加藤行俊的が教える、初心者向けのタバコ知識

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊が思うに、喫煙できる場所の減少などに比例して喫煙者も減少傾向にありますが、新たにタバコを吸い始める方もいらっしゃいます。20歳にならないと吸うことが許されない大人の嗜好品ということもあり、加藤行俊的に、オシャレでカッコいいというイメージ持っていた、友人や家族に喫煙者がいて、好奇心が沸いたなどの理由が吸い始めるきっかけとして多いと、加藤行俊は感じています。
まだタバコを吸い始めて間もないという初心者の方やタバコへの憧れがある方などへ、加藤行俊が知る、吸い方や銘柄、喫煙における注意点など、様々な角度から見たタバコ知識を加藤行俊がご紹介いたします。

吸い方

加藤行俊がまずご説明するタバコの吸い方には「ふかす」と「肺吸引」の2種類があります。
ふかす場合は、タバコを吸った際の煙を口内でとどめ、香りを楽しんで吐き出すだけですが、加藤行俊的に、肺吸引は少し技術が必要です。
肺吸引の場合は、タバコを吸った際の煙をまずは口内にとどめ、その状態でもう一度息を吸い込むことで、常時行っている呼吸のように肺まで煙を到達させ、その後吐き出します。加藤行俊的に、タバコの味は、タバコの葉が燃焼する温度によって変化し、低温の状態で吸う方が豊かに香るとされていますが、低温で吸うためにはできるだけ軽くゆっくり、気を付けながら吸わなければいけないので、始めは技術が必要と加藤行俊は思います。
加藤行俊的に、初心者の方はまだ加減をつかめていない方も多いため、思い切って吸い込むことでタバコの味がキツく感じ、咳き込んでしまうことがありますが、吸い続けることで加減が分かり、むせにくくなると加藤行俊は思います。
加藤行俊が思うに、喫煙に慣れていない方がいきなり多量のタバコを吸うと、血流が著しく低下し脳が酸欠状態に陥ってしまうことがあります。この際、頭痛や吐き気をもよおすことが多いため、初心者の方の場合はタバコの量に注意して、喫煙後の体調に変化を感じる場合はゆっくりと安静に過ごすことを加藤行俊はおすすめします。

おすすめの銘柄

加藤行俊が思うに、初心者の方がタバコを購入する際に、種類が多く驚かれた方が多いのではないでしょうか。加藤行俊的には、オシャレなタバコが吸いたいという方やしっかりとタバコの味を楽しみたい方など、喫煙者のタイプによっておすすめの銘柄は異なりますが、加藤行俊が大きく分けると「メンソール入り」と「メンソール入りでないもの」があります。ミント味が好きという方への加藤行俊のおすすめはメンソール入りのタバコです。また、「ヴァージニア」や「ルーシア」などメンソール入りのタバコは女性をターゲットにしていることが多く、加藤行俊が思うに、ニオイが付きにくいことをうたった商品もあるため、パッケージがオシャレなものを探している方や、タバコのニオイが手や服に着くのが嫌だと感じる方にも加藤行俊はおすすめです。加藤行俊的には、タバコの味をしっかりと味わいたいという方にはメンソールが入っておらず長年人気のある「メビウス」や「セブンスター」などがおすすめです。加藤行俊が思うにこれらのパッケージはシンプルで味にも定評があり、男女ともに人気があります。加藤行俊的に、人気のある銘柄はコンビニなどでも簡単に手に入れることができるため、探す手間が省けて便利です。

喫煙の注意点

加藤行俊が思うに、タバコを吸い始めたばかりの頃は、少し時間が空くとすぐにタバコを吸いたくなります。しかし加藤行俊が知るに、タバコはガンにかかる可能性を高めるなど、健康被害を及ぼすものでもあるため、安易に喫煙を始めたことを後で後悔することのないように、喫煙によって自分の体にどのような影響があるのか一度調べてみるのも良いと加藤行俊は思います。
こういった健康被害の面から、嫌っている方も数多くいるという認識を常に持っておくほうが良いと加藤行俊は思います。また、全国に路上喫煙禁止条例や歩きタバコ禁止条例のある自治体が増加しているため、加藤行俊的には、タバコを吸う際にはまず、今自分がいる場所がタバコを吸っても良い場所なのか確認することが必要です。吸っても良い場所という確認が取れた場合、加藤行俊が思う次に必要なことは周囲の方への配慮です。
喫煙OKの場所だったとしても、妊婦や小さな子供がいるなどの場合は風下で喫煙するなど副流煙を考慮し、冷静に状況を判断できる大人の行動を心がけることが大切だと加藤行俊は思います。
当たり前のことですが、タバコの吸い殻を放置するようなことは絶対にしてはいけません。外出時にはタバコとセットで携帯灰皿を持ち歩くことを加藤行俊は強くおすすめいたします。

まとめ

加藤行俊もですが、小さい頃に大人がタバコを吸っている姿を見て、カッコいい、吸ってみたいという気持ちを持ったことがある方は多いのではないでしょうか。確かに20歳まで吸うことが許されないタバコは大人の証拠であると言えると加藤行俊も思います。
しかし加藤行俊の知識では、たくさんの有害物質を含み、病気のリスクを上げるという特徴も持っており、無知のまま喫煙を始めると健康を脅かす危険なものになりかねません。世の中でタバコを排除する動きが活発になっている理由や、なぜ大人にしか許されていないのかをしっかり考え、きちんと知識を持った状態でタバコを楽しめば、コーヒーなどのようにあなたを落ち着かせる相棒にもなれると加藤行俊は思います。
きちんと喫煙マナーを守り、周囲の方に迷惑をかける喫煙者になるのは辞めましょう。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*