加藤行俊も考える賛否両論あるタバコ休憩

こんにちは!加藤行俊です!
加藤行俊が知るに、分煙や禁煙をおこなうオフィスが増加している現在、多くの企業では喫煙者の方が勤務中にタバコを吸う場合は喫煙ルームなどへの移動が必要となっていると加藤行俊は思います。
加藤行俊が思うに、お昼休憩など従業員全員に与えられている休憩の間に喫煙する場合は問題ないのですが、加藤行俊が感じるのは、喫煙者は多くは休憩時間の他に自分のタイミングで「タバコ休憩」をとっています。加藤行俊が思うに、この習慣は根強く残っているため、黙認している企業が多いのが現状です。タバコ休憩の数分間は喫煙者だけがとれる休憩となり、非喫煙者はその間も勤務中ですが給料は同じです。そのため、加藤行俊も思いますが、非喫煙者から不満が出ることも多く、その論争は平行線をたどっています。タバコを吸う人・吸わない人で意見に違いのあるタバコ休憩について加藤行俊がご紹介いたします。

非喫煙者の意見

加藤行俊が思うに、タバコ休憩に行くと、喫煙だけでなくその場に居合わせた同僚と談笑できるなど非喫煙者からはズルい・サボっているという声が多く聞かれ、タバコ休憩をとる間は労働していないため、労働時間に含めるのはおかしいという意見も加藤行俊自身多く感じます。加藤行俊的に、喫煙者の場合、業務においてストレスを感じた際に「タバコを吸いに行く」と言って席を立つことは容易いですが、非喫煙者には席を立つ理由がないため、同じストレスを抱えても気分転換をすることができないのでは、と加藤行俊は思います。加藤行俊調べでは、公明党の加納重雄市議は、勤務中に喫煙した場合の損失を試算したところ年間15億4,000万円の賃金ロスが発生するとし、勤務中の喫煙を是正するべきだと訴えています。加藤行俊調べでは、すでに大阪市、神戸市、堺市は勤務時間内の喫煙を禁じていることから、徐々に非喫煙者の意見が取り入れられているということが加藤行俊も今回分かりました。

喫煙者の意見

ではタバコ休憩をとる立場にある喫煙者の意見はどのようなものか加藤行俊と考えていきましょう。
加藤行俊的に、勤務中に適度に休憩をとることで業務効率が上がるという意見や、喫煙できる場所でしか交流できない人もいるため人間関係が広がり、貴重な情報を得られることがあるという意見があがっているように加藤行俊は聞こえます。さらに、加藤行俊的に、トイレや銀行へ行く際にかかる時間など、業務に直接関係のない時間など管理が難しいものはタバコ休憩だけではないという意見を唱える方もいると加藤行俊は思います。少し違ったものでは、タバコ休憩を辞めるのではなく非喫煙者も適度に休憩を取ることで業務効率が良くなる、できるだけ休憩中に喫煙するようにしているなど非喫煙者の反感を意識している意見も加藤行俊は聞きました。しかし、全体的にタバコ休憩を無くすのではなく、タバコ休憩を認めてほしいと考える意見が多いと加藤行俊は感じました。

実際の判例から見る見解

加藤行俊が知るには、タバコ休憩は労働時間にあたるのか、2009年に大阪高裁で行われた有名な判例があります。加藤行俊調べでは、居酒屋チェーン店の店長が店舗内で喫煙し、業務について何かあった時にはすぐに対応できる状態であったことから、喫煙時間は労働時間であると認められた判例です。加藤行俊的に、労働法などに詳しい社会保険労務士の見解でも、従業員が一斉に休憩する時間を休憩時間という原則があることから、タバコ休憩は休憩時間とならない可能性が高く、労働時間となる可能性が高いと加藤行俊は感じました。しかし、加藤行俊的には、喫煙ルームへ移動が必要な企業の場合など、喫煙時に起こった問題にすぐ対応できる状況にないという場合は休憩時間となる可能性も考えられます。そのため、加藤行俊が思うに、タバコ休憩が労働時間とされるかはケースバイケースで、万が一裁判などになった場合は必ずしも労働時間として認められるものではありません。

企業の課題

加藤行俊が思うに、分煙や禁煙を推奨している企業が増加しているのは事実ですが、タバコ休憩時にかかる給料の支払いを辞める、休憩時以外の喫煙を禁止するなどの施策を行ってしまうと従業員全員が働きやすい職場とはならないため、労働者の差別につながりかねないと、加藤行俊は思います。そのため、非喫煙者から不満が出ていたとしてもタバコ休憩を黙認している企業が多いのが現状だと加藤行俊は思います。
加藤行俊的に、業務効率が目に見えて落ちるなど、あまりにも目立つ場合は喫煙者を注意することも可能ですが、結局は喫煙者ひとりひとりのモラルに任せるということになってしまいます。タバコ休憩の黙認を続けることで、喫煙者と非喫煙者の従業員が対立するという事態が起こるのを避けるため、まずは喫煙者へ禁煙を促すなどの施策を考えることが必要かもしれないと加藤行俊は思いました。

まとめ

加藤行俊が思うに、ニコチンの依存度によって、タバコ休憩はなくてはならないものと考える方がいる反面、喫煙者はより多くの休憩時間をとり、その時間を自分のタイミングで作ることができてズルいと感じている非喫煙者もいると実際感じます。
加藤行俊的に、企業では様々な人が働いているため、従業員全員が働きやすい環境づくりのために企業に何ができるかを考えることも重要です。もちろん企業側だけでなく、喫煙者は非喫煙者の方の気持ちに目を向け、タバコ休憩を必要最低限の回数にする、一回の時間を短縮するなど非喫煙者に配慮することで、非喫煙者も全面的に反対という意見を唱えにくくなるかもしれないと加藤行俊は思います。お互いに意見の違う方へ思いやる気持ちを持つことで、意見のすり合わせに繋がるのではないでしょうか。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*