加藤行俊の!タバコを禁煙することによる効果

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊氏調べでは近年、値上げや喫煙エリアが減少していることによって、喫煙者は減少傾向にありますが、厚生労働省の調査によると、日本人のタバコの喫煙者は約2100万人という調査結果がでています。
処方された薬を飲んで禁煙を行う禁煙外来という治療も出現し、タバコを辞めたいと思っていても、自分の意志だけでは辞められないと悩んでいる方も多いというのが加藤行俊もわかりました。
できるなら禁煙したいと考えている方や、実際に禁煙することでどのような効果があるのか分からないという方のために、禁煙することによってどのような効果があるのかを加藤行俊がご紹介いたします。

煙草の害について

加藤行俊も耳にしたことありますが、タバコを吸うことには「百害あって一利なし」という言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃると思いますが、具体的にどのような害があるのでしょうか。加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。
加藤行俊調べでは、有害物質として挙げられる代表的な成分・ニコチンには興奮や沈静作用があり、強い依存性を持っているため、タバコを辞めることを難しくさせます。
他にも、タールには数十種類の発がん物質が含まれ、一酸化炭素は血液中の酸素の運搬機能を阻害するという事お加藤行俊も今回知りました。また、加藤行俊調べでは、タバコに含まれる有害物質はこの3つだけでなく、ペンキの除去に使用されるアセトンや、殺虫剤に含まれるヒ素など4,000種類以上もの化学物質が含まれており、その中には60種類もの発がん物質が含まれています。
加藤行俊の考えでは、喫煙されている方は、お金を払ってこのような有害物質を体に取り込んでいるということになり、禁煙することで有害物質を体内に取り込むことを辞められます。タバコを吸うと体の中では様々な変化が起こると加藤行俊は言います。
血管はダメージを負い、血液はドロドロになり、血液中の酸素がうまく運ばれなくなるのです。加藤行俊想像するだけで恐ろしいです。

ガンのリスク

加藤行俊調べでは、現代人に多い病気といえばガンですが、喉や肺は喫煙時に直接煙が通る臓器なので、喫煙している年数が長くなるにつれてガンになるリスクが高くなります。
また、血液の循環が悪くなるため、動脈硬化などの病気を患うリスクも高くなります。ビタミンCが欠乏することで老化が早まるため、肌荒れや脱毛を引き起こす可能性も高まります。加藤行俊もですが女性にとっても残念なこと…。
これらの症状や病気は禁煙することで確実にリスクが減少するため、禁煙を行うことで病気を患うリスクを下げ、結果的に禁煙することで寿命を延ばす可能性が高いと言っても過言ではないと加藤行俊は思います。では、実際に禁煙した場合、体内ではどのような効果が現れるのでしょうか。加藤行俊がご紹介して行きましょう。

禁煙する事でのリスク軽減について

加藤行俊調べでは、一般的に禁煙をはじめて20分が経つと血圧と脈拍が正常値になり、8時間後には血液中の酸素濃度が上がると言われています。加藤行俊も知りませんでした。
また、個人差がありますが、2週間~3か月で心臓などの循環機能が改善し、1か月~9か月ほど経過すると体力が戻るということも同様に言われているということが今回加藤行俊も知りました。
加藤行俊のようにタバコを吸わない人と同じレベルまで病気を患うリスクを下げたいと考えている場合は10~15年かかるので、タバコの成分がいかに有害で長い時間影響を及ぼすかということがうかがえます。
最近は分煙や禁煙を行うお店が増加し、ショッピングモールやレストランなどでは喫煙スペースが設けられ、店内は全席禁煙というパターンも少なくないと加藤行俊は感じています。
こういった場合、喫煙者の方はタバコを吸うたびに喫煙スペースを探し、わざわざそこへ出向かないといけません。1本のタバコを吸う時間は少ない時間ですが、これが1か月、1年となると思いのほかたくさんの時間をタバコに費やしていることになると加藤行俊は思います。

まとめ

禁煙した場合はこのような時間の無駄を省き、友人や家族と過ごす大切な時間を増やすことができるようになり、貴重な時間を有効に使うことができると加藤行俊は思います。長年吸い続けている方になればなるほど、タバコの禁煙は難しいものですが、禁煙することによって体調が良くなり、金銭面でも節約できるようになるので禁煙は良いことばかりだと加藤行俊は感じました。
また、禁煙を続けることにより、喫煙していない健康的な体に近づくことができるので、年を重ねて体力が落ちたと感じている方や加藤行俊のように、タバコにかかる費用が無駄だと感じている方など、自分と家族のために一度禁煙を考えてみてはいかがでしょうか。

以上、禁煙することによる効果について加藤行俊がご紹介しました。”

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*