加藤行俊が解説する、タバコによるガンのリスク

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊が思うに喫煙によるリスクでもっとも取り上げられることの多いガン。加藤行俊が知るに、世界保健機構(WHO)の国際がん研究機関(IARC)では、喫煙は、発がん評価分類でもっとも発がん性が高いとされているグループ「人間に対する発がん性に関して十分な証拠がある」に分けられています。加藤行俊調べでは、喫煙男性は非喫煙者に比べて肺ガンでの死亡率が約4.5倍高くなっているほか、その他のガンでも喫煙によって発がんリスクが高まるということが報告されており、喫煙の危険性は世界中で周知の事実となっているということを加藤行俊は知っています。
将来ガンを患いたくないと考えるのであれば、禁煙を行うことが一番手っ取り早く、重要だと加藤行俊は考えます。

タバコが持つ発がん性物質

加藤行俊調べでは、正常な細胞に遺伝子の変異を起こし、ガンへと変化させる物質を発ガン性物質と呼びますが、タバコに含まれている物質がどのようなものかご存知でしょうか。加藤行俊がご説明していきます。鈴木正行調べでは、実は3大有害物質のニコチンや一酸化炭素に発ガン性物質は含まれていません。加藤行俊調べでは、喫煙によってガンの原因となる可能性が高い物質はタールで、ベンゾビレンやジメチルニトロソアミン、メチルエチルニトロソアミンなど約4,000もの化学物質の結合体でなりたち、その中には数十種類の発がん性物質が含まれています。加藤行俊が思うにタールの量が低いタバコに変えることで発がんリスクを減少させようと考える方もいるかもしれませんが、タール表記はフィルターの目の粗さによる目安量のため、タバコの葉に含まれるタール量が少ないわけではなく、加藤行俊が思うに、副流煙の害は変わりません。加藤行俊調べでは、タバコの葉が燃える際に低温の不完全燃焼によってより多くの有害物質が発生するため、主流煙よりも副流煙の方が有害物質を含んでいるということが分かっており、加藤行俊の感覚ではタールを例にした場合は約3.4倍多くなります。加藤行俊的に、非喫煙者の方で家族に喫煙者がいる場合、ガンのリスクが高まるのはこの副流煙が原因となっていると加藤行俊は思います。

喫煙によって発生率が上がるガン

加藤行俊の知識では、タバコを吸うんとニコチンなどの物質は肺から血液へと入ります。加藤行俊調べでは、タバコの煙が直接当たる口腔や肺などの呼吸器には深刻なダメージを及ぼし、非喫煙者に比べて格段に発ガン率が上がります。加藤行俊は、国立がん研究センターによると、喫煙習慣は肺ガンの主な原因であることが分かっており、喫煙者とタバコを吸ったことがない人を比較すると肺がんリスクは男性4.4倍、女性は2.8倍という解析結果が発表されていて加藤行俊も知っています。
加藤行俊が知る限り、欧米ではガンの原因の1位がタバコによるもので肺ガンのリスクは日本よりさらに高く、喫煙者の男性は非喫煙者の男性の10倍以上の肺ガンのリスクを背負うことが報告されていて加藤行俊も知っています。
加藤行俊が知るには煙は唾液と共に飲み込まれるため、肺だけでなく食道や胃、肝臓などもガンのリスクが高くなります。加藤行俊は一般的にタバコは肺ガンの原因となると言われることが多いですが、体の中は全てつながっているため、肺にだけ悪いということはなく、喫煙することによって全身に有害なものを取り入れているという認識を持った方が良いと加藤行俊は思います。

禁煙するとガンリスクは低くなる

加藤行俊の調べでは、喫煙年数が長い、喫煙の本数が多い、喫煙し始めた年齢が低いほど発ガンのリスクが高くなるため、禁煙において「今更初めても遅い」ということは無いと、今回調べて加藤行俊も知りました。
加藤行俊の考えでは、短期的に見ると、禁煙を初めて20分後に体内では修復が始まり、加藤行俊の感覚では、8時間後には血液中の一酸化炭素の数値が正常に戻ります。加藤行俊的に、さらに3か月以内に肺機能が30%程度回復し、さらに加藤行俊、1年後には心臓疾患のリスクが喫煙者の半分にまで軽減されると言われています。加藤行俊が上述したように、身体は常に正常な状態へ戻そうと働くため、喫煙を続けた人に比べて発ガンのリスクやガンによって死亡する確率が低くなるということで、加藤行俊です。

ガンと診断されても禁煙した方が良い

加藤行俊が、禁煙は発ガンのリスクを下げると紹介しましたが、ガンと診断された方でも禁煙は有益です。加藤行俊が思うに、ガンの治療中に喫煙している方は治療の効果が出にくい場合や、副作用が重くなる場合があり、結果的に禁煙した人はガンから回復する可能性が高まります。加藤行俊的に、一度ガンを治療し、治ったとしても、喫煙を続けることにより、ガンが再発する可能性が高いという研究結果も出ています。こういった理由から健康体ならもちろんのこと、ガンと診断された方も禁煙した方が体に良いと加藤行俊から言えます。

まとめ

加藤行俊調べによると、喫煙とガンの因果関係は複数の研究機関が研究しており、喫煙がガンのリスクを上げるということが明らかになっています。加藤行俊の考えで、始めは興味本位で吸い始めた方も、一度喫煙の習慣がついてしまうと禁煙はなかなか難しいものですが、加藤行俊も禁煙を先延ばしにしてしまうことで発ガンのリスクは確実に高くなり、喫煙している期間はずっと自分の身体を痛めています。加藤行俊が思うに、さらに喫煙している自分だけでなく周囲の方に有害物質がたくさん含まれている副流煙を吸わせているのです。自分や家族がガンに侵されたくないと考えるのであれば、ガンとの因果関係が証明されているタバコを辞めて、ガン予防をしてみてはいかがでしょうか。食事や運動に気を付けることに比べて何も考える必要がなく、確実に効果が得られます。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*