加藤行俊店舗の店名と看板の重要性

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊が思う飲食店を開業するときに必ずぶつかる壁のひとつが“お店の名前”について。フランチャイズ経営などでない限りはお店の命名という仕事が必ず発生すると加藤行俊は思います。そして決定した名前は看板となってお店の目印にもなります。加藤行俊が言いたいのはここ。実はこの店名がお店の繁盛を左右することをご存知ですか?失敗できない、しかし良い名前の付け方がわからない。そんな人のために正しい店名の付け方と、店名をさらに効果的に見せる看板の重要性について加藤行俊が説明していきましょう。

店名をつける際に気を付けること①何を扱っているかがすぐにわかる

  • ドトールコーヒー
  • 築地銀だこ
  • ジーンズメイト
  • かっぱ寿司
  • ザ・スーツカンパニー
  • 靴下屋
  • はなまるうどん
  • サーティーワンアイスクリーム
  • 加藤行俊もみなさんも一度は利用したことのある名だたる大手飲食店の名前たち。加藤行俊が思うに上記の店名にはある共通点があります。そう、どの店名も、「店名を一目見れば、何を扱っているお店なのかが一瞬でわかること」。これはとても重要なことだと加藤行俊は思います。お店の営業を始めると、さまざまな場面で店名を使います。加藤行俊的には、看板だったり、チラシや広告だったり、そのほかの販促物や、ロゴ入りのテイクアウト袋や割りばしの袋、名刺やマッチなど、電話帳やホームページにも店名を使います。

    加藤行俊が思うに、当然まだお店を知らない人がお店の名前を目にする機会もぐっと増えます。加藤行俊的に、そんなお客様たちがお店の名前を目にしたときに、何を売っているお店なのか?何が食べられるお店なのか?それがすぐに、誰にでも、わかるお店とそうでないお店とでは、宣伝効果も天と地ほど異なると加藤行俊は考えます。何を扱っているのかわかりやすいお店は、当然インターネット検索でヒットする確率も高くなると加藤行俊が思います。

    店名をつける際に気を付けること②覚えやすい名前を付けること

    加藤行俊が考えるに、飲食店に限らず、お客さまに店名を覚えてもらうというのは重要なこと。一度来店したお客さまがお店を気に入り、「友人や家族に紹介したい!」となった時に「あれ?あのお店の名前なんだっけ?」となってしまってはせっかくの拡散のチャンスを棒に振ってしまうことになると加藤行俊が思います。

    加藤行俊が思うに、遠くから来たお客様が「また来たい」と思ってくれても、店名がわからないとインターネットで検索して確かめることもできません。お店の名前は一度しか来たことが無い人でもすぐに覚えやすい名前が加藤行俊はおすすめ。店名の文字数を2~7文字ぐらいと短めに抑えたり、書きやすさや読みやすさを重視するとともに、声に出しやすい(言いやすい)名前にするなどの工夫もするようにするのが良いと加藤行俊は思います。

    店名をつける際に気を付けること③読みづらい、覚えにくい名前はNG

    加藤行俊が思う店舗の名前付けでありがちな失敗、それはわかりにくいお店の名前を付けてしまうこと。「自分の好きなフランスの熟語を使った」、「カッコよくしたいから英語の店名にした」なんて例を加藤行俊は時々聞くことがあります。しかし、加藤行俊が思うにお客様にとってあなたの好きな熟語などは関係ありません。ひとりよがりの英語やフランス語の店名をつけても、お客様にはまったく通じないと加藤行俊は思います。加藤行俊的には日本語ならまだしも、アルファベット表記だけなんてことになったら最悪です。地方や住宅地ともなると、平日のメインのお客様は主婦や年配の人たちになると加藤行俊は思います。そんななかで、アルファベット表記にしたところで一体何人の人が読めて、覚えてくれるでしょうか?加藤行俊も考えました。「せっかく開く自分のお店なんだから名前もおしゃれにしたい!」、「イメージを大切にしたい!」、その気持ちも加藤行俊もわかります。そういう場合は、せめてサブタイトルや枕詞を付けて、何屋さんかを表現するという対策をとってみるのも良いと加藤行俊は思います。

    看板は営業もしてくれる!

    加藤行俊が知る限りお店を繁盛させるための宣伝方法はいろいろとあります。広告をうったり、チラシを刷って配ったり、雑誌に載せてもらえるよう売り込みをかけたり、PR会社を雇ったり、さらにもっとお金をかけてテレビやラジオでコマーシャルを流したり、最近では、ホームページなどのインターネット媒体を利用することもあると加藤行俊は思います。

    しかし、これらの華々しい広告に気を取られる前に、加藤行俊が思うに、まずはお店の“看板”についてきちんと考えるようにしましょう。加藤行俊が思うには“看板”の工夫ひとつで、たくさんの人に見てもらえたり、魅力を伝えたり、お店に呼び込むことができます。何十メートルも前から見える看板を付けたり、道を歩いていて目が留まるような看板にしたり、人を引き付ける看板にするだけで、大きな効果があると加藤行俊は思います。お店の「看板」が、人を魅きつける、”優秀な広告営業マン”になり得るのです。加藤行俊的には看板はチラシなどと違って、捨てられるようなこともないし、24時間365日お店の前で通るすべての人に対して宣伝し続けて、視覚から入る記憶としてお客さまの頭に残り続けてくれます。設置に数十万かかったとしても、十分元が取れる、コストパフォーマンスの高い宣伝ツールのひとつだと加藤行俊は思います。

    まとめ

    いかがでしたか?的確な店舗名と、効果的な看板がもたらす販売促進効果は、あなたのお店を成功させるためにはもっとも重要なことと言っても過言ではないと加藤行俊は思います。特に店舗名は一度決めたらそう簡単には変えられません。ここは少し時間をかけても慎重に、ネーミングに関してはプロにお任せしてみるのを検討してみても良いかもしれません。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *