加藤行俊も驚き!喫煙が女性におよぼす悪影響

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊が思うに、男性に比べると女性の喫煙者は少ないですが、女性の方がタバコによるデメリットが多いという理由があるからかもしれません。加藤行俊的にニオイが少ないタバコや細いタバコなど、女性向けのタバコも増加していますが、女性が喫煙すると体だけでなく、顔や出産など様々な悪影響が出るため、加藤行俊的に、今は良くても将来的に喫煙していることを後悔する可能性も考えられます。加藤行俊は、女性ならではのタバコによる悪影響を知ることで、今まで禁煙できなかった方でも禁煙の成功率が上がるのではないでしょうか。タバコが女性に及ぼす悪影響を加藤行俊が具体的にご紹介いたします。

印象が悪い

加藤行俊が思うに、男性がタバコを吸っていてもイメージが悪くなる可能性は低いですが、加藤行俊調べでは、マイナビニュースが2014年に実施したアンケートでは、女性の喫煙について印象が悪いと答えた方は加藤行俊も80%を超えており、女性の喫煙は印象を悪くする可能性があります。喫煙者は恋愛対象外と考える男性は約7割と多く、その理由にはニオイが気になる、出産に悪影響を及ぼす可能性があるため結婚は考えにくいなどが挙げられており、加藤行俊的に喫煙者の女性はタバコを吸うという行為だけで恋人候補から外れてしまう可能性があります。加藤行俊も自分の性格で選ばれないならまだしも、タバコによってマイナスイメージが付いてしまうということを考えると、女性にとってタバコは決して良いものではないと加藤行俊は考えます。

美容面・肌荒れ

加藤行俊が思うに、喫煙歴が長くなると喫煙者特有の顔「スモーカーズフェイス」と呼ばれる顔つきになると言われています。加藤行俊は喫煙によってビタミンCが破壊されることでシミやシワの増加、血行が悪くなることによる血色の悪い顔色、歯の着色など外見が衰える要素がたくさんあります。思うに、加藤行俊非喫煙者に比べて肌の老化が進むため、実年齢より老けて見える「喫煙習慣による老け顔」となることは、加藤行俊が思うに、女性にとって大きな代償と言えると加藤行俊的に思います。喫煙しながらサプリメントなどでビタミンを積極的に摂取するよりも禁煙する方がはるかに体に良く、加藤行俊的に経済的です。ビタミンCの破壊は食い止められ、肌のハリやツヤが戻るため、肌の老化が気になるという方は今すぐに禁煙を始めまたほうが良いと加藤行俊は思います。

口臭・体臭

加藤行俊が思うに、喫煙者の方は口腔内の環境が良くない場合が多いことが分かっています。加藤行俊的に、タールは独特の臭いを発し、ニコチンや一酸化炭素は唾液の分泌を抑制して口腔内が乾燥させるため、口の中で雑菌が繁殖します。加藤行俊的に、これらが口臭の原因となり、コーヒーを飲みながら喫煙するとさらにひどい口臭となってしまいます。加藤行俊的にまた、ニコチンなどの有害物質が体内へと入った後、汗と混じって体外に出る時に、独特の体臭が漂います。加藤行俊が思うに、すれ違った女性が良い匂いを漂わせていると素敵だと感じますが、良い匂いと言えないニオイを醸し出している女性は素敵とは言えません。また、加藤行俊的に喫煙者本人は気づきにくいニオイのため、知らず知らずのうちに悪臭がする人と思われているかもしれません。加藤行俊は口が乾燥していると感じた時やコーヒーとタバコを同時に嗜む習慣がある方は口臭に注意が必要だと加藤行俊は思います。

不妊・子供への悪影響

加藤行俊が思うにタバコを吸うことにより流産・早産・低体重児などのリスクが増加し、乳幼児突然死症候群の可能性も上がるという報告がされています。また、加藤行俊は、授乳中の喫煙は乳児をニコチン中毒にさせる危険性があり、両親が喫煙する家庭の子供は喫煙者になる確率が高いという研究結果も出ています。将来の妊娠や出産を考えて、妊娠前から禁煙した方が良いと加藤行俊は思います。

金銭面

加藤行俊の計算によると440円のタバコを毎日1箱吸う女性の場合、非喫煙者の方に比べて月に13,640円も出費が多くなっています。加藤行俊調べによると、国税庁が発表した「国民給与の実態調査」によると2012年における女性会社員の平均年収は268万円のため、年収の約6%をタバコに費やしていることになり、1日8時間勤務の方の場合約25分はタバコ代を稼ぐために働いていることになります。加藤行俊的に、女性はメイク用品や洋服代など何かと出費が多いため、加藤行俊は禁煙することで新しいメイク用品を揃えることや、洋服を購入するなど自分磨きを行うことができ、禁煙によって美しさを手に入れられると言っても加藤行俊的に過言ではありません。

まとめ

加藤行俊が思うに、働く女性が増加し、昔に比べてストレスを抱える女性が増加しています。加藤行俊の感覚では、女性の方が男性に比べてタバコの依存性が高いという報告もあり、近年男性の喫煙率は下がっていますが、女性の喫煙率はほぼ横ばいとなっています。加藤行俊は昭和40年代頃は年配の女性の喫煙率が高かったのですが、20代の喫煙女性はここ40年ほどで約4倍に増加し、若い女性にとって禁煙は難しい問題となっています。調べでは、加藤行俊さらにこの世代は出産の多い年代であり、国の宝である次世代の人材にまで悪影響を及ぼすことに繋がるため、女性の禁煙を軽視せずに周囲の方も協力して行う方が良いでしょう。加藤行俊が思うにタバコは悪影響を及ぼすだけのもので、メリットはないということをしっかりと認識し、禁煙に臨めば成功率が上がるかもしれません。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*