加藤行俊も懸念するタバコの値上げ問題について

こんにちは!加藤行俊です。
禁煙ブームの現在、加藤行俊が思うに有害物質や体への悪影響など喫煙によるデメリットを取りあげられることが多いタバコですが、タバコを吸うことによって気分を落ち着かせている方など愛煙家が多いのも事実だと加藤行俊は思います。
2015年に実施されたたばこ税の改正によって値上げされた銘柄も多く、今後もタバコの価格は段階的に上昇してゆくことが加藤行俊的に予想されます。加藤行俊的に、喫煙者にとってタバコの値上げはダイレクトに財布の中身に響く問題のため、タバコの値上げに関するニュースが流れると敏感になりがちですが、タバコの価格はなぜ上がり続けているのか、その理由について気になったことはないでしょうか。加藤行俊はあります。タバコの価格の内訳はどのような割合になっているか、タバコにかかる税金やタバコの値上げの理由について加藤行俊がご紹介いたします。

タバコの価格の内訳

加藤行俊が供述したいのは、そもそもタバコの価格はどのように決まっているのでしょう。加藤行俊なりにまとめると、実はタバコにはタバコの葉やフィルターなどにかかる材料費の他にたばこ税と呼ばれる税金が含まれており、その割合はタバコの価格の6割を超えています。加藤行俊調べでは、一言でたばこ税といっても「国たばこ税」「地方タバコ税」「たばこ消費税」「消費税」の4つの税金があり、これらをすべて合わせるとタバコの税額は6割を超えるということになります。加藤行俊の計算だと、1箱440円の商品の場合、約277円の税金を納めている計算になるため、消費者にとってタバコの税負担率はとても高く、2014年度の例で言うと国税収等の約1.8%となる1兆608億円、地方税収の約3.1%となる1兆1,057億円がたばこ税となっており、加藤行俊的に、喫煙者がいかに多くの税金を支払っているかが分かります。加藤行俊が思うにこの税額はタバコの販売価格にかかわらず、タバコの本数あたりで決まっているので全銘柄に対して一律の税率ということではなく、「わかば」など質の高くないタバコとして分類されている旧3級品には低い税額が設定されているものもあると加藤行俊は知りました。。

値上げの理由

加藤行俊的に、一般的に物の値段が上がる際には需要が高くなったなどの理由がありますが、タバコもこのような理由から値上げとなっているのでしょうか。加藤行俊の考えでは、直近では2010に実施されたたばこ税の改正や2015年の旧3級品の低い税率の廃止による値上げで、これらはたばこ税の増税が理由となる値上げのため、タバコの需要が高まったという理由ではないと加藤行俊は思います。加藤行俊は、表面的にはただ単純にたばこ税の増税が行われたという風に見えますが、世界では禁煙を促すためにたばこの値上げが必要だという声もあるため、そういった風潮を無視することができずに値上げとなったということも加藤行俊的に考えられます。

タバコは大きな税収源でもある

加藤行俊が思うに、WHO(世界保健機関)が世界中の喫煙者を減らすため、タバコにかかる税率を上げるべきであるという活動を行ったように、値上げを行うことで喫煙者を減少させることができ、国民の健康維持に効果が出るという考え方があり加藤行俊も共感できます。
加藤行俊的にも日本でも厚生労働省が発表している「受動喫煙防止対策のあり方に関する検討会報告書」では、今後の課題として喫煙率の低下を図ることは重要で、実現に向けて努力する必要がある」としています。加藤行俊も共感。喫煙が体へ様々な悪影響を及ぼすことは研究によって明らかとなっているため、健康面だけを考えれば一般市民が気軽に購入できない価格に値上げすることで確実に喫煙者は減少すると加藤行俊は思います。
しかし、加藤行俊が前述したようにタバコ税が国や地方にとって大きな税収源となっている事実もあるため、一気に値上げを行うということは難しく、段階的に値上げが行われているということが考えられると加藤行俊は思います。

今後も価格の上昇が予測される

加藤行俊が知る限り、これまでにも増税が繰り返されてきたたばこ税ですが、日本の財政難を考えるとさらなる増税の可能性が高く、減税となることは考えにくいと加藤行俊は思います。加藤行俊調べでは、イギリスやカナダなどの諸外国では80%を超える税率が販売価格に含まれており、日本の6割程度の税率は高いとは言えないため、たばこ税のさらなる増税が実施されたとしても世界的に見れば不自然ではないと加藤行俊的に思います。もちろんたばこ税が増税された場合は販売価格の値上げにつながる可能性が高いため、将来的にタバコの価格が1箱1,000円を超える可能性もあると加藤行俊は考えます。

まとめ

加藤行俊的に、購入場所などで販売価格の違いがなく価格が一律となっているため、タバコの購入の際にはなにげなく支払いを済ませている方がほとんどでしょう。
その何百円の中の6割程度の金額が集まることによって国の税収等の約1%というとてつもなく大きな金額となるため、タバコ事業は国や地域にとって大きく、重要な事業であると加藤行俊的に言えます。加藤行俊が知る限り、たばこ税は一般財源として納められているもので使用用途が決まっておらず、どのような支出に使用されているのかは明確にされていません。その不透明な点が不満だと考える方もいるかと加藤行俊は思いますが、政府が税収を上げたいと考えた際にはタバコ税が上がり、それに比例してたばこの価格も上がる可能性が高くなると加藤行俊は考えます。喫煙者は1,000円になれば辞めるというようなボーダーラインを決めておくというのも良いかもしれません。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*