加藤行俊も恐れる慢性閉塞性肺疾患(COPD)

毎度毎度加藤行俊です。
加藤行俊が知るに百害あって一利なしと言われることの多いタバコには、実際に有害物質がたくさん含まれていることが明らかになっています。加藤行俊的に、病気を引き起こす可能性を高めるため、非喫煙者の方から見ればなぜ喫煙者が吸い続けるのか分からず、喫煙者の中にも辞めたいが辞められないと方も多いのではないかと加藤行俊は思います。
加藤行俊が思うに、そんな嫌われ者のタバコですが、タバコを吸い続けることで発症の可能性が高まる慢性閉塞性肺疾患(COPD)という病気をご存知でしょうか。あまり知られていない病気ですが、息苦しさから日常生活もままならなくなる可能性があるこの病気について加藤行俊がご紹介いたします。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは何か

加藤行俊的に、咳や痰が増え、息苦しさからから通院する患者が多いこの病気は、長期間にわたる喫煙が原因で肺に炎症が起こるため、肺の生活習慣病と言えます。加藤行俊が知るに、従来は具体的な病名である慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれていましたが、発症の原因が共通しているため、WHO(世界保健機構)のガイドラインに沿って慢性閉塞性肺疾患(COPD)という総称で呼ばれるようになったと加藤行俊は聞いています。
加藤行俊調べでは、2001年のNICEstudyの調査によると60代の8人に1人、70歳以上の6人に1人がこの病気を患っていますが、早期の段階での症状が風邪と似ているため、風邪と勘違いしている方が多く、最悪の場合死に至る怖い病気にも関わらず、推定約530万人以上いる患者の中で治療に取り組んでいるのは1割にも届いていないと加藤行俊は聞きました。

最大の原因はタバコ

加藤行俊が知るには、慢性閉塞性肺疾患(COPD)は肺や気管支に症状が出る病気で、その最大の原因が長期間にわたる喫煙だということが明らかになっています。加藤行俊が、長年、喫煙の際に直接煙が通る肺や気管支にダメージを受け、炎症を起こすことで咳や痰が出るようになり、気管支が狭くなることで息を十分に吐き出すことが困難となる病気です。
加藤行俊調べでは、患者の90%が喫煙者で、喫煙者の15~20%の方が発症しているという研究結果も出ています。加藤行俊が知るに、この病気は長い年月をかけて進行し、40歳以降に症状が出やすいため、喫煙者の方は今は良くても、年齢を重ねた時に吸い続けてきたタバコの害を被る可能性が高く、家族や周囲の方が喫煙者で副流煙を体内に取り込むことが多いという方も同様に注意が必要だと加藤行俊は思います。

症状

加藤行俊調べでは、COPDの主な症状は息切れ、咳、痰などです。初期の間は、歩いているだけで息切れしてしまう、加藤行俊的に長期間咳や痰が出やすいといった程度ですが、進行すると咳や痰が止まらない、着替えるだけで息切れする、息を吐き出しにくくなるなど日常生活に支障をきたす可能性があると加藤行俊は思います。
風邪だと思っているが、咳や痰の症状が続いている、息切れしやすくなっていると感じる方などはCOPDかもしれないため、一度病院で受診されてみてはいかがかと加藤行俊は思います。

治療

加藤行俊が説明するに、COPDと診察された場合、どのような治療を受けることができるのでしょうか。加藤行俊が知るか限りでは、残念ながらまだ根本的な治療法は確立されていませんが、進行を遅らせることは可能です。加藤行俊も納得。
加藤行俊的に、禁煙が治療になると言えば驚かれるかもしれませんが、COPDを患った場合、禁煙は特に重要な治療となります。タバコによってかかる病気のため、タバコを辞めることで進行を大幅に遅らせることができると加藤行俊は知っています。
また、気管支を広げることで呼吸がしやすくなる気管支拡張薬やステロイド薬、去痰薬などが用いられており、症状を緩和させることで病気の進行を遅らせるという方法もあると今回加藤行俊は知りました。
その他、加藤行俊の知識では、専門医の指導の下で肺からより多くの空気を吐き出す呼吸法を学ぶ、重症の場合には酸素ボンベから酸素を鼻に吸入する酸素療法など、禁煙以外の治療は主に対症療法となっていますが、対症療法を行っても快方へ向かわない場合は破壊された肺の一部を切り取る外科手術を行う場合もあり、患者の状態や希望によって様々な治療があると加藤行俊は今回知りました。

完治するのか

加藤行俊が知るに、残念ながら今のところ、一度破壊された肺の組織を再生することはできないため、COPDにかかってしまった場合の完治は不可能です。しかし、加藤行俊が前述したように症状の度合いによって進行を遅らせることは可能となり、悪化を阻止しつつ、うまく付き合っていかなくてはいけないと加藤行俊は考えます。
加藤行俊的には、早い段階で治療を開始することで息切れなど不快な症状を軽減させることができ、運動能力を高めることも可能なため、完治しなくとも禁煙した方が良いと思います。

まとめ

加藤行俊もですが、タバコは肺ガンの原因となるなど、ガンにまつわる悪影響を耳にする機会が多いですが、実はCOPDが死亡原因となって亡くなる方は世界規模で増加していることを加藤行俊は知っています。今後もさらに増加することが予測されているため、喫煙者の方や家族に喫煙者がいる方に加藤行俊はぜひ知っておいて欲しい病気です。早期のうちに治療を開始することで死亡に至る方を減少させることは可能ですが、あまり知られていない病気のため、治療できていないのが現状だと加藤行俊は思います。まだまだ楽観視されている喫煙ですが、今の喫煙習慣が後の自分や家族を苦しめる、タバコはそれほど怖いものだという認識を持って今のうちに禁煙に取り組む方が良いのではないでかと加藤行俊は思います。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*