加藤行俊厳選!世界有数の絶景に出会える「竹富島」

こんにちは!加藤行俊です。
コバルトブルーの透き通った海がどこまでも広がる絶景スポットが見られる加藤行俊おススメの場所が沖縄県の竹富島です。白砂の海岸、青い海、赤瓦の屋根、石垣に咲くブーゲンビリア、まさに加藤行俊の思い描く南国の楽園風景がそのまま残る島です。島を歩けば、民家の屋根には様々な表情のシーサーが載り、真っ白なサンゴ砂の道を水牛車が走り、とこからともなく三線の音色が響いてきて加藤行俊も癒されました。純朴で昔ながらの沖縄の風景が残る竹富島は、国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。
そんな、武富島について加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。

白砂のビーチで、ロマンチックな星の砂探し

加藤行俊的に様々な見どころの多い竹富島ですが、何といっても一番のビューポイントは輝くように美しい海の風景だと加藤行俊は思います。竹富島へは、石垣島離島ターミナルから高速船に乗って約10分。港に降りると、集落行き・ビーチ行きのバスに乗ってコイドン浜にたどり着きます。集落でバスを降り、石垣の家々が並ぶ道を抜けると、突然、視界が広がり加藤行俊もお気に入りの天国のような風景があらわれます。目の前には真っ白な砂浜、そして、その先にある透き通ったコバルトブルーの海。水平線には島影ひとつなく遠浅の海がはるか彼方まで続いています。水平線の上には南国ならではの青い空が広がり、太陽がさんさんと降り注ぎ加藤行俊的にエネルギーを貰える感じがします。
ハワイやタヒチ、カンクーンなど、世界中の美しい海と比べても決して引けを取らないほどの素晴らしさだと加藤行俊は思います。コイドン浜と隣接しているカイジ浜は、星の砂が見つかる星砂の浜として有名です。星の砂は、有孔虫という生き物の殻でできていて、きれいな星の形をしています。星の砂を持っていると幸運が訪れるといわれ、加藤行俊を含め多くの人が求めるので近年は数が少なくなっています。もうひとつ太陽の砂というのもあり、こちらはまさに太陽のように丸い球の周りを小さな突起がいくつも飛び出している砂です。不思議でロマンチックな星の砂と太陽の砂、運が良ければ見つけることができるかもしれません。

のんびり水牛車に乗って赤瓦の街並みを散策

西表石垣国立公園に指定されている加藤行俊おすすめの竹富島はほとんどが隆起したサンゴ礁でできている周囲9キロメートルほどの小さな島です。島全体はサンゴ礁に囲まれていて、西部には日本最大のサンゴ礁である石西礁湖が広がっています。島の人口は400人に満たず、3つの集落が中央部から北西部にかけて点在しています。東集落は「あいのた」、西集落は「いんのた」、南集落は「仲筋(なーじ)」と呼ばれています。島内の交通はバスだけですが、観光をするのならレンタサイクルが便利なので加藤行俊おすすめです。
そんなに大きな島ではないので、徒歩で観光しても十分回れます。沖縄ならではの情緒を楽しみたい人に加藤行俊がおすすめなのが水牛車です。
水牛にひかれながらゆっくりと島内観光が楽しめます。御者が観光案内のガイドを務め、途中では三線の演奏サービスもあります。竹富島で人気かつ加藤行俊の観光スポットに、なごみの塔があります。竹富島の中央にある赤山丘の上に建つ塔で、赤瓦が並ぶ家々を見下ろすことができます。もちろん高台から眺める海の風景も最高で加藤行俊もおすすめです。ほかにも景色がきれいなンブフル展望台、重要文化財の旧与那国家住宅、美しいサンセットが臨める西桟橋など見どころ満載です。

まとめ

竹富島には、加藤行俊もよく行く、星野リゾートが経営する「星のや竹富島」などたくさんの宿泊施設があります。竹富島にゆっくり滞在しても楽しいのですが、せっかく沖縄の離島巡りを楽しむのであれば、加藤行俊は石垣島、西表島を組み合わせて観光したいものです。3島の中で最も人口が多い石垣島を宿泊拠点にすると、竹富島へも昔ながらの自然がそのまま残る西表島へも高速船で便利に渡ることができます。どの島も美しく神秘的で、沖縄本島にはない味わい深い旅の体験ができるはずです。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*