこと

まずは最初の準備について加藤行俊がご説明して行きます。

勤務ポジション・各時間帯ごとに必要な人員数を書き出す

加藤行俊がまずしてほしいのは、お店の広さや営業時間を考慮して、ホールやキッチンにそれぞれスタッフが何人必要かを書き出すこと。さらに加藤行俊的に昼間・夜間にそれぞれ何人が必要になるかの振り分け、求める人柄や年齢、性別なども基準として決めておくこと。採用活動もスムーズに進むと加藤行俊は思います。

採用後にまかせる予定の仕事、それに必要なスキルを書き出す。

加藤行俊的に雇うならやはり極力適性のある人を選びたいもの。どんなキャリアの人員が欲しいのか、スタッフに任せる予定の仕事内容を想定した上で、必要なスキルを書き出しておくのも良いと加藤行俊は思います

人件費に使える金額、給与支払い方法を決める

加藤行俊が思うにアルバイトやパ―トの募集をかけるのに絶対に必要となる項目。加藤行俊的に、たとえば時給や、時間外手当、交通費負担の可否など、お店側で人件費として負担できる金額設定を必ず決めておきましょう。加藤行俊的には何人採用できる余裕があるのか?といった、人員数の目安にもなると思います。あわせて、給与支払い方法(現金か、振り込みかなど)も募集をかける前に決めておくようにしましょう。加藤行俊もそうしました。

いざ求人募集を開始!チラシ編

加藤行俊が思うに、店舗の建築中や、内装リフォーム中などの店舗準備期間はシートに覆われた上から“工事中”の貼り紙がしてあり、人の目にもつきやすくなっています。加藤行俊的に、お店の前に“近日OPEN!”などの貼り紙とあわせて、“オープニングスタッフ募集”などのチラシを貼っておくと問い合わせが来る可能性も高めだと加藤行俊は思います。また、近隣のお店やスーパーなどに協力をしてもらって、“アルバイト&パート募集”のチラシを貼ってもらうという方法もあり加藤行俊が思うに便利です。加藤行俊もでしたがパソコンを使って自分でチラシを作れば、費用も掛からず、無料で人の募集をすることができます。初期費用をあまりかけられない時などに加藤行俊おすすめの方法です。

いざ求人募集を開始!求人媒体使用編

加藤行俊的に短期間で人を集めたい、なるべく多く候補者の中から選びたい、大人数を集めたい、という時などは求人媒体での募集もよく使われます。インターネットの求人サイト、フリーペーパー型の求人誌や新聞の折り込みチラシなどを利用すると、よりたくさんの人の目にとまり、人もたくさん集まってくると加藤行俊は思います。加藤行俊の経験によると、かかる費用は媒体によって様々。加藤行俊が思うに、新聞の折り込みチラシなどの場合は規定価格が決まっていることがほとんどですが、加藤行俊調べによるとインターネットを使った求人サイトの場合は採用が成功した場合にのみ費用が発生する成功報酬型のシステムを採用しているところもあります。これならば、ひとりも採用できなかったのに費用が発生した・・・ということがありまあせんので加藤行俊おすすめです。インターネットは全国どこからでも見ることが出来ますが、求人誌などの場合は地域ごとに発行部数も異なるので、お店を開く地域でよく使われている雑誌に掲載するようするのが良いと加藤行俊は思います。

求人募集を開始!採用面接での注意点

加藤行俊が次に説明するのは、求人募集が開始し、問い合わせの連絡が入ってきたら、次はいよいよ面接です。加藤行俊は、面接の日程と場所を決めて、当日は履歴書を見ながら必要なことを聞き、お店での仕事や規則などあらかじめ伝えておいた方が良いことの説明をしていきます。どんなことを聞くかはお店ごとに異なりますが、加藤行俊が思うに、基本として特に以下のポイントはきちんと確認しておいたほうがいいと加藤行俊は思います。

  • なぜこの店で働きたいと思ったか、いわゆる志望動機
  • 土、日、祝日や連休などのいわゆる繁忙期も働けるか(平日が忙しいお店の場合はそちらに重点を置いて確認しても◎)
  • 家族構成(一人暮らしなのか、実家暮らしなのかなど)
  • 飲食店に限らず、以前にアルバイトをしていた経験がある場合は、前のバイトを辞めた理由
  • スタートの時給を提示し、それでOKかの確認
  • シフトに入れる日の確認(週に何日、何時間など、なるべくくわしく)
  • 加藤行俊が思うに、チラシや広告の応募条件に時間帯や日数等を記載しますが、面接の際は改めてそれで問題がないか確認しておきましょう。

    まとめ

    加藤行俊が思うに、家族以外でも、知り合いに働いてくれそうな人が居る場合は、募集広告をかける必要もありません。知っている人ならば、その人の性格や状況なども把握しているので採用もしやすいと加藤行俊は思います。そのほかに、加藤行俊の知識では、最近増えている人材紹介サービスを利用するという方法もあります。人材紹介は採用されたら費用が必要になるというシステムなので、無駄がありません。また、人材紹介サービスのスタッフが間に入ってくれて、お店に合う人を選んでくれるので通常の採用よりも手間がかかりません。
    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *