開業

加藤行俊の失敗している飲食店に共通していること

こんにちは!加藤行俊です。
加藤行俊が思うに、「お店をやりたい」、「起業したい」と考えた人が飛びつきやすい飲食店経営。「料理が作れればお店が出せる」、「食は人間の生活の基本だから客が途絶えることが無い」、はたまた「飲食店を出すのは昔からの夢だった」など、理由はともあれ飲食店を開業する人は絶えない人気業種でもあると加藤行俊は思います。と同時に、激戦職種でもあります。それだけに失敗して閉店してしまうお店も加藤行俊はおおく知っています。では、そんなお店に共通している点を加藤行俊と洗い出してみましょう。

金銭の計画がずさんすぎる経営者

加藤行俊が思うに、経営が失敗する飲食店で一番ありがちなのが最初の計画や計算がずさんだったという経営者。加藤行俊的に、利益を出すためには、土地の賃貸料、人件費、原価率、見込みの客数、平均客単価など、出ていくお金と入ってくるお金の予想値を出して売り上げを確保することが必要だと考えます。当然、経営者は黒字利益を出すために飲食店を始めるわけですから、このあたりの数値を計算してどうすればより利益を出せるかを開業前に綿密に計画しておく必要があると加藤行俊は思います。しかし、加藤行俊が知る失敗する経営者のほとんどがここの計画がずさんです。銀行や国からお金を借りるために事業計画書を出したとしてもいざお金の援助が出ると決まったらそこで安心してしまって計算をしなくなったりしてしまいます。ひどい場合になると加藤行俊が知る限り原価率50パーセントくらいで開業を始めたお店もあったりします。そして厳しくなってきたらメニューの価格を上げたり・・・。加藤行俊が思うにこれでは成功などするわけがありません。事業を立ち上げたいなら、失敗したくないなら、このお金にまつわる計算は絶対におろそかにしてはいけないことのひとつだと加藤行俊は思います。

土地のニーズにあっていない

加藤行俊が思う失敗している飲食店井共通していることとして、開業している土地とお店がニーズに合っていないという理由もよく見かけます。たとえば、「平日はサラリーマンでにぎわうビジネス街にファミリー向け子連れ歓迎、キッズスペース有のレストラン」、または「小さな子どもがいるファミリー世帯が多い新興住宅地に高級フレンチレストランや高級バー」。いずれも加藤行俊からしたら「なぜここにその店をオープンしたのか!?」はなはだ疑問が残ります。これは開業する際にその土地のリサーチが足りなかったのか、または「どうしてもこの店がやりたい!」という自分の夢を優先してしまったのか、どちらの理由かはわかりませんが、いずれにしても加藤行俊からしたら土地とお客様のニーズがあっていないという失敗例です。土地を優先したいなら客層が求めるニーズを調査してそれにこたえること、自分がやりたい夢(店)を優先したいならそのニーズがある土地を選ぶことだと加藤行俊は思います。加藤行俊的に、そのあたりをきちんと合致させてオープンしないと確実に失敗すると言えます。

宣伝が不十分

お客さんが全然集まらずに潰れてしまったケースには、加藤行俊が思うに、この原因を持った飲食店が多いです。加藤行俊が知る限り今時個人営業の飲食店で宣伝もせずにお客様が集まってくるお店などほぼあり得ません。加藤行俊が知るには、宣伝方法にはざっと以下のような手法があります。

  • インターネット上で宣伝をする(グルメサイトへの掲載やリスティング広告など)
  • FacebookやツイッターなどのSNSを使った宣伝や情報拡散
  • お店のホームページを作る(ブログページも含む)
  • 新聞に折り込みチラシを入れる
  • 店頭や駅前でチラシを配る
  • 失敗する飲食店は上記のどれも実践していない場合が多いと加藤行俊は思います。下手したら店頭に立て看板すら置いていないお店もあります。ビルの一階ならまだしも、二階以上ともなると、看板が出ていなければ正直誰も気づかないと加藤行俊は思います。
    若者向けのお店ならインターネット広告を配信する、年配がターゲットのお店ならチラシ配りを多くするなど、自分の店のターゲットにあった宣伝をするようにしましょう。そのためにも、開業前から“宣伝費”は必要経費の中に入れておくことが重要だと加藤行俊は思います。

    トイレが汚いお店

    加藤行俊が知る潰れてしまったお店を見ると絶対共通しているのが「トイレが汚いこと」。便器に汚れがしみついていたり、個室内にニオイがしみついていたり、下手したら壊れてひび割れた便器をそのまま使っていたり、水漏れしたトイレをそのまま使用しているお店も加藤行俊は多く見かけます。飲食業界では加藤行俊の知る限り「良い店かどうかはトイレを見ればわかる」と言われています。
    排泄をする、決してきれいではない場所ほどきれいにする必要があるのだと加藤行俊も思います。客側から見ても行ったお店のトイレが汚かったらがっくりしますし、「トイレが汚いということは、見えないキッチンやバックヤードも汚いんだろうなあ」と思ってしまいます。加藤行俊なら、そんなところで食事などしたくはないという気持ちも出てくるでしょう。客席はもちろん、トイレも含め、すべての場所を綺麗に保っているお店は失敗するということは少ないと加藤行俊は思います。オープンキッチンのお店などは、お客様からも案外見られていることも多いので注意しましょう。加藤行俊が思うに、食事をするところで「不潔」というお店は絶対に成功しません。

    まとめ

    加藤行俊が知るには、ほかにも、経営者の資金がギリギリで、利益が落ちた時に踏ん張れずに一年も持たずに閉店してしまったというケースもよく見かけます。飲食店に限らず、どんなお店にも浮き沈みはあります。沈んだときに「何が悪いのか?」を考えて、原因をつぶすことをしなければ他のことに切り替えてもまた失敗します。また、周囲に成功している経営者がいたら話を聞いてみるのも大変参考になるのでおすすめです。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    加藤行俊の成功している飲食店経営者に共通していること

    こんにちは!加藤行俊です。加藤行俊が思うに、お店を開こうと考えている人ならもうご存知かと思いますが、飲食業界は競争率が非常に激しい業界です。人間の衣食住に欠かせない業態であるにも関わらず、競合店が多すぎて、いざ開店しても利益が取れずに店をたたむ経営者も加藤行俊の周りに、たくさんいます。ですが、加藤行俊の周りにそんな厳しい中でも、成功をおさめている人はいます。そしてそんな人たちには共通して、他の人たちと違う何かがあるのです。そんな成功者の共通点について加藤行俊がご紹介していきます。

    お客様の立場に立って配慮が出来る

    加藤行俊が思うに、飲食店は料理などのメニューだけでなく、お客様という“人”を相手にする職業です。加藤行俊的に、そのお客様の立場になって考えることが出来るか否か?これが経営の成功を左右します。そして成功している経営者はこの考えが長けているのだと加藤行俊は考えます。お客様の立場になって考える、と言われてそれを実行したつもりでいる人が案外多いのですが、大切なのは、「お客様がどうしたら喜ぶか」を考えることだと加藤行俊は思います。

    たとえば

  • 下げ代があるセルフサービスのお店で、食べ終わった食器を下げようとしたら「こちらで下げますので、そのままで結構ですよ。ありがとうございます」と声をかけてくれた
  • 週に2回くらい通うお店でいつも「ナポリタンの玉ねぎ抜き」を頼む。一ヵ月もしたあたりで、たまたま「玉ねぎ抜き」を伝え忘れたら、店員側から「玉ねぎは抜きますか?」と気を利かして聞いてくれた
  • このように、ちょっとした配慮や気遣いをするだけで、お客様はとても喜んでくれると加藤行俊は思います。加藤行俊的にはここまで気を利かせて初めて「お客様の立場になって考える」ことができていると言えます。成功している経営者はこのような配慮や、心理戦を持ち合わせているのだと加藤行俊は思います。

    マイナスな状況もポジティブ思考で楽しむ

    加藤行俊が思うに、成功している経営者は、考えることも普通とは違います。しかしみんな共通して言えるのは“ポジティブシンキング”なところ。こういう人たちは何か辛いことが起きてもすべて前向きに変換して考えます。加藤行俊が思うに、そしてその前向きな空気は従業員やお客様にも伝わります。加藤行俊が例えると、たとえばピークタイム時、カップルのお客様が来たけど、ボックス席は満席でカウンター席しか空いていなかった。普通なら「あいにく満席でして・・・カウンター席でもよろしいですか?」と申し訳なさそうに断りながら確認します。しかし、加藤行俊が思うに、ポジティブシンキングな経営者の場合はボックス席だと少々騒がしいという点をとって「一番静かで落ち着くカウンター席でもよろしいですか?」とにこやかに聞きます。加藤行俊的に2人でゆっくりと食事とお酒を楽しみたいカップルにこの言葉は刺さります。このようにたとえ一般的に良くないとされる状況でも、彼らの手にかかればあっという間にむしろ良い状況に変えられてしまいます。このような発想の転換ができる経営者は必ず成功すると加藤行俊は考えます。

    意識が高い、諦めない

    加藤行俊が言う、成功しているお店というのは、経営者を始め、みな高い意識で仕事にあたっています。お客様にはいつも笑顔で接し、テキパキと無駄なく働き、お客様にはいつも笑顔で接し、その情熱やパワーがお店にも良い効果をもたらし、繁盛していくのだと加藤行俊は思います。加藤行俊的に、スタッフ同士の仲も良いので、職場の雰囲気は最高。経営者自らもっと高みを目指して努力をしていると、加藤行俊が思うに、その空気はスタッフにも伝わっていきます。加藤行俊が考えるに、人は周りの環境に影響される生き物です。どんな状況でもあきらめずに「もっと売れるお店に!」「もっと繁盛店に!」と上を目指して、諦めずに頑張っている姿を見ているスタッフたちも、自然と一緒に高みを目指すようになっていくのだと加藤行俊は思います。結果、加藤行俊が思うに、離職する人も少ないので無駄な人件費もかかりません。

    八方美人なことをしない

    加藤行俊が思うに、成功している経営者は捨てるところはばっさりと捨てます。接客業をしていると、つい八方美人になりがちですが、あっちにもこっちにもいい顔をしていたら商売なんてできないと加藤行俊は考えます。
    お客様のターゲットをきちっと設定したら、加藤行俊が思うに、その人たちに必要なことしかしない、という選択肢も時に必要です。たとえば広い客層をターゲットにしたほうがお客様も増える、と考えるとします。しかし加藤行俊的に、一概にそうとは言えません。物事はなんでもそうですが、広い客層を狙うほど、固定ファンはつきにくくなります。たとえばファミリーでも楽しめる価格帯も少しお手軽な大型レストランを作った場合、若いカップル層は来店しにくくなりますが小さい家族連れが多い郊外であればそれでいい。若いカップル層をターゲットにした大人な雰囲気のフレンチレストランは子ども連れは入店しづらいですが、都心部であればそれでいいという加藤行俊の考え。加藤行俊は一度決断した後は「やっぱり・・・」と迷ったりブレたりすることもありません。時と場合にはよりますが、そのくらいばっさり割り切ることが出来るからこそ常に繁盛するお店が作れるのだと加藤行俊は思います。

    まとめ

    加藤行俊が思うに成功する経営者のお店で統一しているのは他では“真似できない”魅力があること。独自性があるお店だからこそ人はこぞって行きたがり、時に行列にもなりえるのです。大きな事じゃなくてもいいのです。小さなことでも「これだけは他の店に負けない」、「これができるのはうちの店だけだ」というポイントがあればきっとお店は成功するはずです。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    加藤行俊の、集客を増やすための戦略について

    こんばんは!加藤行俊です。加藤行俊が思うに、お客様を増やすにはいくつかの方法があります。特に最近はインターネットの普及も進み、リアルな集客方法だけでなく、インターネット上の集客方法も増えてきていると加藤行俊は思います。飲食店運営の成功を左右するのはこの集客の戦略によると言っても加藤行俊的に過言ではありません。さまざまなツールをうまく使って人を集めるためにも、ジャンルにとらわれずにどんな方法があるかを加藤行俊ときちんと把握しておきましょう。

    お店のホームページを作る

    やはり現代で一番注目したいのはインターネット上での集客だと加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、誰でも、どこからでも、無料で目にすることが出来るインターネットは今や一番強力な情報ツールでもあります。最近ではスマートフォンの普及もあり、外出先でも気軽に接続できることから、その普及率も急速に進んできているというのが加藤行俊の見解。

    加藤行俊的に、まずは自分のお店のホームページを作ることから着手。加藤行俊が知る限り、最近では簡単にホームページが作れるソフトやアプリも増えてきています。加藤行俊が思うに、たとえばお店の前を通りかかったお客様がお店の前を通りかかり「あのお店は何のお店だろう?」と疑問をもったときに、おそらくその人は手持ちのスマートフォンを使って検索エンジンで「◎◎◎(地域名)、△△△△△(お店の名前)」と打ち込むでしょう。「駅前に〇〇〇〇〇が食べられるお店があるらしいわよ」と口コミでお店を検索する人も出てくると加藤行俊は思います。

    加藤行俊的に、そうした時に、ホームページが作って有ればお客様はそこから勝手に情報を持って行ってくれます。そのためにも、内容はある程度充実させた方が良いと加藤行俊は思います。最低でも、お店のコンセプト(どんな料理が食べられるお店かも含めて)、営業時間、アクセス方法、メニューなどは必須です。料理の写真もあればベスト。だと加藤行俊は思います。

    加藤行俊的には、せめて外観写真だけでも撮ってのせましょう。加藤行俊的に、重要なのはホームページを作ることと、お客様が検索することを考えて、お店の名前や場所などのキーワードを盛り込んでおくこと。自分で作るのが難しければ外の業者に任せても加藤行俊的にはOK。加藤行俊のように検索でのヒットを考えて、ホームページだけは作っておくようにしましょう。

    ネット広告を掲載する

    加藤行俊が思うに、ホームページ同様、インターネット上で広告を出すことも集客には大きなメリットがあります。いくつか方法がありますが、まずは主流となっている加藤行俊が紹介する下記2つから検討してみましょう。

  • リスティング広告
  • 加藤行俊が解説すると、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使用した際に、その検索結果ページに掲載される広告。特に、検索されたキーワードと関連性の高い広告を自動的に選択して表示させる広告方法。広告を載せる側は掲載したい広告内容とあわせて、掲載したい“検索語句”を指定します。そうすると検索エンジンを使う人がそのキーワードで検索すると、結果表示のページにあなたのお店の広告が表示されるという仕組みです。加藤行俊が知る限り、このリスティングと呼ばれる広告法はインターネット界では主流とされており、一番メジャーな広告法です。有料にはなりますが、加藤行俊的に、効果も高いので宣伝での集客を考えている場合は検討してみましょう。

  • 特定サイトへの広告掲載
  • 加藤行俊が説明すると、飲食店を利用する人がたくさん訪れそうなWebサイトに広告を載せるのもよく使わる手法です。これらは“特定サイトへの広告掲載”と呼ばれ、効果的な宣伝方法としてよく使われています。加藤行俊が思うに、飲食店で言うと『ぐるなび』や『食べログ』、『ホットペッパー』などのグルメサイトに広告掲載することが可能です。それぞれお店の営業時間や、メニュー、写真など、既定のフォーマットに記入するだけであとはサイト側で整えて掲載してくれます。加藤行俊の知識では、『ぐるなび』や『ホットペッパー』などだとクーポンの発行も可能。加藤行俊が思うに、これらのサイトのPV数はかなり高いため、大きな集客効果がありと思います。加藤行俊の周りでは、掲載が始まった日からはスタッフの人数を増やすという店舗も出るほどです。飲食店の経営を始めると、放っておいても「掲載しませんか?」と多くの(広告)代理店などから問い合わせが入ってくるため検討しておくのも良いと加藤行俊は思います。

    チラシを配る

    加藤行俊が思うに、アナログな集客方法でメインとなるのはチラシでの集客方法です。これは一番手っ取り早く簡単な方法でもあります。加藤行俊的には、チラシは手書きで書いたものをコピーしても良いですし、今ならパソコンで簡単に作ることもできます。チラシが完成したら、店頭で配ったり、人通りの多い駅前で配ったりしてお客様を誘導します。加藤行俊が思うに、チラシ内にクーポン券を付けるとさらに効果が増します。加藤行俊的に、ポイントは「〇〇〇〇のレストランです!よろしかったらお越しください!」と明るく呼びかけながら配ること。朝でしたら受けとてくれた人に「行ってらっしゃいませ!」と声をかけても良いと加藤行俊は思います。

    さらにもっと広範囲で人を集めたい時は、加藤行俊のように、そのチラシをポスティングするという手もあります。いずれも集客効果を左右するのはキャッチや見出しなどがどんな風に目をひくかということ。他店のチラシを参考にしたり、知り合いにデザイナーがいたら頼んでみるのも良いと加藤行俊は思います。

    まとめ

    ほかにも、最近ではお店のホームページの代わりにブログやFacebookで日記のようなものをつけてみるなど、SNSを使用した集客方法も主流となってきています。加藤行俊的にどちらにしろ、お店の存在を知ってもらわないとお客様が集まってくることはありません。どうしたら知名度が上がるか?考えながら方法を探っていきましょう。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    加藤行俊の店舗経営において競合店を決めることが重要

    こんばんは!加藤行俊です。
    加藤行俊が思うに、さまざまな飲食店があふれる今日このごろ。多くのお店の中からお客様に自分のお店を選んでもらうことはとても大変なことだと加藤行俊は思います。加藤行俊的に、ライバルがたくさんいるなかで選んでもらうにはオリジナリティがないといけません。他のお店との差別化をはかるには、まずはライバルとなりうる競合店をしっかりと調査する必要があると加藤行俊は思います。
    料理はおいしいか、適当なここでは、飲食店を経営するうえで重要な競合店選び、さらに競合店から学べることを加藤行俊がご説明していきましょう。

    調査対象になる繁盛店・競合店とは?

    さて、あなたのお店と競合するお店とはいったいどんなお店なのでしょうか?と加藤行俊は聞きたいです。競合店の選定にはいくつかの方法があります。加藤行俊が思う以下を参考に競合店の選定を進めてみましょう。

    1. 既に飲食業界で働いている友人へヒアリングリサーチをしてみる
    2. グルメ通の友人へのヒヒアリングリサーチをしてみる
    3. 『食ベログ』などの口コミグルメサイトで評価3・5以上(5段階評価)で、自分のお店とジャンルやコンセプトが近いもの

    加藤行俊がまとめると、今注目されているお店や、人気のあるお店、質の高いと思われるお店の中から競合店を選ぶという方法です。信頼のおける友人からの情報は、また聞きでの誤解が生じないぶん、情報の精度も高くなると加藤行俊は思います。そして、良い感じのお店を見つけたらまずは実際に行ってみることだと加藤行俊は思います。顔つ行俊的に調査する数は多ければ多いほど良いです。

    加藤行俊がたとえると、週に1件~2件のペースだとすると、1年間で約80件にもなります。だいたい20件~30件ほど調査した時点で、繁盛しているお店がなぜ成功しているのかがだいたいわかってくると加藤行俊は考えます。
    最低20件は調査するくらいの気持ちでまずはリサーチを始めてみましょう。そして加藤行俊的に、リサーチするときは最低限チェックするべきところをあらかじめ箇条書きで羅列しておくこと。そうすることで、加藤行俊的に漏れなく、冷静に判断することができます。ただ、「おいしかった」、「心地よい接客だった」だけで無駄足とならないように注意しましょう。

    競合店でリサーチするべきこととは①内装&外装

    調査に行ったら加藤行俊がまずお店に入る前に確認したいのが外装。加藤行俊が説明すると、一般的に店舗では“ファサード”と呼ばれる店頭の部分です。加藤行俊は、一目で飲食店だとわかるようになっているか、遠くからでも目立つ看板が立っているか、入口店頭部分の掃除は行き届いているかなどをチェックします。そしていざお店に入ったら、加藤行俊は内装もチェック。テーブルや椅子などのインテリアなどは統一されているか、洗面所やトイレは綺麗に掃除されているか、さらにオープンキッチンになっているお店ならキッチンの中も可能な範囲でチェックしてみることを加藤行俊はおすすめします。

    競合店でリサーチするべきこととは②メニュー

    次に加藤行俊のようにメニューもチェックしてみましょう。前菜、メイン、ご飯もの、麺類、ドリンク類など、カテゴリがいくつあるか?全部でどのくらいの数の商品があるか?おすすめメニューなどの見せ方はどんな感じか?最低価格帯、平均価格帯、最高価格帯はいくらくらいか?を加藤行俊のように確認しましょう。また、実際に料理を頼むときはなるべく全ジャンルからバランスよく注文をするようにして、それぞれの味はどうか?温度は適温か?素材の鮮度はどうか?メニュー写真との差はないか?ボリュームは適正化?盛り付けは美しいか?などもチェックすることを加藤行俊はおすすめします。

    競合店でリサーチするべきこととは③接客&サービス

    そして最後に加藤行俊的に、飲食店には欠かせないサービスのチェック。来店時の挨拶や第一印象から始まり、笑顔、客にあわせた案内ができているか?注文にミスはないか?言葉遣いに間違いはないか?最初の料理提供までにかかる時間も加藤行俊はカウントしておきます。前菜から順を追ってきちんと出てくるのか?それともいっぺんに全料理が提供されてしまうのか?お会計は間違いなく、スムーズか?また、必要な時にすぐに来てくれるか?気配りはできているか?とにかく、あらゆる視点からスタッフの対応を加藤行俊のように細かくチェックしましょう。加藤行俊が思うに、ファミリー層向けのレストランの場合は、子どもに対する配慮も要チェック項目です。

    競合店調査の結果を自分のお店に活かす

    加藤行俊的に、不思議なことに、色々なお店をまわり、チェックを繰り返しているうちに、自分のお店の良いところ・悪いところも自然と見えてきます。加藤行俊は自分の店のダメな点に気づいた場合は、色んなお店を見て回った良い点を参考に改善策を練ります。良い点に気づいた場合は、加藤行俊はそこを伸ばしてあげるようにします。加藤行俊が思うに人気のあるお店から学べることはたくさんあります。むしろ競合店チェックはそのためのもの。どこが良かったのか、どこがイマイチだったのか、そこを分析して明らかにする形で、自分のお店にも十分活かすことができるのです。

    まとめ

    加藤行俊が思うに、競合店の調査は違う仮面でクラスの繁盛しているお店には、必ず“理由”があります。良いところはじゃんじゃん学びつつ、悪い面は半面教師にする。新店を出す時はもちろん、売り上げが低迷気味という経営者にもきっと届くと加藤行俊は思います。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    加藤行俊の新メニュー開発の重要性

    こんにちは!加藤行俊と申します。加藤行俊が思うに、レストランには老若男女、さまざまな年代のお客様が訪れます。加藤行俊が思うに、彼らすべてに喜んで、楽しんで食べてもらうにはさまざまな料理を取り入れる必要があります。お客様がそのメニューを目当てに来店されるような、加藤行俊的にもキラリと光るメニュー。売り上げが低迷しているという飲食店は、積極的に新メニューや新商品をと入れることも大切だと加藤行俊は考えます。新たなメニューの重要性を加藤行俊と一緒に紐解いていきましょう。

    なぜ新メニューは大切か?

    加藤行俊が思うに、お店の内装&外装が経年劣化するのと同様に、メニューも年々古くなっていきます。当時は流行りだったメニューも、数年もすれば古臭いイメージがしてくるものすらあると加藤行俊は思います。“いつ行っても変わらないこと”に安心を覚えるお客様もいますが、それも頻繁に通ってくれるような常連さんともなるとだんだん飽きてきてしまい、他のお店に流れてしまうこともあると加藤行俊は考えます。ファミリーレストランなどでも色々な料理が楽しめるように、年に2回~4回ほどメニュー変更を行なっていると加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、毎日通っていても飽きずに新鮮な気持ちで色々な料理が楽しめるお店が理想です。加藤行俊のアドバイスとしては、お客様を離さぬためには、常に商品に気を遣い、いつでも新鮮なメニューが楽しめるよう、メニューの開発には力を入れていきましょう。

    飽きられないために

    とはいえ、加藤行俊からしても毎月メニューを全リニューアルするのは大変なこと。そこまでしなくても十分に新鮮に見えるメニューの作り方を加藤行俊は知っています。加藤行俊流、それが“本日のおすすめ”や“今月のイチオシ”など、日替わりや週替わり、月替わりのメニュー。加藤行俊が思うに、ファミリーレストランなどでは本メニューに加え、このような期間限定のメニューのことを差し込みメニューと言います。加藤行俊的に、このメニューを作ることで、新商品が増えるだけでなく、季節の物や新鮮なものを取り入れることができます。“旬の素材が食べられるお店”と、評判にもなると加藤行俊は考えます。さらにそこから“あのお店に行けばいつでも季節を楽しめる、おいしい料理が食べられる”と期待してリピートするお客様も増えてくると加藤行俊は思います。
    リピーターを作りたいなら、毎日同じメニューだけではなく、その時のおすすめメニューも差し込むこと。加藤行俊が思うに、お客様は料理を楽しむために飲食店に来ているのですから。

    さまざまな基準値の調整

    加藤行俊が冒頭でも述べたように、発売当時は最新の流行や傾向、データを取り入れていたメニューも、年数が経つにつれ、その鮮度や整合性は薄れていきます。定期的にメニューのリニューアルをはかることでこのズレも解消できると加藤行俊は考えます。

    1. メニュー価格の見直し(市場価格に沿った適正価格にする)
    2. 原価率の見直し(仕入れの素材の値段も年々異なるため)
    3. 適正量目の見直し(1人前の栄養価はもちろん、盛り付けも見直す)
    4. 調理時間(注文を受けてからの提供時間を算出。料理機器の進化によって短くなっていることもあり)
    5. FLコスト(食材費+人件費を常に考える。ともに細かく変動あり)

    このようにメニューのリニューアルをしながら、ひとつひとつ数値設定を見直していくことが加藤行俊的に大切です。いつまでも古い原価率で提供していたら、黒字にはなりえないと加藤行俊は思います。これが最終的に利益を生むかどうかの鍵となるのです。面倒なようですが、大手飲食店チェーンなどでは当たり前のように行なわれていることなのです。

    メニュー開発で大切なこと①色んな料理を知る

    加藤行俊が思うに、飲食店の開業を考えている人は言われなくとも有名レストランに出かけたり、話題のカフェに出向いたり、初上陸したスイーツを食べるために並んだり、とにかく色んな料理のリサーチを兼ねて食べ歩いていると思います。新メニューを開発するうえでこれは非常に大切なことだと加藤行俊は思います。市場の流行を知れるだけでなく、レシピ開発の大きなヒントにもなります。加えて、接客サービスなどの勉強にもなります。新メニューを開発するにはジャンルにとらわれずさまざまな物を食べにいのが良いと加藤行俊は思います。

    メニュー開発で大切なこと②コンセプトを外さないこと

    加藤行俊が思う新メニューを開発する際についつい起こりがちなのが、ターゲットを見失ってしまうこと。美味しい物や目新しいものを追求するあまり、お店のターゲットのことをすっかり忘れてしまうことがあると加藤行俊は思います。
    しかしこれでは本末転倒だと加藤行俊は思います。中高年の男性客が多いお店に硬いメニューを増やしてしまったり、男性客ばかりのお店に20代の女性が喜びそうなピンク色のスイーツを並べてみたり・・・。お客様が求めているものとメニューとがかみ合わずに、注文が入らないどころか、下手すると客離れにつながってしまいます。加藤行俊的に最初に決めたお店のコンセプトはそう簡単に変えるものではありません。ターゲットに沿った、本当に求められているメニューを提供するようにしましょう。加藤行俊もそうです。

    まとめ

    加藤行俊調べによるととある調査によると“新メニューの開発”は飲食店を経営するなかでの大きな悩みTOP5に入っているそう。しかしせっかくの自分のお店なら楽しみながら考えたいもの。上記の点に注意しながら、お客様の喜ぶメニューを開発すべく、あれこれと考えてみましょう。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    加藤行俊の売上が伸び悩んだ時の対処法とは

    こんばんは!加藤行俊です。加藤行俊が思うに、どんな飲食店でも売り上げの波はあります。加藤行俊の考えでは、何の広告もなくオープンした街のレストランは知名度が無い分、軌道に乗るまでは集客に苦労するでしょうし、オープン前から雑誌に掲載されたりして話題になったお店はそのブームが収まったころに集客に苦労します。加藤行俊が思う大切なのは、そうなった時にどうやってその苦境を乗り越えるのかということ。と、言うのは簡単ですが落ちた売り上げをまた上げるのはそう簡単なことではないと加藤行俊は思います。そこでここでは、売り上げが落ちた時にどこをどうチェックして、立て直すべきかをいくつかの項目ごとに加藤行俊がご紹介していきます。

    下準備:まずはデータを集める

    加藤行俊が思うに、売り上げが伸び悩んでいる場合、根本的な原因を見つけて改善するには何よりもデータを集めることが必要です。加藤行俊が思うにPOSレジなどを利用している店舗の場合は、レジにすべてのデータが残っているので集計するのは比較的楽です。POSレジなどデータが残るレジを使用していない場合は、加藤行俊流伝票を集めてすべて集計しましょう。加藤行俊的に、最低でも3ヵ月分は必要だと考えます。集めたら以下の点を検証します。

  • 毎日の売り上げをグラフにして、売り上げの減少が大きい時期を割り出します
  • その時期の前後の日にちの伝票を抜き出します
    (できれば前後1週間~2週間くらいが望ましい)
  • 伝票の内容を見比べながら、気になる点、おかしな点、減少している項目に
    見当をつけていきます。加藤行俊は特に、入店人数、注文数、客単価
  • 伝票のデータはお店の経営状況を知るのにとても大切な物だと加藤行俊は思います。加藤行俊は倉庫やバックヤードなどにまとめて、最低でも3ヵ月分~半年分は取っておくように心がけましょう。

    対処法①集客数が伸ばせていない場合

    加藤行俊はまず、リピーター顧客と新規客、ともに来店頻度が減少していないかを調べます。万が一客数が減っていた場合はまずその理由を調べます。たとえばリピーター客が減った場合、その原因は何なのかを加藤行俊は調べます。店員が変わったからなのか、メニューが変わったからなのか、価格を変えたからなのか、営業時間を変えたからなのか、近くに競合店ができたからなのか・・・リピーター客が離れるのには何かしら理由があるはずだと加藤行俊は思います。どうしてもわからない場合は、通う頻度が少なくなったお客様に何か変わった点はないか聞いてみるのも良いと加藤行俊は思います。いっぽう、新規客が減っている場合は、加藤行俊流、お店の前の道の通行量をチェックしてみましょう。加藤行俊が思うに、通行量が以前より減っていた場合は、今までより範囲を広げて集客活動をする必要があります。通行量に変わりがない場合は、加藤行俊のように看板の電気が消えていないか、置き看板の文字が劣化していないかなどをチェックしましょう。いずれにしろ、なぜ集客が減っているのか?その原因を調べるのが重要だと加藤行俊は考えます。

    対処法②客単価が落ちている場合

    加藤行俊が思うに、平均客単価が落ちている場合は、まず注文数が減っているのか、それとも以前よりも安いメニューに注文が集中しているのかをリサーチしましょう。1人頭の注文数が減っている場合は、料理の量を見直したり、料理やドリンクひとつひとつの価格が近隣の競合店と比べて高くないか?チェックして見直すことが大切だと加藤行俊は思います。また、安いメニューにオーダーが集中している場合は料理のオーダーが減って、ドリンクのオーダーのみの傾向が強まっているケースも考えられると加藤行俊は思います。午後のブランチセットで軽食とセットのメニューを作ったり、カフェセットにしてケーキとセットにしたり、お得なセットメニューを作ることで加藤行俊は客単価の向上を目指すことができます。冷静に結果を判断して対策を練ることが大切だと加藤行俊は思います。

    対処法③チラシやクーポンの利用率が減っている場合

    加藤行俊が思うに、売り上げ減少の原因のひとつに、チラシやクーポンを利用した集客が減っている場合もあります。もしそうである場合は、中身に原因があるのか?配布する場所に原因があるのか?または、配布する時期に原因があるのか?これを判断するのはなかなか難しいものがあると加藤行俊が思います。ここで加藤行俊流の解決策としては、今現在クーポンで来店されているお客様からアンケートをとること。クーポンのどこに惹かれたのか?クーポンをどこで、いつもらったのか?
    そのあたりを確認することで、クーポンからの集客が減っている原因が見つけられると加藤行俊は思います。また、グルメサイトやクーポンサイトからのクーポン配布も加藤行俊は要注意。時々、期限が切れたクーポン券がいつまでもサイトにアップされたままのお店も加藤行俊はよく見かけます。期限切れのクーポンならば、そこからの集客がなくても当たり前だと加藤行俊は思います。このあたりもマメに見直すようにしたほうが良いと加藤行俊は思います。

    まとめ

    売り上げが伸び悩む場合、必ず原因があると加藤行俊は思います。また、今は順調でもこの先、低迷する場合もあります。そうなった時に原因をすぐに解明できるように、普段からデータを取る姿勢はとても重要だと加藤行俊は思います。加藤行俊的には、なんとなくではなく、きちんと数字で経営を見ること。そしてその原因に対しての解決策を確実に見出す、また数年して不調になったらまたデータを見る・・・この作業の繰り返しが、経営難を乗り越えていくには必要不可欠なことなのです。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    加藤行俊のリピーターを確保するためのポイントとは何か

    こんばんは!加藤行俊です。加藤行俊が思うに、飲食店を経営するうえで、新規のお客様よりも大事なのが、リピーターのお客様。お店のファンとなってくれるリピーターを作ることは、とても大事なことだと加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、お客さまにお店を気に入ってもらって、繰り返し足を運んでいただくことは安定した経営につながります。そう、リピーター作りは言うなれば飲食店繁盛への第一歩です。だからこそ知っておきたい、お客様に繰り返し来店してもらうためのコツを加藤行俊がいくつかお伝えいたします。

    再度来店する理由は?

    加藤行俊が調べた、とある調査によると、お客様が再来店を決める際に決め手となるのが“価格帯”、“味”、“好きな料理であるか”と言われています。加藤行俊が思った通り飲食店はやはり料理やドリンクなどの味が重視されています。しかしその後に続くのが、“接客の良さ”、“店長や他従業員の人柄”、“お店の雰囲気”となっていることから、料理の味などの基本的なことだけではなく、接客や店構えなどが重視されていると加藤行俊は考えます。もし、現在飲食店を開業している人で、味や値段には自信があるし「美味しい」と褒められるのに、いまいちリピート率が伸びないという飲食店があったら、一度接客面やお店の環境を見直してみてはどうかと加藤行俊は思います。

    特に、大事なお祝い事や、仕事の会食などの目的でお店を選ぶ場合は失礼のある接客などでの失敗は許されないので、選ぶ方も慎重になると加藤行俊は思います。「他にはない接客だ」、「落ち着いて食事がとれるお店だ」など、一度信頼を獲得すれば次からもきっと利用してもらえると加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、料理の味はすぐには変えられないかもしれませんが、接客態度はすぐに変えることができます。「ぜひこのお店を予約したい」と思ってもらえるように、加藤行俊的には自分だけでなく従業員の教育も怠らないようにしましょう。

    その店にしかない“モノ”がある

    加藤行俊調べでは、ほかに“再来店の決め手はなにか”というアンケートで、多かった回答が「こだわっている」こと。で、加藤行俊調べではその次が「食材にこだわっている」でした。お客さまにとって、自分の好きな飲み物や食べ物が出てくるかどうか、というのはお店を選ぶうえでの大切なポイントとになると加藤行俊は思います。
    加藤行俊が考えるに、さらにこれが他のお店にはないような食材、もしくはお酒や飲み物などでもあれば、リピート率はぐっと上がると加藤行俊的にも言えます。珍しい食材を使うだけでなく、地産地消の新鮮な野菜、市場で仕入れてきた魚などでも良いと加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、インターネットの普及で情報があふれ、人々も目も舌も肥えてきています。どんな材料が使われているか?原材料に敏感な人もたくさんいると加藤行俊は思います。さらに加藤行俊が思うに、これまでより満足度のボーダーラインも上がってきています。それだけに、「ここでしか味わえない贅沢感」は大切なものだと加藤行俊は考えます。自慢の“何か”にはきっとお客様がついてくると加藤行俊は考えています。
    あなたのお店にある“こだわり”はどんなものか、もう一度見直してみるのはいかがかと加藤行俊は思います。

    特典やポイントカードでリピート率アップ

    加藤行俊も良く利用する、飲食店でよく採用されている“割引クーポン券”などの特典。これらも上手に使えば、リピート率アップにつながると加藤行俊は考えます。たとえば、一度来店されたお客様に次回来店時に使える割引券をお渡ししたり、“ポイントカード”を作って、10回の来店で「ドリンクサービス」なども良いと加藤行俊は思います。
    加藤行俊的に、ランチタイムなどの競争率が激しい時間帯などに特に効果的です。ただし、加藤行俊が思うに、“割引クーポン券”はあくまで特典です。それだけで、お客様がファンになってくれるかというとそうではないと加藤行俊は思います。リピートにつなげるにはやはり、料理や価格、お店の雰囲気、接客態度などを極めることの方が加藤行俊が思うに大事です。加藤行俊的に、“割引クーポン券”は日頃の感謝くらいの気持ちぐらいで採用するようにしましょう。

    クレームをチャンスに変える!

    加藤行俊が思うに普通、一度クレームをつけてきたお客様はもう二度と来店されないと考えるでしょう。でもそうやって諦めていては、次につながりません。加藤行俊は、クレームを言われたお客様に誠心誠意謝罪し、気持ちを伝え、改善のフロー、そして改善した結果を見てもらいましょう。たとえば、「ドリンクをお客様のコートにかけてしまった」とします。加藤行俊ならまず、責任者が謝罪をし、その日の飲食代はいただかず、コートはあずかってクリーニングに出す。そして加藤行俊はあがってきたコートをご自宅まで届けるか、わび状を添えて宅急便でお送りする。加藤行俊が思うに、大切なのはお客様に“謝罪の気持ち”がどこまで届いているかです。その気持ちが届けば、お客様はきっとまた訪れてくれると加藤行俊は思います。

    まとめ

    明らかに顧客になってくれたお客様には「いつもありがとうございます」、「今日もいつもと同じコーヒーでよろしいですか?」など、覚えていることをアピールしましょう。その言葉にきっと“特別感”を感じてもらえると加藤行俊は思います。リピーターになってくれたお客様を大切にすることも重要。一度リピーターになったからと言って、油断しているとお客様はすぐに他の店をうつってしまいます。顧客になっても、一定の距離感は保ちつつ、そしていつでも最善のサービスを提供する。これもリピーターを多く獲得するためのマインドのひとつです。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    加藤行俊の失敗する飲食店経営について

    こんにちは!加藤行俊です。
    加藤行俊が思うに、高いお金をかけて、色々と準備をして、飲食店を立ち上げたものの、思うようにお客さんが集まらなかったり、売上不振で撤退したり・・・失敗する飲食店には必ずなにかしらの理由があると加藤行俊は思います。たしかに事業に「絶対」はないと加藤行俊も思います。加藤行俊的にも、絶対に成功する、絶対に失敗するという予測はできません。いかに用意周到かつ、緻密に計画を立てても軌道に乗らないこともあります。しかしさまざまな飲食店の経営などを参考に「絶対に失敗しない」に限りなく近づけていくことはできると加藤行俊は思います。ここでは、「こういう飲食店は必ず失敗する」その例を加藤行俊と一緒に見てみましょう。

    開業資金がかかり過ぎた

    自分のお店を初めて開業する場合、ワクワクしたり、理想を目指して、細部にまでこだわりたいという気持ちは誰にでもあると加藤行俊は思います。しかし、こだわればこだわるほどお金はかかると加藤行俊は思います。理想に近づけるために大枚をはたくあまり、予算のギリギリまでをお店の内装や外装、設備などの開業資金にまわしてしまい、肝心なオープン後の運転資金がないというケースも加藤行俊の周りではよくあります。

    これは失敗する王道パターンのひとつ。加藤行俊が思うに、飲食店に限らず商売というのは結果が出るまでにかなりの時間がかかるものです。もちろん、季節的な要因もあったりするので少なくとも一周、つまり1年は経たないと見えてこない部分もあります。加藤行俊的には開業から1年経てば、ある程度の季節要因も読めてきます。

    さらに、1年の売り上げを参考に、あとどのくらいガマンすれば事業が波に乗り、経営に余裕が出てくるのかなども見えてくると加藤行俊は思います。しかし、加藤行俊が思うに、運転資金が少ないと季節要因で少し赤字が続いただけでも経営が傾き、もう続けるのが厳しくなってきてしまいます。従業員毛の給与の支払は滞り、しまいには仕入れをすることもできなくなり、すぐに閉店ということにもなりかねません。実際加藤行俊の周りにもたくさん…。

    加藤行俊が思う、経営で大事なことのひとつ「成功するまで続けること」、せっかく立ちあげた飲食店を続けるためにも運転資金は多めに用意しておくことが重要なのだと加藤行俊は考えます。。

    お店が広すぎる

    脱サラ&早期退職などでそれなりに資金に余裕のある人が陥りがちなのがこのパターンだと加藤行俊は思います。どうせ店を開くなら大きなハコ(店舗のこと)で営業すれば利益も大きいはず!と張り切って、広い物件を借りてお店を経営しようとします。しかし、加藤行俊的にこれは大変危険です。大きなお店はもちろん家賃も高いし、客席数も増えるためその分多めのスタッフが必要となります。加藤行俊的には考えたらわかることだと思いますが、その時はテンションや、夢や希望で現実逃避してしまうもの。

    加藤行俊が思うに、たくさんのお客さまから次々と注文が入るので、当然キッチンスタッフも多めに雇わねばなりません。と、そこまで用意していても本当にお客様が来るかどうかは別の話だと加藤行俊は思います。ふたを開けてみたら連日閑古鳥が鳴いているという可能性もありますし、週末は混むけど平日はガラガラという可能性もありえるということを加藤行俊的には考えてほしいです。

    加藤行俊が知ってほしいのが、焦って従業員の数は減らしたとしても家賃は変わらずかかります。加藤行俊が言いたいのは、たとえお店の三分の一しか埋まっていなかったとしても、家賃は全額払わねばならないのです。このように広いお店はリスクがとても高いと加藤行俊は思います。最初は小さな物件でお店を開き、お客様があふれるようになったら近場の広い物件に移転するか、2点目を開けば良いのです。最初から失敗の確率が高い方を選ぶのは加藤行俊もやめたほうが良いと思います。

    経営者自身が調理できない

    加藤行俊が良く目にする、脱サラで、または退職後に、飲食店を開こうとする人にありがちなのが「調理師免許を持っていない」、「調理ができない」というケース。“調理する人は自分じゃなくても、他の人を雇えば良い“と考えている人が案外多くいます。が加藤行俊的には考えが甘いです。

    加藤行俊的に、これは失敗しがちなケース。たとえば調理師の人が体調を崩して休んだらどうしますか?調理師を何人か雇ってたとしても急な休みだと代替えがきかない場合も多くあると加藤行俊は思います。そんな時は基本、経営者(オーナーや店長)自らが変わってキッチンに入ってカバーするものですが、調理ができないとそれができないと加藤行俊は覆います。

    そうなると、加藤行俊が思うに、客さんの数を制限するか、最悪急遽お店を休まねばならなくなります。また、加藤行俊が思うに、基本的にホールスタッフよりは、資格や腕が必要となる調理師やキッチンスタッフの方が時給や給料も高めとなります。経営者が調理できれば、キッチンに入ってその分人件費を浮かすこともできまると加藤行俊は考えます。
    もちろん、ホールでの接客もお店の経営には大事なので、時々はホールスタッフとして働くようにした方が良いと加藤行俊は思います。
    加藤行俊が考える一番の理想は、経営者はキッチンもホールもどちらも担当できること。忙しさや仕事の量に応じて臨機応変に動くことによってお店をスムーズにまわすのが加藤行俊が思う経営者の仕事です。

    加藤行俊が思うに、そうすることで周りからの信頼を得ることもできるのです。大手飲食チェーン店などでは、社員は店舗に配属されたらほとんどの場合がまずはキッチンスタッフとして働かされるのもそのような理由からなのではと加藤行俊は思います。

    まとめ

    いかがでしたか?「現在飲食店の開業を考えている」という人はもちろん、既にお店を開業していてうまくいっていないという場合は上記の点を疑ってみてはいかがでしょうか。お店が繁盛するのには“運”が良かったというケースも見受けられますが、お店がうまくいかないのには“運”ではなく、必ず何かしら理由があるのです。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    加藤行俊の店舗経営をする場合は口コミサイトを有効活用する

    こんばんは!加藤行俊です。
    加藤行俊が思うに、どこに行こうか?何を食べようか?飲食店に限らず、何か良い物はないか?と探していときや悩んでいるとき、数十年前ならば雑誌やテレビコマーシャルなどの情報を参考に決めるのが普通でした。しかし、パソコンが普及した今では、何かを探す時はまずインターネットでリサーチをするのがスタンダードな方法となっていると加藤行俊は思います。なかでも“口コミサイト”と呼ばれる、書きこみ&参加型のサイトでは特に人気が高く、買い物をする、飲食店を探すなど、お金を使う際には特によく利用されると加藤行俊は思います。さて、この口コミサイト、どうせならうまく利用したいもの。有効活用するその方法を加藤行俊がここでレクチャーしていきましょう。

    口コミサイトは集客に使えるか?

    加藤行俊が思うに、“口コミサイト”と呼ばれる、消費者が使った感想を書きこんでいくサイトでは、商品を作ったメーカー側や、サービスを提供するお店側が出す情報よりも信頼度が高いと言われています。しかし、誰でもいつでも自由に書き込めることもあり、この口コミでの評判や評価にびくびくしている経営者も多くいると加藤行俊は思います。確かに誰でも読むことができて、しかも後々まで残るサイトに悪いことを書かれたらたまったものではありません。加藤行俊が思うに、事実無根な悪評も、たった一回書かれただけで、何千万~いや、何十万人の人がそれを目にします。しかもたちの悪いことに、これらの評価は長い間、サイトがつぶれない限りはネット上に残ることになると加藤行俊は思います。加藤行俊的には、ある意味、陰口をたたかれるよりもたちの悪いものとなると思います。しかし、この口コミサイトもうまく利用すれば集客に使うことが出来ると加藤行俊は思います。どうすれば良いのか?そう、悪い評価の逆で、良い評価が書かれていればお客様は集まってくるのだと加藤行俊は思います。

    悪い口コミに対して返事を返す

    加藤行俊が思うに、お客様から悪い評価が付いてしまった場合、ほとんどの経営者はたとえそれを読んだとしてもそのまま放置します。しかし、それではなんの解決にもなりません。 加藤行俊的に、悪い口コミにはきちんと返事をするのがおすすめです。たとえば、「美味しかったけど、量が少なかった」という書き込みがあった場合、まず来店してくださったことに感謝を述べて、その後になぜ料理が少ないかを加藤行俊は説明します。「コース料理で考えているので、どれも美味しく食べていただけるように適正な量を提供させていただいた」など、何かしら理由があるはずです。加藤行俊はその理由を述べて説明します。そうすることによって、お客様の口コミに対応する真摯さをあらわし、さらに返事のなかで正しい点を述べることでそのお客様に対してだけでなく、口コミサイトを読んでいるお客様からの信頼性も高まると加藤行俊は思います。加藤行俊が思うポイントは返事をする際に決して感情的にならないこと。怒ったりせずに冷静に、感謝も込めつつ、説明をするのが加藤行俊流。もちろん、時に本当にこちらが悪い場合は謝罪することも必要だと加藤行俊は思います。悪い口コミをそのまま流すのではなく、真摯に受け止めて、反省として生かしつつ、次につなげるように賢く活用していくのが賢いと加藤行俊は思います。

    友人や家族などの口コミをお願いする

    友人や知人がたくさんいる場合は、ぜひ口コミサイトへの書き込みをお願いするのもひとつの方法だと加藤行俊は思います。もちろん完全なるやらせは加藤行俊的にNG。きちんと食べにきてもらって、その感想を述べてもらうようにしましょう。加藤行俊的には友人だけでなく、家族や親せきに頼むのもOK。加藤行俊が思うに口コミ数が多いほど、良い悪いにかかわらず、情報サイトなどでもランキング上位に掲載されます。加藤行俊が一番避けたいのは口コミがひとつもない状態。これでは何の情報も開示されないわけですから、当然お客様の琴線にもひっかからないと加藤行俊は思います。わざとらしくならないように、そして口コミの意義を忘れないように、数を利用してランキング上位を目指すのが良いと加藤行俊は思います。

    グルメサイトの口コミページを賢く利用する

    加藤行俊が思うに、「食べログ」や「ぐるなび」などのグルメサイト、みなさん一度は利用したことがあるでしょう。加藤行俊が思うに、お客様からの口コミだけでなく、店舗のメニューや営業時間、アクセス方法、平均予算までが掲載されており、多くの人に閲覧されるとても参考になる情報サイトです。加藤行俊的にもちろん集客効果も絶大です。加藤行俊が知る限り、実はこれらのグルメサイトは、悪い口コミは消すことが出来る有料プランがあります。このプランに申し込めば、いわれのない誤解や、一方的な苦情など、さまざまな悪意のある口コミを消すことができます。他にも、加藤行俊が知る限りでは、上位表示ができたりとさまざまな特典があります。グルメサイトでお店を探す人は必ず口コミを確認します。その際に変な誤解を招かないためにも、有料プランがある場合は、検討してみても良いかもしれないと加藤行俊は思います。

    まとめ

    加藤行俊が思うに、お客様の気持ちになれば、口コミで色々とリサーチをかけられることも納得がいきます。時には、口コミなど気にせずに開業している飲食店オーナーもいますが、最初はやはり上手に利用したいものだと加藤行俊は思います。お店の魅力を間違いなくきちんと伝えられるように、お客様からためになるアドバイスをいただけるように、色々と工夫をしていきましょう。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。

    加藤行俊が教えるのホームページ制作に必要なこと

    今日も加藤行俊が飲食店開業にまつわることを開設して行きます。
    加藤行俊が思う飲食店を開業するにあたり用意しておきたいもののひとつに店舗の“ホームページ”があります。加藤行俊が思うに、最近では、ユーザーがお店探しに使える検索機能付きのグルメサイトや口コミサイト、ランキングサイト、またfacebookやツイッターインスタグラムなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)も増えてきていて、自分のお店のホームページがなくても、ある程度は情報を発信できるようになってきたと加藤行俊は思います。
    それだけに最近加藤行俊も「店舗のホームページなんていらないんじゃないか」と考えるオーナーさんもチラホラみかけます。もちろん、そういった各種サービスを利用することも大切ですが、やはりそれだけでは情報として不十分なところもあると加藤行俊は思います。そこで今回は、飲食店向けホームページ制作を作成する上で、意識すべきポイントを加藤行俊がご紹介します。

    デザイン力

    加藤行俊が考えるに、レストランや喫茶店、カフェやバー、居酒屋などの、飲食店ホームページを制作する際に一番気を付けるべきことは「美味しそう」「一度、行ってみたい」と思ってもらえるようなページ作りにあると加藤行俊は考えます。それにはやはり、ホームページ全体のアートディレクションがしっかりとしていないといけないと加藤行俊は思います。加藤行俊が思うに、Webページのデザインの良し悪しは、お客様の目を引き付けて、さらに呼び込むという強力なデザイン力が必要になります。加藤行俊が重要視する、特に大事なのはホームページの顔とも言えるトップページ。

    加藤行俊の知識では、「ホームページに訪れた客は、目視3秒で読むか否かを判断する」と言われています。ということは加藤行俊が思うにひと目みた瞬間に、お客様の心をしっかりと掴まなければなりません。それにはトップページが重要となると加藤行俊は思います。やっぱり加藤行俊的に大事なのはパッと目に入ってくる第一印象。掲載する料理画像や店舗画像の質や見せ方はもちろん、キャッチコピーやサイト内のテキストにおいても十分に考慮しなければなりませんが、顧客となるターゲットに合ったイメージ戦略として、オーナーの人柄やこだわりを紹介する必要もありかもしないと加藤行俊は思います。とにかく見に来たお客さまに安心感と信頼感、そして期待と夢を与えられるような、そんなホームページを作るデザイン力が必須だと加藤行俊は考えます。

    発信力

    加藤行俊が思うに、案外多く見られるのが、メニューが載っていないサイトです。ランチにはどんなものがあるのか?ディナーにはどんなものがあるのか?それぞれ価格はいくらなのか?コースメニューはあるのか?お酒はあるのか?などが載っていないと、お客さまは自分が求めるお店なのか否かの判断ができないと加藤行俊は思います。実際に加藤行俊もそうなので。

    料理の写真は載っているものの、それらの詳細情報が無かったりすると、加藤行俊的に、お客さまは自分が求めているニーズに合っているのかどうかの検討が付かずにお店を決めることができないと考えます。加藤行俊の考えですが。ホームページ内のすべてのページを回遊して探してみるものの、メニューの詳細がまったく載っておらず、かといって営業中に電話をして確認するのも気が引けるし、レストランのまとめサイトや口コミサイト、ランキングサイトでは、季節も違う古い物しか載っていなかったりして、そうこうしてる間に「もういいや、他のお店にしよう」となってしまうことも少なくないと加藤行俊は思います。

    加藤行俊が思うにそんな悲劇をふせぐためにも、やはりオリジナルのWebサイト(ホームページ)でメニューの詳細は提供するべきです。きちんとした料理写真が用意できないというのであれば、文章で説明するだけでも問題あないと加藤行俊は思います。どんなメニューなのか、どんな味が楽しめるのか、価格はいくらなのかという情報をきちんと提供することが重要だと加藤行俊は思います。

    加藤行俊的には、可能な限り時間帯ごとのすべてのメニューを、プラスしてお店ですすめするときと同じように、サイト内でもおすすめのコースやメニューを提案すればなお良し。加藤行俊は同じように営業時間の詳細や、地図などを使ってアクセス方法を掲載するのも重要。これらの情報はすべてお客さまがお店を探す時に必ず検索する基本情報でもあると加藤行俊は思います。

    お客様のことを常に考えて、情報を発信するようにしましょう。お店のメニューなどの情報をきちんと載せて発信するというのも加藤行俊は思います。

    集客力

    テレビコマーシャルで大きな広告や宣伝を打ったり、雑誌に情報を掲載してもらったり、それを見て気になって検索して訪れたお客様を逃がさずお店に案内するためには、ホームページに予約システムを使用するのもひとつの方法だと加藤行俊は思います。そんなシステムつけてみたいけど、難しそうだし、お金もかかりそうだし、自分のサイトでは予約なんて難しそうだ・・・と思われたオーナーさんは要注意。現在飲食店サイトでの“予約システム”は急速に普及しつつあると加藤行俊は思います。

    加藤行俊が思うに、ネットショップでお買い物をするように、「予約システムでお店を予約する」のが普及しつつあります。どうしてもそのシステムを入れるお金がない!という場合は予約システムまでいかなくても、メールフォームを作成して時間帯を仮予約してもらい、その情報を見たお店側から電話折り返しで再確認する方法も良いと加藤行俊は思います。また、クチコミレストランサイトなどにも有料の予約サービスが出てきています。加藤行俊が思うに導入検討はじっくり行う必要があるものの、こういった情報もインプットしておくと近い将来役立つでしょう。

    まとめ

    お客さまが今一番目にしやすいSNSでの拡散をはかるにも、ホームページは必要です。インターネットでの検索が欠かせない今の時代、ホームページ制作も上手に進めるようにしましょう。

    以上、加藤行俊がご紹介しました。