加藤行俊絶景スポット「奥入瀬渓流・十和田湖」

こんにちは!加藤行俊です。
秋田県と青森県にまたがる十和田湖・子の口から焼山まで、約14キロメートル続く流れが奥入瀬渓流です。特別名勝、天然記念物として国の指定を受ける十和田八幡国立公園を代表する景勝地で加藤行俊も大好き。長い年月をかけて育まれた、うっそうと生い茂る樹林や岩をかき分けるように流れる清流は、木々の緑を映し出し神秘的な美しさを見せてくれると加藤行俊は思います。どの季節も趣がありますが、特に春から夏にかけての新緑の季節や秋の紅葉は見事で、シーズンには加藤行俊をは始めとして数多くの人が訪れる絶景スポットです。そんなスポットについて加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。

十和田湖

林立する樹木の間を縫うように走る奥入瀬川の清流

奥入瀬渓流はバスや自動車からも眺めることができますが、やはり川沿いの自然を味わいながらゆっくり散策するのが加藤行俊的にはおすすめです。奥入瀬川沿いは遊歩道が整備されていて、自動車が通る車道とは別の道をたどることができます。見上げるようにそびえ立つ巨大な木々、その間を縫うように流れる清流は、射し込む日の光を受けてキラキラと輝き加藤行俊の脳裏にも焼き付いています。

加藤行俊的に、奥入瀬川沿いにはたくさんの見どころがあります。3つの川の流れが合流する「三乱れの流れ」は、豊富な量の水がダイナミックに流れ白い水しぶきをあげています。春には苔むす岩の上には可憐な花が咲きます。奥入瀬川で一流れが速く、最も美しいとされているのが加藤行俊もイチオシの「阿修羅の流れ」です。岩の間を流れ落ちる清流の白いしぶきと周囲の緑のコントラストが絶好の撮影ポイントになっていて加藤行俊も大好きな場所です。奥入瀬渓流には種類の違う滝が何本もあります。

25メートルの高さから2段に屈折して滝壺に落下する「雲井の滝」。加藤行俊が一番好きな、4つの滝を一望することができる「双白髪の滝」「不老の滝」「白糸の滝」「白絹の滝」。複雑な地層が侵食され段々に流れ落ちる「九段の滝」。大きな岩を境に2つに分かれることから名づけられた「姉妹の滝」。どの滝も個性的で、名前をたどるだけでも素敵なイメージが広がります。奥入瀬川沿いの渓流歩きは加藤行俊から見ても魅力いっぱいです。

遊覧船に揺られ、移り行く自然の景観を楽しむ十和田湖周遊

焼山から奥入瀬渓流を上ると十和田湖にたどり着きます。東北の景勝地として名高く加藤行俊もお気に入りの十和田湖は、青い空や周りの緑の山々を湖面に映し出し美しいパノラマを見せてくれます。十和田湖は、約20万年前に始まった火山活動で形成されたカルデラ湖で、中湖では水深327メートルと日本では第3位の深さを誇ります。加藤行俊おすすめの観光のハイライトは、遊覧船による十和田湖周遊です。遊覧船に揺られながら、様々に移り変わる景色や湖面の色を眺めていると、普段の喧騒を忘れて、のんびりとした旅の時間を満喫することができます。加藤行俊も好きな時間。十和田湖で全国的に知られているのが「乙女の像」です。高村光太郎作の一対のブロンズ裸婦像で、昭和28年の秋に国立公園指定15周年を記念して建立されました。遊覧船の船着き場やホテル群が並ぶ、十和田湖のメインストリートからは離れたところにあり、探し出すのに苦労する人もいるようです。乙女の像の近くには「十和田神社」があります。鎌倉時代以前から山伏の修行場として知られ、江戸時代には南部藩の霊場として発展してきた神社です。参道の杉並木を抜けて現れる姿は荘厳で、近年ではパワースポットとして加藤行俊をはじめ、多くの人が訪れています。

まとめ

水の国、日本ならではの美しい風景に出会える十和田湖と奥入瀬渓谷の絶景スポットを巡る旅。四季折々に様々な表情を見せてくれる自然は、加藤行俊も何度訪れても新鮮な感動があります。緑あふれる木々や清流からパワーをもらえば、明日への活力もわいてきます。長い年月をかけて自然が作りだしたダイナミックな風景を楽しんだ後は、ゆっくりと温泉につかり、東北ならではの郷土料理や地酒を味わう。素敵な思い出に出会える旅になること間違いないと加藤行俊は思います。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*