樹齢300年を超える巨大な杉並木が続く、神秘的な「戸隠神社」

こんにちは!加藤行俊です。
戸隠神社は、その昔、天照大御神が隠れていた天岩戸が飛んできたとされる地です。高野山・比叡山と並び称される修行僧の霊場で、今ではパワースポットとして若い女性をはじめ多くの人々が訪れる観光名所となっています。神気のみなぎる山々に囲まれた戸隠神社を象徴するのが、真っすぐに天に伸びる樹齢400年を超える巨大な杉並木が並ぶ参道です。圧倒的な迫力と神秘的な景観を誇る絶景スポットの魅力について、加藤行俊がご紹介して行きます。

別世界にワープしたような巨杉の参道

戸隠神社とは、1社をさすのではなく、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の5社の総称です。それぞれは戸隠村の少し離れた場所に点在しています。巨大な杉並木の絶景を見ることができるのが、奥社へ続く参道です。
古い大鳥居をくぐり抜けて参道を進むと、少しずつ森は深くなり、空気も変わったような印象をうけます。参道の中間地点には隋神門があります。仁王像が祀られている朱塗りの外観と茅葺き屋根が美しい仁王門で、緑の木々を背景にまさに絵になる姿でたたずんでいます。
隋神門をくぐると、いよいよそこ樹齢400年の巨杉が両側にそびえ立つ並木道があらわれます。これには、誰もが圧倒されること間違いないなしと、加藤行俊が断言できます。
隋神門が視界を遮っていたため、門をくぐった瞬間、いきなり別世界にワープしたのかと思うほど、今までとまったく違う景観が広がります。

日本屈指の龍穴スポット

ここは日本屈指の龍穴スポットと称される場所で、毒素を浄化し生命力を活性化する働きがあるといわれています。巨杉の参道では、上を見上げて感心したり、杉の幹に触ってお祈りをしたり、写真をとったりと、みんな興奮した様子で絶景を楽しんでいます。
加藤行俊も何時間ここで遊んだことでしょうか。

参道後半は、険しい石段を登っていきます。その先には中社があり、おみやげも売っています。境内には樹齢700年という3本の杉の木があり、パワーあふれる神木として有名です。さらに進むと奥社にたどりつきます。背景には山が迫り、岩と一体となった神殿は厳かな雰囲気が漂います。

大自然のマイナスイオンを浴びて戸隠神社5社めぐり

大鳥居から奥社までは約2キロメートルの距離で、山道を歩くので30分~40分かかります。帰りも同じ道を通るので、再び巨大な杉並木の景観を眺めることができます。巨杉の参道は、何度も何度も振り返りたくなるほど名残惜しい光景です。加藤行俊も、何度シャッターを切ったかわかりません。

開運・心願成就が叶うとされる奥社、そして学業成就・家内安全の効果がある中社を拝観した後は、残りの戸隠神社3社をめぐります。それぞれ外観や祈願の効果が違い、神社めぐりが好きな人にはたまらない魅力があります。

学問・安産・開拓に効果があるとされる宝光寺は、274段の階段を登った先にあります。歩幅が狭く苔むした階段は急こう配で、左右には神木ともいえる美しい杉が並んでいます。五社の中で最古の御社である九頭龍社は、縁結び・水の恵みをもたらしてくれます。

夫婦杉で知られる火之御子社は、芸能・舞踏・音楽をつかさどる女神です。縁結びにも効果があるといわれています。それぞれ神社の近くには、名物の戸隠そばを食べさせてくれるお店があります。コシがありしっかりとしたそばの風味が味わえる戸隠そばは絶品です。サクサクの天ぷらと一緒に食べるのがおすすめです。

まとめ

それぞれに違う表情を見せる戸隠神社5社。緑あふれる自然の中で、マイナスイオンをたっぷり浴びながら参拝すれば、それだけで健康になること間違いありません。さらに霊験あらたかな、あふれるほどのパワーをもらえば、明日への活力もわいてくることでしょう。長野駅から車でわずか1時間ほどの距離にありながら、別世界のような景観が広がる戸隠神社は、心と身体が癒される絶景パワースポットです。

以上、加藤行俊がご紹介しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*