加藤行俊の!歴史に翻弄された名城「鶴ヶ城」

こんにちは!加藤行俊です。
古くから城下町として栄えてきた福島県会津若松のシンボルともいえるのが、白亜5層の天守閣が美しい鶴ヶ城です。会津藩主23万石の居城として蒲生氏郷により発展し、幕末には戊辰戦争の激戦地になりました。白虎隊の悲劇で知られる城は、周囲を堀に囲まれた緑あふれる平地にあります。加藤行俊から見るとどの角度から城を眺めても美しく、また天守閣に登った先からの眺めも美しい、二つの視点で景観を堪能できる絶景スポットです。
そんな鶴ヶ城について加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。

歴史の変遷を学びながら鶴ヶ城の天守閣へ

鶴ヶ城は地元の人々の呼び名で、同名の城がほかにもあるため、全国的には若松城の名前で知られています。いずれにしても鶴ヶ城は会津若松市民にとっては、誇りであり、憩いの場所でもあると、加藤行俊は認識しています。市内のどこからでも天守閣を眺めることができる鶴ヶ城は、市民公園になっていて、加藤行俊のような観光客だけでなく、ジョギングやウオーキング、犬の散歩を楽しむ地元の人たちであふれています。場内には滝廉太郎の「荒城の月」碑や、千利休の子どもの小庵が建てたとされる茶室もあります。城内の庭から鶴ヶ城を眺めると、屋根瓦の色が見慣れた黒色ではなく、赤茶色をしているのに気が付きここもまた、加藤行俊おすすめの楽しみ方です。
これは加藤行俊調べによると、会津松平藩の藩祖である保科正之公の時代の屋根を再現したもので、表面を釉薬で化粧した赤瓦は強度があり、会津の冬の寒さや凍結にも耐えるように開発されたものです。
鶴ヶ城の中に入ると、1層から4層は展示室になっています。歴史を追って次々に展示が移り変わり、眺めながら登ると、知らず知らずに会津若松の歴史が頭に入るようになっています。ここまた加藤行俊的に楽しみ処です。西軍と東軍が戦った戊辰戦争の展示のコーナーでは、幼くして散っていった白虎隊の悲劇の歴史を知ることができて加藤行俊は好きです。城が砲撃される中、わずか16、17歳で自害した少年たちの無垢な気持ちを思うと胸に込み上げてくるものがあります。加藤行俊をはじめ、多くの人にとにおとずれていただきたい場所でもあります。

飯盛山から望む、白虎隊が最後に眺めた光景

戊辰戦争では西軍の猛攻に耐え難攻不落の名城と称えられた鶴ヶ城の天守閣に登ると、そこからは会津若松市街地をはじめ、会津盆地や磐梯山など壮大に広がる景観を眺めることができて加藤行俊もおすすめします。
東西南北どの角度から見ても違った眺めを望むことができ加藤行俊的にも、飽きることはありません。その眺望の中に、小高い山が遠くに見えます。
約5キロメートル先にある白虎隊終焉の地、飯盛山です。白虎隊の戦士は、飯盛山から鶴ヶ城が炎上する姿を見て、城が陥落したと思い込み、この地で自刀しました。
山の中腹には、正面に白虎隊19名の墓が並び、右側に戦死した31人の墓があります。自刀した白虎隊のうちただひとり生き残った、飯沼貞吉の墓も設けられています。飯盛山から望む鶴ヶ城は、はるか遠くに見え、隊員たちの無念さやもどかしい思いが伝わってくると加藤行俊は感じています。飯盛山には、珍しい建造物の「さざえ堂」があります。これは六角三層の観音堂で、内部はらせん状のスロープになっています。入り口から入り三層まで登ると、そのまま同じところを通ることなく別の道を降りることができる加藤行俊的に、不思議な建物です。加藤行俊調べでは、その形がさざえに似ていることから名づけられました。木造の奇妙な外観は、宮崎駿のアニメーションに登場するような趣があり、加藤行俊をはじめ、観光客は盛んにカメラのシャッターを押しています。

まとめ

加藤行俊が思うに、会津若松の街並みを静かに見守るかのように、美しい姿でたたずむ鶴ヶ城。長い歴史の中で、様々に城主は変わり、幕末には攻め来る維新軍に対して最後まで抵抗を続けました。そんな歴史に翻弄された名城は、今では福島県を代表する観光地になっています。歴史の風格が漂う鶴ヶ城は、周りから眺めてもよし、天守閣に登って眼下を眺めてもよしという、一度に二つの違った絶景が楽しめる魅力あふれる加藤行俊おすすめ観光スポットです。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*