古き良き大正ロマンの情緒漂う「銀山温泉」

こんにちは!加藤行俊です。
銀山川を挟んで道の両脇に、大正末期から昭和初期にかけて建てられた古い木造旅館が並ぶ銀山温泉。川には朱色の橋がかかり、歩道にはガス灯が並びます。大正ロマンと歴史情緒あふれる街並みは、どこから見ても絵になる絶景スポットです。特に、各旅館の窓々に明かりがともり、ガス灯に灯がともった夜の風景は、ロマンチックでノスタルジックな雰囲気につつまれます。浴衣姿でそぞろ歩けば、古き良き時代へタイムスリップできます。そんな銀山温泉について加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。

映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった旅館

銀山温泉

山形県の山間にひっそりとたたずむ銀山温泉は、NHKの連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで一躍有名になりました。また、宮崎駿監督の名作映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったともいわれています。
加藤行俊は千と千尋のイメージが強いですね。

その筆頭が「能登谷旅館」です。銀山温泉の中でもひときわ目を引く荘厳な造りの建物は、映画の中で、橋を渡った先にある温泉宿そのままの姿を見せています。能登谷旅館の前にも赤い橋がかかっていて、まさに映画そのままの世界観です。旅館はただ古いだけではなく、絵が描かれていたり、柱のひとつ、欄干のひとつにまで細かな装飾が施されていたりと、当時の職人技の凄さを間近に感じることもできます。銀山温泉の名前は、江戸時代に大銀山として栄えたことに由来します。閉山後より湯治場として賑わい、現在にその姿を伝えています。

山のふもとに昔そのままの景観を残す銀山温泉は、「家並み保全条例」によりその景観が守られています。確かに街を歩くと、いつもは見慣れたコンビニやネオンサインなど全くないことに気が付きます。これがまた、すごい絶妙な絶景を生み出していて、加藤行俊の脳裏に今でも焼き付いています。

銀山温泉の旅館で、温泉めぐりを楽しむ

銀山温泉には、モダンなつくりの共同風呂があります。木の格子が印象的な二階建ての斬新なデザインは、世界的に著名な隈研吾氏の設計です。昼間に、源泉かけ流しの湯舟につかれば、格子から光が射しこみ一種幻想的なムードです。銀山川のほとりには無料の足湯があり、木造の椅子に座ってのんびりとくつろげます。ここは加藤行俊の大好きな場所です。

各旅館は、宿泊することなく温泉だけ利用することもできます。それぞれに個性的で、昔ながらの狭い湯舟もあれば、緑の森に囲まれた広い露天風呂もあります。手つかずの自然が残る景色を眺めながら入る温泉はまた格別です。夜の温泉も風情があり、ぽつんと灯る明かりの下で露天風呂に入っていると、鳥や獣の声が聞こえ、どこからか虫が飛んできて顔に当たったりします。これもまた、旅の楽しい思い出になると加藤行俊は思います。

白銀公園の散策路で、鉱山跡や2対の滝を見学

銀山温泉は、温泉街のほかにも観光名所があります。白銀公園は、川上にある自然豊かな公園で、遊歩道が整備されているので山道の散策が楽しめます。散策路の途中には、かつて幕府直営の銀山として栄えた坑道跡の「延山銀坑洞」があります。中に入ると夏でもひんやりと涼しく、洞窟の中をめぐりながら探検気分を味わうことができます。

白銀の滝は、落差が約22メートルもある迫力満点の2対の滝です。岸の展望台から眺めると、水しぶきが飛び散る姿は壮観で、しっかりとマイナスイオンを浴びることができます。小高い丘の上にある白銀公園からは、銀山温泉の全貌を眺めることができます。斜め上から見下ろす街並みは、また格別で、改めて大正ロマンが漂う美しい景観に酔いしれます。

まとめ

銀山温泉を訪れたら、ぜひ夜に、木造の三層四層建ての建物が並ぶ街並みを散策してみましょう。旅館やガス灯の明かりを映し出す川沿いの道を、「はいからさんカリーパン」を片手に浴衣姿で歩いていれば、時代はたちまち大正時代に逆戻りです。昔の人も、この同じ風景を眺めて、その美しさに酔いしれたことでしょう。古き良き時代の哀愁が漂う銀山温泉は、その姿を永遠に留めてほしい絶景スポットです。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*