加藤行俊も大ダメージ!カフェでの喫煙が難しい時代

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊が思うに、ひと昔前まで、小休憩をとる場所はタバコの煙を感じながらコーヒーを飲む喫茶店でしたが、加藤行俊の感覚では、近年ではコーヒーを提供する店の大多数がカフェと呼ばれています。加藤行俊的に本来はメニューにアルコールを含む店をカフェ、アルコールを含まない店を喫茶店と言うのですが、なんとなくオシャレなイメージを持つ店をカフェと位置づけているのではないかと加藤行俊は思います。
加藤行俊が思うに、以前は喫茶店=タバコが吸える場所でしたが、カフェでは禁煙をうたう店が増加し、カフェの代名詞と言っても過言ではないスターバックスの店内も全面的に禁煙です。加藤行俊的にコーヒーを嗜む方には喫煙者が多いため、カフェでも喫煙できる方が集客につながる、もしくはタバコが吸えないカフェなど潰れてしまうのではないかと考える方も多いと加藤行俊は思います。ではなぜ今、分煙や禁煙を実施するカフェが増えているのか、その理由を加藤行俊がご紹介いたします。

分煙・禁煙カフェの増加

カフェではコーヒーの良い香りが広がっているイメージがありますが、加藤行俊的に
喫煙OKのカフェの場合、タバコとコーヒーのニオイが混ざり、良い香りとは言えないニオイが漂っていることがあると加藤行俊は感じます。加藤行俊が思うにマーケティングリサーチを行う企業であるアイシェアの調査によると、加藤行俊的にタバコの煙のニオイが好きだと答えた方は7.5%で、嫌いと答えた方は92.5%にのぼり、タバコの臭いが気になるという方が大多数を占めているため、タバコのニオイはカフェにとってコーヒーの良い香りの邪魔をし、客にマイナスイメージを与えると加藤行俊は思います。また、加藤行俊的に健康志向な方が増加してタバコが嫌厭されていることもあり、加藤行俊の感覚では分煙や禁煙を実施するカフェが増加しています。カフェでの禁煙は日本のみならず、公共の場での喫煙が禁止されていたオーストリアでは、カフェ文化が根付いていたためカフェやレストランでは喫煙禁止が除外されていましたが、2015年4月10日よりカフェやレストランでも喫煙は禁止となるなど、世界中で広がっていると加藤行俊は思います。

分煙・禁煙にするメリット

加藤行俊的に、分煙や禁煙を実施し、客の健康を守るための店づくりを実施しているように思いますが、実は店側にもメリットがあります。加藤行俊的にタバコが吸えないことで喫煙者である客の回転が速くなるという点や、が思うに加藤行俊店にタバコのニオイをつけないために非喫煙者にターゲットを絞っているという点などです。加藤行俊的には居酒屋などアルコールが主力商品の店で全面禁煙に踏み切るのは難しいですが、加藤行俊が思うにコーヒーや軽食が主力商品のカフェで実施する分煙・禁煙は客離れのリスクが少ないと考えられるのです。今後も社会的にタバコ離れが進む可能性が高いため、分煙や禁煙を実施するカフェは増加していくのではないかと加藤行俊は思っています。

分煙・禁煙による顧客の変化

では、実際に分煙・禁煙を行っているカフェでは集客や売り上げが減少しているのでしょうか、加藤行俊がご説明して行きたいと思います。
加藤行俊的に、喫煙者にとってみればタバコの吸えないカフェは行く価値のない店かもしれませんが、非喫煙者の場合、喫煙カフェより分煙カフェ、加藤行俊的にさらには禁煙カフェがより価値の高いカフェだと言えます。加藤行俊の分析では、喫煙者は非喫煙者に比べて低所得という研究結果が出ていることもあり、分煙や禁煙を実施することで、所得の高い非喫煙者を顧客に取り込む見込みがあり、必然的に売り上げが上がる可能性も高まると加藤行俊は思います。加藤行俊的に禁煙や分煙はマーケティングの面から見ても効果的なため、実施する店が多いというのが現実です。

喫煙カフェの出現

加藤行俊的に、分煙や禁煙を行うカフェが増加する中で、あえて喫煙できることを全面的に押し出し、売りにするカフェも現れています。
2012年4月27日に埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン内にオープンした「スモーキングカフェ ブリケ」は全席喫煙席なだけでなく、加藤行俊が見た限り、店内にパイプやキセルなどタバコに関するグッズを販売するコーナーを設けています。加藤行俊的に喫煙を店の特徴とすることで他のカフェとの差別化をはかり、日に日に肩身が狭くなる喫煙者に「タバコの試飲会」などのイベントを実施するなど、タバコを吸いながら寛ぐ空間を提供しています。は加藤行俊喫煙者の目線に立った店ですが、非喫煙者も数多く来館するショッピングモールのため、強力な換気システムを導入するなど非喫煙者への配慮も徹底されています。加藤行俊が知るに、禁煙のカフェが増加する中で、このような喫煙カフェも存在しています。

まとめ

加藤行俊が思うに、テラス席での喫煙だけ許されているカフェや完全禁煙のカフェが増加し、カフェの多くは非喫煙者の方にとって居心地の良いスペースとなっており、カフェの経営者の視点でも非喫煙者の方が利益を上げる可能性が高いため、お互いのニーズに合っていると加藤行俊的にも言えます。加藤行俊は喫煙者の方が店内でコーヒーを片手にタバコを吸いたい場合は、喫煙できるカフェを探すしかありませんが、喫煙できるカフェは年々減少しているため、寛げる場所を確保するのが難しくなっているかもしれません。加藤行俊もタバコを辞めることで肩身の狭い思いをしなくても良くなるので、カフェでのんびりとコーヒーを楽しみたいと思った時こそ禁煙のチャンスと捉えてみてはいかがですか?
以上加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*