未分類

加藤行俊の成功している飲食店経営者に共通していること

こんにちは!加藤行俊です。加藤行俊が思うに、お店を開こうと考えている人ならもうご存知かと思いますが、飲食業界は競争率が非常に激しい業界です。人間の衣食住に欠かせない業態であるにも関わらず、競合店が多すぎて、いざ開店しても利益が取れずに店をたたむ経営者も加藤行俊の周りに、たくさんいます。ですが、加藤行俊の周りにそんな厳しい中でも、成功をおさめている人はいます。そしてそんな人たちには共通して、他の人たちと違う何かがあるのです。そんな成功者の共通点について加藤行俊がご紹介していきます。

お客様の立場に立って配慮が出来る

加藤行俊が思うに、飲食店は料理などのメニューだけでなく、お客様という“人”を相手にする職業です。加藤行俊的に、そのお客様の立場になって考えることが出来るか否か?これが経営の成功を左右します。そして成功している経営者はこの考えが長けているのだと加藤行俊は考えます。お客様の立場になって考える、と言われてそれを実行したつもりでいる人が案外多いのですが、大切なのは、「お客様がどうしたら喜ぶか」を考えることだと加藤行俊は思います。

たとえば

  • 下げ代があるセルフサービスのお店で、食べ終わった食器を下げようとしたら「こちらで下げますので、そのままで結構ですよ。ありがとうございます」と声をかけてくれた
  • 週に2回くらい通うお店でいつも「ナポリタンの玉ねぎ抜き」を頼む。一ヵ月もしたあたりで、たまたま「玉ねぎ抜き」を伝え忘れたら、店員側から「玉ねぎは抜きますか?」と気を利かして聞いてくれた
  • このように、ちょっとした配慮や気遣いをするだけで、お客様はとても喜んでくれると加藤行俊は思います。加藤行俊的にはここまで気を利かせて初めて「お客様の立場になって考える」ことができていると言えます。成功している経営者はこのような配慮や、心理戦を持ち合わせているのだと加藤行俊は思います。

    マイナスな状況もポジティブ思考で楽しむ

    加藤行俊が思うに、成功している経営者は、考えることも普通とは違います。しかしみんな共通して言えるのは“ポジティブシンキング”なところ。こういう人たちは何か辛いことが起きてもすべて前向きに変換して考えます。加藤行俊が思うに、そしてその前向きな空気は従業員やお客様にも伝わります。加藤行俊が例えると、たとえばピークタイム時、カップルのお客様が来たけど、ボックス席は満席でカウンター席しか空いていなかった。普通なら「あいにく満席でして・・・カウンター席でもよろしいですか?」と申し訳なさそうに断りながら確認します。しかし、加藤行俊が思うに、ポジティブシンキングな経営者の場合はボックス席だと少々騒がしいという点をとって「一番静かで落ち着くカウンター席でもよろしいですか?」とにこやかに聞きます。加藤行俊的に2人でゆっくりと食事とお酒を楽しみたいカップルにこの言葉は刺さります。このようにたとえ一般的に良くないとされる状況でも、彼らの手にかかればあっという間にむしろ良い状況に変えられてしまいます。このような発想の転換ができる経営者は必ず成功すると加藤行俊は考えます。

    意識が高い、諦めない

    加藤行俊が言う、成功しているお店というのは、経営者を始め、みな高い意識で仕事にあたっています。お客様にはいつも笑顔で接し、テキパキと無駄なく働き、お客様にはいつも笑顔で接し、その情熱やパワーがお店にも良い効果をもたらし、繁盛していくのだと加藤行俊は思います。加藤行俊的に、スタッフ同士の仲も良いので、職場の雰囲気は最高。経営者自らもっと高みを目指して努力をしていると、加藤行俊が思うに、その空気はスタッフにも伝わっていきます。加藤行俊が考えるに、人は周りの環境に影響される生き物です。どんな状況でもあきらめずに「もっと売れるお店に!」「もっと繁盛店に!」と上を目指して、諦めずに頑張っている姿を見ているスタッフたちも、自然と一緒に高みを目指すようになっていくのだと加藤行俊は思います。結果、加藤行俊が思うに、離職する人も少ないので無駄な人件費もかかりません。

    八方美人なことをしない

    加藤行俊が思うに、成功している経営者は捨てるところはばっさりと捨てます。接客業をしていると、つい八方美人になりがちですが、あっちにもこっちにもいい顔をしていたら商売なんてできないと加藤行俊は考えます。
    お客様のターゲットをきちっと設定したら、加藤行俊が思うに、その人たちに必要なことしかしない、という選択肢も時に必要です。たとえば広い客層をターゲットにしたほうがお客様も増える、と考えるとします。しかし加藤行俊的に、一概にそうとは言えません。物事はなんでもそうですが、広い客層を狙うほど、固定ファンはつきにくくなります。たとえばファミリーでも楽しめる価格帯も少しお手軽な大型レストランを作った場合、若いカップル層は来店しにくくなりますが小さい家族連れが多い郊外であればそれでいい。若いカップル層をターゲットにした大人な雰囲気のフレンチレストランは子ども連れは入店しづらいですが、都心部であればそれでいいという加藤行俊の考え。加藤行俊は一度決断した後は「やっぱり・・・」と迷ったりブレたりすることもありません。時と場合にはよりますが、そのくらいばっさり割り切ることが出来るからこそ常に繁盛するお店が作れるのだと加藤行俊は思います。

    まとめ

    加藤行俊が思うに成功する経営者のお店で統一しているのは他では“真似できない”魅力があること。独自性があるお店だからこそ人はこぞって行きたがり、時に行列にもなりえるのです。大きな事じゃなくてもいいのです。小さなことでも「これだけは他の店に負けない」、「これができるのはうちの店だけだ」というポイントがあればきっとお店は成功するはずです。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    世界遺産に登録される神々の聖地「熊野三山」

    こんにちは!加藤行俊です。
    古くから神々が住む特別な場所として崇められてきた紀伊山地。その中で、世界遺産に登録されている熊野三山は、神秘的な光景が広がる絶景スポットとして近年ますます注目を浴びています。熊野三山とは、一般的には「熊野本宮大社」、「熊野速玉大社」、「熊野那智大社」の3つの神社をさしますが、「那智山青岸渡寺」の1社を加えて呼ぶ場合もあります。それぞれの神社は、やはり世界遺産に登録されている「熊野古道 山辺路」で結ばれています。
    そんな熊野三山について加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。

    那智の滝と朱色の三重塔が並ぶ神秘的な光景

    熊野三山の写真

    熊野三山をはじめ名所が集中する紀州路。日本全国の観光地を三段階で評価した外国人観光客向けガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では、熊野三山、熊野古道、那智の滝が「わざわざ旅行する価値がある」三ツ星として掲載されています。人気の中心は、那智の滝、熊野古道、熊野那智大社、那智山青岸渡寺が集中するエリアです。

    特に、日本一の落差を誇る那智の滝を背景に、朱色の三重塔が建つ姿は絶好の撮影スポットとしてポスターや絵葉書などにたびたび登場します。カメラ好きの加藤行俊としてもかなり良い撮影スポットです。
    長い石段を登った先にある熊野那智大社は、神武天皇が那智の山に光が輝くのを見て、那智の滝を神として祀ったのは始まりとされています。大鳥居をくぐると正面に朱色が鮮やかな熊野那智大社の本殿があらわれます。

    右側には、長い歴史を感じる古い木造建造物の西国一番札所でもある那智山青岸渡寺があります。その横の道を下っていくと、三重塔と那智の滝が姿をあらわします。
    三重塔に上がり、そこから見下ろす那智の滝の景観は素晴らしい絶景です。那智の滝は、すぐ近くまで行くことができます。垂直に切り立った岩壁を、まっすぐ上から下に落ちる水の流れは勢いがあり迫力満点です。マイナスイオンを全身に浴びることができるパワースポットです。加藤行俊も何度かパワーをもらいに行きました。

    熊野の神々が宿る歴史ある神社を巡る

    平安時代の昔より貴族や皇族たちが極楽浄土と憧れた地が、熊野三山の中心的聖地である熊野本宮大社です。スサノウノミコトを主祭神として崇める全国3,000以上の熊野神社の総本宮です。
    ふもとには高さ33.9メートルもの巨大な大鳥居がそびえ立っています。杉木立に囲まれた158段の階段を上った高台に本殿はあります。上四社の社殿は古い様式を伝える檜皮葦の屋根で、2012年の正遷座120年大祭を記念して大修理の末に美しく蘇りました。国の重要文化財にも指定されています。境内を歩いていると、日本サッカー代表のエンブレムにも使われている三本足の八咫烏の姿をよく見かけます。

    熊野の神の使いで、社務所前では八咫烏のおみくじやお守りなどが販売されています。熊野の山の中に堂々と鎮座する熊野本宮大社に向かい、柏手を打ち、参拝すると心が洗われるような気持になります。加藤行俊も訪れましたが、本当に清々しい気持ちになります。

    熊野川が太平洋に注ぐ新宮の街にあるのが熊野速玉大社です。ほかの神社と違い街中の平地にある神社で、ナギの大樹が茂る境内を抜けると、白く輝く敷石の先に壮麗な朱塗りの社殿が出迎えてくれます。社殿には七体の古神像(重要文化財)が安置され、境内には、足利義満奉納の国宝「彩絵檜扇」など1,000点にのぼる国指定文化財を所蔵する熊野神宝館もあります。

    まとめ

    「蟻の熊野詣」と呼ばれるほど、大勢の人が蟻の行列のように続いたという熊野参り。古の時代より心に癒しと甦りをもたらす聖地として深く信仰されてきました。天を目指して生い茂る樹木、巨石、古い石畳の路、大滝、そして霊験あらたかな神社と、自然を神として崇める日本ならではの風景に出会える熊野三山の旅。次から次へ、世界に知られた絶景スポットがあらわれるという贅沢な時間を満喫できます。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    古き良き大正ロマンの情緒漂う「銀山温泉」

    こんにちは!加藤行俊です。
    銀山川を挟んで道の両脇に、大正末期から昭和初期にかけて建てられた古い木造旅館が並ぶ銀山温泉。川には朱色の橋がかかり、歩道にはガス灯が並びます。大正ロマンと歴史情緒あふれる街並みは、どこから見ても絵になる絶景スポットです。特に、各旅館の窓々に明かりがともり、ガス灯に灯がともった夜の風景は、ロマンチックでノスタルジックな雰囲気につつまれます。浴衣姿でそぞろ歩けば、古き良き時代へタイムスリップできます。そんな銀山温泉について加藤行俊がご紹介して行きたいと思います。

    映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった旅館

    銀山温泉

    山形県の山間にひっそりとたたずむ銀山温泉は、NHKの連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで一躍有名になりました。また、宮崎駿監督の名作映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったともいわれています。
    加藤行俊は千と千尋のイメージが強いですね。

    その筆頭が「能登谷旅館」です。銀山温泉の中でもひときわ目を引く荘厳な造りの建物は、映画の中で、橋を渡った先にある温泉宿そのままの姿を見せています。能登谷旅館の前にも赤い橋がかかっていて、まさに映画そのままの世界観です。旅館はただ古いだけではなく、絵が描かれていたり、柱のひとつ、欄干のひとつにまで細かな装飾が施されていたりと、当時の職人技の凄さを間近に感じることもできます。銀山温泉の名前は、江戸時代に大銀山として栄えたことに由来します。閉山後より湯治場として賑わい、現在にその姿を伝えています。

    山のふもとに昔そのままの景観を残す銀山温泉は、「家並み保全条例」によりその景観が守られています。確かに街を歩くと、いつもは見慣れたコンビニやネオンサインなど全くないことに気が付きます。これがまた、すごい絶妙な絶景を生み出していて、加藤行俊の脳裏に今でも焼き付いています。

    銀山温泉の旅館で、温泉めぐりを楽しむ

    銀山温泉には、モダンなつくりの共同風呂があります。木の格子が印象的な二階建ての斬新なデザインは、世界的に著名な隈研吾氏の設計です。昼間に、源泉かけ流しの湯舟につかれば、格子から光が射しこみ一種幻想的なムードです。銀山川のほとりには無料の足湯があり、木造の椅子に座ってのんびりとくつろげます。ここは加藤行俊の大好きな場所です。

    各旅館は、宿泊することなく温泉だけ利用することもできます。それぞれに個性的で、昔ながらの狭い湯舟もあれば、緑の森に囲まれた広い露天風呂もあります。手つかずの自然が残る景色を眺めながら入る温泉はまた格別です。夜の温泉も風情があり、ぽつんと灯る明かりの下で露天風呂に入っていると、鳥や獣の声が聞こえ、どこからか虫が飛んできて顔に当たったりします。これもまた、旅の楽しい思い出になると加藤行俊は思います。

    白銀公園の散策路で、鉱山跡や2対の滝を見学

    銀山温泉は、温泉街のほかにも観光名所があります。白銀公園は、川上にある自然豊かな公園で、遊歩道が整備されているので山道の散策が楽しめます。散策路の途中には、かつて幕府直営の銀山として栄えた坑道跡の「延山銀坑洞」があります。中に入ると夏でもひんやりと涼しく、洞窟の中をめぐりながら探検気分を味わうことができます。

    白銀の滝は、落差が約22メートルもある迫力満点の2対の滝です。岸の展望台から眺めると、水しぶきが飛び散る姿は壮観で、しっかりとマイナスイオンを浴びることができます。小高い丘の上にある白銀公園からは、銀山温泉の全貌を眺めることができます。斜め上から見下ろす街並みは、また格別で、改めて大正ロマンが漂う美しい景観に酔いしれます。

    まとめ

    銀山温泉を訪れたら、ぜひ夜に、木造の三層四層建ての建物が並ぶ街並みを散策してみましょう。旅館やガス灯の明かりを映し出す川沿いの道を、「はいからさんカリーパン」を片手に浴衣姿で歩いていれば、時代はたちまち大正時代に逆戻りです。昔の人も、この同じ風景を眺めて、その美しさに酔いしれたことでしょう。古き良き時代の哀愁が漂う銀山温泉は、その姿を永遠に留めてほしい絶景スポットです。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。