加藤行俊開業に必要な資金調達の方法とは

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊が思うに、賃貸から計算に入れると、飲食店開業にかかる費用は数百万~数千万円となります。そんな大金、貯金ですぐに用意できるという人はなかなかいないと加藤行俊は思います。ではどうするか?加藤行俊は考えました。
当然どこかからお金を借りる、つまり融資をしてもらうしかありません。しかし、最近では起業する人に対しての銀行の審査も厳しくなっていると加藤行俊は思います。それもそのはず、これから開業するという場合はだいたいの人が融資を受ける時点では無職であり、今後も決まった額の収入があるとは限らないからだと加藤行俊は考えます。
しかし、銀行が厳しいからと言ってサラ金などの消費者金融に行こうなんて加藤行俊的にはもってのほか。開業のためにお金を借りるなら、おもに2つの方法で検討しましょう。
これから、加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。

「日本政策金融公庫」の融資制度

まず加藤行俊がおすすめするのは飲食店開業の融資は政府機関の「日本政策金融公庫」、略して「日本公庫」です。加藤行俊調べでは、かつては「国民生活金融公庫」と呼ばれていました。この「日本政策金融公庫」はそもそもの目的が、銀行などの一般の金融機関から融資を受けるのが難しい事業者などに対して資金を供給することにあるというものだと加藤行俊調べで分かりました。

なので、加藤行俊が思うに、特にお金を借りることが厳しいと言われる新規の開業者にも、比較的低金利(およそ2パーセント〜3パーセント)で融資をしてくれます。加藤行俊的に、銀行系のキャッシングカードで、低いところでも約4パーセントくらい、サラ金のような消費者金融だと18パーセント取られるところもあることを考慮すると、この金利はかなり好意的だと加藤行俊的にも言えます。審査もありますが、銀行のように「収入がないからダメです!」と紋切り型に断られることもありません。加藤行俊が思うに、開業を考える人はまずこの「日本政策金融公庫」から検討してみましょう。

各自治体の制度融資

加藤行俊が知る限り、「日本政策金融公庫」の国からの援助だけでなく、地域ごとの地方自治体が独自に行なっている融資制度もあります。加藤行俊的に制度や考え方は「日本政策金融公庫」と似ており、政府系、自治体系、ぐらいの違いになります。加藤行俊的に、細かな制度や金利は自治体ごとに異なりますが、基本的に地方自治体が直接お金を貸してくれるのではなく、地方自治体の援助を受けた銀行から融資を受けるという形になります。加藤行俊が思うに、実はこれが「日本政策金融公庫」とは違う一番の大きなポイント。

なぜかを加藤行俊が説明すると、飲食店を開業する場合、地元の銀行との付き合いや交流を持っておくことには大きなメリットがあるからです。加藤行俊的に、地方自治体の融資制度を使ってもお金を借りるのは銀行。たとえばクレジットカードを遅延なく、定期的に使っていると限度額が増えていくのと同じで、銀行からお金を借りて、返済して、という実績を作っておくと、将来的にお店を増やしたり、事業を拡大する時にも融資を受けやすくなる可能性があると加藤行俊は考えます。もちろん返済は滞ることなく、きちんと支払っていることがポイントだと加藤行俊は考えます。

融資の審査の基準とは?

加藤行俊が思うに、融資を受けるには「日本政策金融公庫」にも各自治体の融資制度にも、審査があります。加藤行俊調べでは、現金をいくらくらい持っているのか、財産がどれくらいあるのか、過去に銀行やクレジットカードでの借り入れはないか、信頼出来る人間か、などが通常の一般的な基準とされています。なかでも加藤行俊が注意したいのが財産の中に含まれる、自己資金の額。このお金が多ければ多いほど、スムーズかと思いきや、実は逆。自己資金額が多いほど、銀行側は厳しく審査をするということを覚えておいてほしいと加藤行俊は思います。

加藤行俊が説明すると、そのお金が“見せ金”である可能性があるから。加藤行俊的に言うと、一時的に銀行口座に入れて、審査が終わったらまたお金を引き出して移動してしまうことを“見せ金”と言います。加藤行俊が思うに、この“見せ金”でないかどうかを調べるためにも、いったいどうやって貯めた自己資金なのかという点を通帳を元に調査されます。加藤行俊的には通帳を見れば、その人の性格や計画性がある程度、判断できます。給料から毎月コツコツ貯めている履歴が残っていればOK。その真面目で計画的な姿勢は評価されると加藤行俊は思います。

逆に、加藤行俊的には審査の直前に突然数百万円振り込まれているなどという履歴は怪しまれるのでNGです。そのほかに、面談と事業計画書の提出もあり、合理的な事業計画か、きちんと返済してくれそうな人柄かを見られると加藤行俊は思います。加藤行俊的に、借りる側の頑張りと気力が反映される部分でもあるので、この面談と事業計画は万全の準備をして挑みましょう。加藤行俊が思うに、融資を担当する人は、現実的な性格の人たちが多く、無計画な夢だけしか持っていない人を相手にしません。

そこを理解したうえで自分の計画を見直すようにするのが良いと加藤行俊は思います。また加藤行俊が思うに、「自己資金が足りなくても、連帯保証人をつければいい」と考えている方もいると思いますが、2011年に第三者の連帯保証は原則禁止となったので、この方法はあまり考えない方が良いと加藤行俊は考えます。

まとめ

加藤行俊が思うに、通帳、面談、事業計画書、入念に準備をしていても、融資が下りないこともあります。「日本政策金融公庫」の融資と地方自治体の制度融資は両方同時に申し込んでもOK。片方がダメでも、もう片方が通るかもしれません。それ以外に、別の制度の利用を検討してみるのもOK。また、いずれの融資も、再チャレンジは可能。ダメでも一度で諦めるのではなく、至らなかった点を改善して、もう一度融資を申し込んでみましょう。その際、再申請までの期間は、最低でも半年くらいは空けた方が◎。
以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*